外向的感覚 vs. 外向的直観 byCJ

無料のオンライン「パーソナリティテスト」の出現により、ミスタイプ(誤判断)されているか、タイプ結果によって混乱している何千人もの人がいます。

多数のESFPがENFPとしてミスタイプされ、多くのESTPがENTPとしてミスタイプされます。

多くの無料オンラインテストでは直観にバイアス(偏向)があり、感覚型が感覚型の結果を得ることはほとんどありません。

この記事では、外向的感覚(ESTPとESFPのdominant function)と外向的直観(ENTPとENFPのdominant function)の違いを明確にしてミスタイプを解決し、自分自身をよりよく理解できるようにしたいと思います。

dominant functionに外向的感覚を持つ人々は、Se-dominantと呼ばれます。

dominant functionに外向的直観を持つ人々は、Ne-dominantと呼ばれます。

SeとNeの間には大きな違いがあり、どちらも他方より優れているというわけではありません。
ESTPとESFPは人口の約21%、ENTPとENFPは人口の約11.5%を占めています。
“外向的感覚 vs. 外向的直観 byCJ” の続きを読む

NPタイプが外向的直観を使う方法

外向的直観(Ne)は、特徴的に幅が広く、その範囲が広範です。

このため、NPタイプ(ENTP、ENFP、INTP、INFP)は、過度の詳細や細目と見なされることに飽きがちな好事家である傾向があります。

NPの第一の関心事は、「要点」‐特定のトピックの基本的な真実、アイデア、または本質‐を得ることです。

そして、数多くのトピックについてそうした後、彼女らは自身が蓄積してきたさまざまな「要点」をつなぎ合わせて楽しんでいます。

彼女らはそれにより合成の手段によって、さらに大きな要点をも構築します。

これは、NPがしばしば「普及者」として機能するようになっている理由です。

彼女らの考え方は、与えられた主題のすべてのきめの細かい細部または専門的事項の核心事項を選り分けるための時間または忍耐を持ってない一般の観客に、働きかけることができます。

NPは細部と複雑さの海を通って走る基本的なストーリーラインを抽出して説明することが大好きです。
“NPタイプが外向的直観を使う方法” の続きを読む

ENPタイプ-Ne vs. INJタイプ-Ni

パーソナリティーに精通している読者は、Myers-Briggsに関する分析の過程で、preference(各機能に対する優先)の基本みでなく、特にpreferenceに関する内向・外向の方向性機能を見ることよって、タイプ間の差異をよりよく理解できる様になったことを知っています。

直観は、内向的直観(Ni)と外向的直観(Ne)の両方に関連する一般的な特徴を持っていますが、方向性によって区別されると、それがどのように現れているかをより詳細かつ正確に理解することができます。

とりわけ、この記事では、INJタイプとENPタイプのdominant functionの違いをより詳細に理解し、それがどうやって、なぜ他の一方になる可能性があるのかを明らかにすることを目的としています。

内向的機能として、INTJとINFJの直観(Ni)は集中的で、特異で深い形で動作します。

内向性と外向性がどのように作用するのかというユングの説明によると、私たちは内向的直観を、リビドー(エネルギー)を物体から主体(または自己)に向かって描くものとして理解することができます。

他方、Neは、外向的機能として、広範囲にわたる、複数の、散開的な方法で動作します。
Neはリビドーを物体に向かって推進させ、主体(または自己)から遠ざけます。

Niが単一の理論的な原因を見る傾向がある一方、Neは複数の理論的な可能性を見る傾向があります。

Niは収束し、Neは散開します。

NiとNeは、その逆説的反対のSeとSiがそれぞれ合わされ導入されると、よりよく理解されます。
“ENPタイプ-Ne vs. INJタイプ-Ni” の続きを読む

外向的直観 vs. 内向的直観

直観は時に「第六感」と呼ばれます。

論理的または演繹的な方法とは異なり、それは理解のポイントにどのように到達したかを正確に説明することができないけど、理解する手段です。

したがって、直観の「方法」は多くの点で理解する人(直観タイプ)から隠されています。
それはほとんど無意識の動作です。

したがって、感覚に類似した方法で、直観は意識的に開発されているのではなく、「与えられた」という性格を持っているという感じがあります。

Myers-Briggsの分類法の中で、直感はより具体的な意味を持ちます。

無意識的で非論理的な知覚方法に頼ることに加えて、dominant functionが直観機能であるタイプ(INFJ / INTJ&ENFP / ENTP)は、dominant functionに判断機能を持つタイプ(すなわち、IP&EJ) よりもオープンかつ受動的(すなわち、知覚)な存在形態であることを意味します。

彼女らが外部の義務によって制約されていないと仮定すると、直観タイプは容易にルールやアジェンダ(議題)を自分自身に課す傾向にはありません。

彼女らの本質的な傾向は、のんびりと、オープンで、受容性のある方法で一日を始めることです。(これはIJにも当てはまります)

この点で、彼女らはIPやEJとは異なります。

IPやEJは目標、意図、または少なくとも自身が何かを「すべき」という感覚(すなわち、合理的な判断プロセスに従事すること)で一日を始めることが多いでしょう。
“外向的直観 vs. 内向的直観” の続きを読む

外向的直観・NPタイプ byPJ

外向的直観(Ne)はENFPとENTPのdominant functionであり、INFPとINTPのauxiliary functionです。

直観は知覚機能であり、Neはその方向性が外向きであるため、Neの最も重要な目的は外部から情報を得ることです。

Neは、際限ない形で外部の探索を促すという点で、外向的感覚(Se)に似ています。
これにより、知覚タイプは、自身の状況を変更または制御するのではなく、状況に容易に順応し、調和することができます。

Seは1つまたはそれ以上の主要な感覚を通して情報を理解することを伴いますが、外向的直観は感覚データ超える情報、またはその背後にある情報を理解することを伴います。

これにより、xNxPは隠されたパターン、可能性、潜在性を認識し理解することができます。

外向的直観は、アイデア、事実、経験のプール内の関係やパターンをスキャンします。

またそれはTiまたはFiのいずれかと連携して、xNxPがアイデアを策定し変更することを助けます。

xNxPは一般に、読書、会話、自然や芸術との交流などの活動に対してNeを使用します。

xNxPのTiやFiが閉鎖性を促す一方、彼女らのNeはより多くの選択肢と代案を集めることで対抗します。
多くの場合、Neは勝利を勝ち取り、xNxPを永続的なオープン性や不決断の状態に保つための、十分な新しい情報または矛盾する情報をふいに差し挟みます。
“外向的直観・NPタイプ byPJ” の続きを読む