内向的感覚 vs. 内向的直観 byCJ

あなたは自身のパーソナリティタイプを理解しており、もっと知りたいと思っています!

しかし、突然あなたはSiやNi、FiやFeのような言葉を聞いています。

これはどういう意味ですか? あなたがもっと深く知るほど、それはより混乱するように見えます。

最初は、感覚や感情を選好する内向的な人物だと思っていたかもしれませんが、今はあなたは内向的感覚や外向的感覚、または内向的/外向的感情のような言葉を見ています。

自身のタイプが不明な場合もあります。

たぶんあなたは感覚と直感との間で引き裂かれ、どちらがあなたともっと共鳴するのか不明です。
“内向的感覚 vs. 内向的直観 byCJ” の続きを読む

INJタイプ-Ni vs. ESPタイプ-Se

Myers-Briggsの理論によると、INJとESPの双方は、機能スタックの一部として内向的直観(Ni)と外向的感覚(Se)を持っています。

違いは、INJの場合、Niはdominant functionであり、Seはinferior functionですが、ESPではこの状況が逆転しているということです。

INJで意識されていること(Ni の直観)は、ESPにとってはほとんど意識されておらず、ESPで意識されていること(具体的な詳細に対する注意)はINJにとってほとんど意識されていません。

これらの逆の機能構成は、INJおよびESPに、世界を劇的に異なる方法で体験させます。
“INJタイプ-Ni vs. ESPタイプ-Se” の続きを読む

ENPタイプ-Ne vs. INJタイプ-Ni

パーソナリティーに精通している読者は、Myers-Briggsに関する分析の過程で、preference(各機能に対する優先)の基本みでなく、特にpreferenceに関する内向・外向の方向性機能を見ることよって、タイプ間の差異をよりよく理解できる様になったことを知っています。

直観は、内向的直観(Ni)と外向的直観(Ne)の両方に関連する一般的な特徴を持っていますが、方向性によって区別されると、それがどのように現れているかをより詳細かつ正確に理解することができます。

とりわけ、この記事では、INJタイプとENPタイプのdominant functionの違いをより詳細に理解し、それがどうやって、なぜ他の一方になる可能性があるのかを明らかにすることを目的としています。

内向的機能として、INTJとINFJの直観(Ni)は集中的で、特異で深い形で動作します。

内向性と外向性がどのように作用するのかというユングの説明によると、私たちは内向的直観を、リビドー(エネルギー)を物体から主体(または自己)に向かって描くものとして理解することができます。

他方、Neは、外向的機能として、広範囲にわたる、複数の、散開的な方法で動作します。
Neはリビドーを物体に向かって推進させ、主体(または自己)から遠ざけます。

Niが単一の理論的な原因を見る傾向がある一方、Neは複数の理論的な可能性を見る傾向があります。

Niは収束し、Neは散開します。

NiとNeは、その逆説的反対のSeとSiがそれぞれ合わされ導入されると、よりよく理解されます。
“ENPタイプ-Ne vs. INJタイプ-Ni” の続きを読む

外向的直観 vs. 内向的直観

直観は時に「第六感」と呼ばれます。

論理的または演繹的な方法とは異なり、それは理解のポイントにどのように到達したかを正確に説明することができないけど、理解する手段です。

したがって、直観の「方法」は多くの点で理解する人(直観タイプ)から隠されています。
それはほとんど無意識の動作です。

したがって、感覚に類似した方法で、直観は意識的に開発されているのではなく、「与えられた」という性格を持っているという感じがあります。

Myers-Briggsの分類法の中で、直感はより具体的な意味を持ちます。

無意識的で非論理的な知覚方法に頼ることに加えて、dominant functionが直観機能であるタイプ(INFJ / INTJ&ENFP / ENTP)は、dominant functionに判断機能を持つタイプ(すなわち、IP&EJ) よりもオープンかつ受動的(すなわち、知覚)な存在形態であることを意味します。

彼女らが外部の義務によって制約されていないと仮定すると、直観タイプは容易にルールやアジェンダ(議題)を自分自身に課す傾向にはありません。

彼女らの本質的な傾向は、のんびりと、オープンで、受容性のある方法で一日を始めることです。(これはIJにも当てはまります)

この点で、彼女らはIPやEJとは異なります。

IPやEJは目標、意図、または少なくとも自身が何かを「すべき」という感覚(すなわち、合理的な判断プロセスに従事すること)で一日を始めることが多いでしょう。
“外向的直観 vs. 内向的直観” の続きを読む

内向的直観・INJタイプ byPJ

すべての内向型と同様に、INFJとINTJの最初の機能(dominant function)は内向的なものです。

彼女らは、アイデア、見通し、理論、ビジョン、物語、シンボル(象徴)、そしてメタファ(隠喩)を使って巧みに楽しみます。
彼女らのdominant functionである内向的直観(Ni)は、この内部の劇場の真の基盤となります。

この記事では、INFJとINTJの内向的直観の内部動作と兆候を探ります。

Niは知覚機能であるため、INxJはしばしばその動作が苦労を要しないように感じられると報告しています。
INxJが「考える」必要性を表現するとき、これは他のタイプのものとは非常に異なるものを意味します。

つまり、INxJの「思考」や認知的処理のシェアは自覚している意識の外に起こります。
彼女らの最高の思考は、少なくとも意識的に考えるのではなく、典型的には考えずに行われます。

INxJにとっては、問題の「決定を翌日にする」というのは、解決策への道のりが確実だということです。

それは無意識のうちに多くの作業を行うので、Niはそれに関してある種の魔法的な品質を持つように見えます。

実際、INxJがある程度の超能力的または預言的能力を持つと見なされることは珍しいことではありません。
魔法のような外観にもかかわらず、Niは合理的に理解することができます。

起こっていると思われることは、多くのINxJが、他のパーソナリティタイプが欠けているような繊細さを含む、外界からの豊富な量の感覚情報を収集する非常に敏感なinferior functionの外向的感覚(Se)です。
“内向的直観・INJタイプ byPJ” の続きを読む