ITJ/ETJタイプの内向的感情 byCJ

ISTJとINTJがFiを使う方法

 
ISTJがFeを使う方法

ISTJは、意思決定を行う際に、客観的な論理(外向的思考)と過去の事実と詳細(内向的感覚)に頼ります。

それでもそのすべての下では、非常に強力な価値観と倫理を維持しようと努力します。

これは、ISTJを世界の 「変化の仲介者」のように見せることができます。

彼女らは不誠実なものを嫌い、時には困難なことにかかわらず、真実で正しいものに固執することを信じています。

人生の初期では、ISTJは内向的感情を意識的に制御することはほとんどありません。

Fiが未熟なときは、ユーザーが物事を個人的に受け取り(個人に対する攻撃と考え)、根に持つ原因になる可能性があります。

これには若いISTJが苦労しているかもしれません。
“ITJ/ETJタイプの内向的感情 byCJ” の続きを読む

IFP/EFPタイプの内向的感情 byCJ

内向的感情、外向的感情、Fi-dominant、Fi-inferior、それはすべて多少混乱するでしょうか?

初めてMyers-Briggsタイプについて学んだとき、人々は単に感情タイプか思考タイプだと思っていましたが、このすべてのFi、Fe、Si、Se、Ni、Neの専門用語は理解できませんでした。

知識が進歩するにつれて、内向的感情(Fi)のための激しい賞賛を展開しました。

内向的感情は、彼女らの確固たる価値観、真正性、そして真の思いやりのために知られています。

内向的感情タイプは様々であり、幅広いスキルを持っています。

ジョーン・オブ・アーク、エドガー・アラン・ポー、オードリー・ヘップバーンまで、すべて内向的感情タイプでした!

しかし、内向的感情とは何なの?
そして、それは各タイプの機能スタック内でのその位置に基づいてどのように異なるのでしょうか?

内向的感情は、自分自身の個人的な価値観、感情、情調を探求し、洗練することに焦点を当てています。
“IFP/EFPタイプの内向的感情 byCJ” の続きを読む

外向的感情 vs. 内向的感情 byCJ

この記事では感情の世界を探求したいと思っています。

感情は非常に混乱することがあります。

一部の人々は鉄の胸の中で自分の気持ちを守るようです。
感情は隠されてロックされています。

他の人たちは率直に、すべての感情を鮮やかに見せます。

あなたのMBTIテストで「T(思考タイプ)」の結果が得られれば、あなたは「ああ、そんなばかげた感情の人よ、感情的なナンセンスよりも嬉しいよ!」と思っているかもしれませんが、感情的な知性には本当に価値があります。他者との理解と共感の能力。 そしてそれ以外に…

すべての人はFeeler

あなたがMBTIの思考タイプの結果を得たなら、それはあなたが感情よりも思考を好むという意味ですが、あなたは依然としてそれ(感情)を使用しています。

同じことが感情タイプにも当てはまります。

あなたはまだ論理と思考を使っていますが、あなたは(物事に対する判断を)感情から始めたいと思っています。
“外向的感情 vs. 内向的感情 byCJ” の続きを読む

内向的感情 vs. 内向的思考

内向的感情(Fi)と内向的思考(Ti)のより明確な理解を深めるまでにはかなりの時間を要するでしょう。

この記事では、これら2つの機能の類似点や相違点、IFPとITPでのそれぞれの兆候について検討します。

FiとTiは共に主観的で個別化されています。

たとえば、2人のINTPを見た場合、特定の問題に対するアプローチがはっきりと異なることを知ることができます。

私たちは、2人のINFPを考えた場合において、矛盾した個性的な優先事項や嗜好を持っているかもしれません。

内向的思考(Ti)

内向的思考(Ti)は、高度に個性化された方法や戦略を作り出します。

INTPは新しいアイデア(Ne)と新しい経験(Se)のためのISTPを見ているかもしれませんが、人生をナビゲートするための方法や戦略(Ti)の開発に関しては、自分自身を見ているでしょう。

ITPの方法は、しばしば、外向的思考(Te)のそれに反して実行されます。
「科学的方法」などのTeメソッドは標準化され、集合的に支持されています。

Teシステムに参加するには、あらかじめ定義された一連のルール、プロトコル(規約)、および手順に同意する必要があります。
Teシステムは、個人の主観的好みおよび方法に反しています。

それらの目標は、結果を最大限に予測し、制御できるように、可能な限り規制を行うことです。

IFPはTeを使用するので(第4機能が(Te)であるため)、ITPよりも標準化された方法にはあまり反対しません。
“内向的感情 vs. 内向的思考” の続きを読む

内向的感情・FPタイプ byPJ

内向的感情(Fi)は、8つのパーソナリティーの機能の中で最も理解されていません。

FiはINFPとISFPのdominant function、ENFPとESFPのauxiliary functionとして機能します。

この記事では、内向的思考(Ti)、内向的直観(Ni)、外向的感情(Fe)など、関連する機能と比較して対比し、内向的感情(Fi)の性質を明らかにする作業を行います。

内向的感情(Fi)とは?

内向的感情は内向的な判断機能です。

他の内向的な機能と同様、Fiは広範ではなく特徴的に(内部)集中的です。

具体的には、FPの個人的な気持ち、嗜好、価値観をナビゲートして管理することに重点を置いています。

その感情やエネルギーを幅広い人に分配(Feのように)するのではなく、Fiは自分や 「主体」に注視します。
これはしばしば「主観的」と言われる理由となります。

Fiに感情や、感情に対する内的な強さが含まれている場合、どのようなものがFiを刺激するのかを尋ねるのは合理的です。

言い換えれば、FPタイプの感情的反応と反動を引き起こすのは何ですか?という尋ね方です。

Fi感情に影響を与える可能性のあることは確かに無数にありますが、FPは特に子供(特に自分自身)、動物、音楽、小説、不公正、病気と貧しい人々の影響を受けているようです。

彼女らは特別なニーズ、障害者、貧困者、そしてもちろん子供や動物など、自分自身を助けることができない人たちによって特に動かされているようです。

これらのすべては、それらが良いか悪いかは別にして、Fiを活性化させることができ、その結果FPタイプにとって意味があると認識されます。

FPは自分の感情や価値観を独立して管理しています。
“内向的感情・FPタイプ byPJ” の続きを読む

内向的感情(Authenticity)

内向的感情(Authenticityと名付けられたもの)は、「この感情は私にとって正しい?」と問いかける私たちの一部です。

私たちが誰に対して真実で誠実であるか意思決定をする必要があるとき、私たちがリードするのはAuthenticityです。

行動や言葉が主観的な人間の経験にどのように影響するか、あるいはあなたが確信を感じると理解したら、意思決定基準としてAuthenticityを使用しています。
“内向的感情(Authenticity)” の続きを読む