外向的感覚 vs. 内向的感覚 byCJ

どのようにあなたの周りの世界を受け取ってますか?

鮮やかな色と音と香りに気付いていますか?

過去を幻想や驚きとともに回顧しますか?

感覚の世界は美しく魅力的です。

あなたが感覚タイプの場合、周囲の具体的な世界に対する認識が高まっています。

コンクリートの音は退屈だよね? まあ、そうではありません。

自然の流動する砂やコンピュータの複雑なシステムに気づくでしょう。

あなたが直観タイプの場合でも、直観で始めることを好みますが感覚にも依存します。

あなたはまだあなたの周りの世界に気づいて慕うかもしれませんが、アイデアやコンセプト、思考のレンズを通してそれをフィルタリングします。
“外向的感覚 vs. 内向的感覚 byCJ” の続きを読む

外向的感覚 vs. 外向的直観 byCJ

無料のオンライン「パーソナリティテスト」の出現により、ミスタイプ(誤判断)されているか、タイプ結果によって混乱している何千人もの人がいます。

多数のESFPがENFPとしてミスタイプされ、多くのESTPがENTPとしてミスタイプされます。

多くの無料オンラインテストでは直観にバイアス(偏向)があり、感覚型が感覚型の結果を得ることはほとんどありません。

この記事では、外向的感覚(ESTPとESFPのdominant function)と外向的直観(ENTPとENFPのdominant function)の違いを明確にしてミスタイプを解決し、自分自身をよりよく理解できるようにしたいと思います。

dominant functionに外向的感覚を持つ人々は、Se-dominantと呼ばれます。

dominant functionに外向的直観を持つ人々は、Ne-dominantと呼ばれます。

SeとNeの間には大きな違いがあり、どちらも他方より優れているというわけではありません。
ESTPとESFPは人口の約21%、ENTPとENFPは人口の約11.5%を占めています。
“外向的感覚 vs. 外向的直観 byCJ” の続きを読む

INJタイプ-Ni vs. ESPタイプ-Se

Myers-Briggsの理論によると、INJとESPの双方は、機能スタックの一部として内向的直観(Ni)と外向的感覚(Se)を持っています。

違いは、INJの場合、Niはdominant functionであり、Seはinferior functionですが、ESPではこの状況が逆転しているということです。

INJで意識されていること(Ni の直観)は、ESPにとってはほとんど意識されておらず、ESPで意識されていること(具体的な詳細に対する注意)はINJにとってほとんど意識されていません。

これらの逆の機能構成は、INJおよびESPに、世界を劇的に異なる方法で体験させます。
“INJタイプ-Ni vs. ESPタイプ-Se” の続きを読む

外向的感覚・SP/SJタイプ byPJ

Myers-Briggsは、4つの判断機能(Judging functions)と4つの知覚機能(Perceiving functions)を持っています。

知覚機能は、2つの感覚機能と2つの直観機能にさらに細分されています。

1つの感覚機能(外向的感覚(Se))は外側に向けられ、他方の内向的感覚(Si)は内向きに向けられます。

SeはESTPおよびESFPのdominant functionの役割を果たしますが、SiはISTJおよびISFJのdominant functionの役割を果たします。

外向的感覚(Se) vs. 内向的感覚(Si)

5つの主要な感覚である五感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)を経て、外向的感覚(Extraverted Sensing、Extraverted Sensation)が発生します。

これとは対照的に、内向的感覚(Si)は、痛み、飢え、渇き、体温、しびれ、うずき、筋肉の緊張などの体内感覚に関係します。

SeとSiの両方は、私たちの肉体的生存に不可欠であり、内外から重要な感覚フィードバックを提供します。

一見すると、ある人がより強い外向性の感覚と強い内向性の感覚を表示するのは奇妙に思えるかもしれませんが、これは他の個人差と変わりありません。
よく発達したSeがより生き残るために有益であった進化の時代、そしてSiが特に重要であると証明された時代は確かにありました。

その結果、SiとSeの両方のタイプを持つことは、種としての生き残りの可能性を改善し、幅広い感覚データを受け取り、チェックすることを可能にしました。
“外向的感覚・SP/SJタイプ byPJ” の続きを読む