内向的思考(Accuracy)

内向的思考

「Accuracy」と名付けられた内向的思考は、「これは意味を成しますか?」と尋ねる私たちの一部です。

データが一致していないときや、足りないときは、Accuracyを使って並べ替えます。

一貫性のある堅実な事実に基づいて判断を下すときは、意思決定基準としてAccuracyを使用しています。

例えば

「それは私の上司かどうかは重要ではないが、彼は共同支払い保険を受けることで私たちがこの会社に取り入るべきであり、
返済する方法として残業のためにボランティアを行うべきである、という主張で全く間違っていた、
私たちのパフォーマンスがそれに等級付けされるかどうかは関係ありません。
私はボランティアに行くつもりはないし、私は次の対談で自分の立場を守るだろう。
地位は、事実や人の操作を正当化するものではありません。」

「幸せは人類の崇高な試みですが、幸福への道は主にシステムです。
あなたが幸福の条件を作り出すならば、それは自然な創発特性になるでしょう。
最大の影響力を持つシステムの「中心点」から始まる幸福の要素を見て、
理想的な状態に変えて、幸福が現れるかどうかを確認する必要があります。」

 
Accuracyを使う人々は、人よりも事実によってはるかに動かされています。

実際、彼女らは冷淡な人ではありませんが、時には他の人は、Accuracyユーザーをデータポイントのように見ることがあります。

真実を求めることは究極の美徳ですが、真実は主観的です。(Accuracyタイプがあなたに伝えるように)

これは、理想的には汚染されていないデータをすばやく整理して、できるだけ明確な画像を表示することを意味します。

人々の感情は清浄ではありません。だから、意思決定の時間になると感情は二の次になります。

確かに、Accuracyは判断なしに真実を伝えます。

何が良いか悪いかを判断しようとしているわけではなく、ただ理にかなっています。

あなたが間違っていて、Accuracyタイプがあなたを訂正した場合、それは個人への攻撃ではありません。

彼女らは正直なところ、その情報そのもの(真実)がほしいと思っているので、相手もそれがほしいと思っているのです。

過去の最も明白な思想家の中には、Accuracyが主要機能だった人もいました – アインシュタイン。

「Radical Honesty(過激に正直でなければならない、という教義(?))」のコンセプトは、確かにAccuracyタイプのプロジェクトです。

私たちが互いに真実を判断しなくても、私たちは自分自身や不安を隠す必要はありません。

私たちは、それが完全であり、私たちが持っていたらと願うものでなく、持っていたもので動作するように人生に直面しています。

私たちはまた、慎重で壊れない研究を通して、宇宙の秘密を習得します。

これは私たちを感動させる知識につながり、科学と発見のこれらのすばらしい旅を通して、私たちが視点を得るのを助けます。

彼女らの最悪の場合、Accuracyタイプは、知ったかぶりをします。

横暴な態度で、自分の情報の優位性を証明するために、個人的に同意できない全ての結論に疑問を投げかけます。

彼女らは他の人々の感情に注意を払わないので、社会的に愚鈍で無思慮であり、露骨に他人を傷付けてしまうことがあります。

データと情報のマスターであれば、他の人の情報から恩恵を受けることはないので、新たな必須データを収集するのではなく、既に知っていることを拡大することができます。

それらは、汚染されている要素を導入するのではなく、関連する詳細を完全に無視することによって、情報を汚染します。

最良の決定を下すために、Accuracyタイプはいくつかのことを覚えておくべきです。

まず第一に、真実に至る最短の道は開かれているということです。

他の人をあまり「合理的」でないと棄却するのは、あなたがデータを間違って淘汰するという性急な方法です。

誰でも、どこでも、いつでも、あなたに壮大な真実を教えることができるので、アンテナを注意深く保っておくべきです。

反対をすることは、あなたをあなたが一番嫌っているもの、「無知」にします。

第二に、コンテンツを勉強するときに文脈の重要性を無視しないように注意してください。

確かに、文脈は思考の邪魔になることがあります。

しかし、情報は常に、接続されたアイデアや理論のより大きなクモの巣の一部です。

したがって、ほんのいくつかの要素を研究する前に、少なくともそれを考慮してください。

正確さを熟知していると誤解しないでください。

Posted by melancoly