8つの機能の役割

ユングの輝かしいタイプの考え方を反映して、深い洞察力のパーフェクトストームの中ですべてが彼に去来したと想像するのは魅力的です。

しかし現実には、ユングの枠組みは瞬間的な啓示ではなく、徐々に明らかになり、時間とともに磨かれました。

当初、ユングの概念は、内向性と外向性の2つの主要なタイプに限られていました。

彼は最終的に8つのパーソナリティタイプを含むようにフレームワークを拡張しました。(後にMyers-Briggsの手で16に増やされました)
“8つの機能の役割” の続きを読む

Tertiary function(第三機能)②

この記事では、tertiary functionを特定する簡単な方法を説明し、それをどのように使用するのか(また他の方法についても)理解できるようにします。

ISTP and ISFP – Tertiary 内向的直観 (Ni)

ISXPは、意味を予測し、シンボルをデコード(解読)し、影響を予測する能力を開発します。

彼女らは抽象的な可能性に気づくことに素早くなり、原型的で不思議なものに惹かれる場合があります。

The Younger Years(幼年期)

人生の初期では、Niはまだ未熟であり、ISXPにとっては無意識です。

結果として、彼女らは自身の嫌悪感を信じず、象徴主義や「知っている」という奇妙な感覚を無視するかもしれません。
“Tertiary function(第三機能)②” の続きを読む

Tertiary function(第三機能)①

パーソナリティコミュニティでは、機能について最も話されないものの1つがtertiary function(第三機能)です。

これに関しては多くの理論があります。

一つは、tertiary functionの方向性(内向性/外向性)について多くの不一致がりました。

多くの類型学者は、tertiary functionが補助機能と同じ方向性を持っていると主張していました。
(あなたが内向的タイプであればtertiary functionは外向性で、外向的タイプであれば内向性です)

他の議論では、この特定の機能について非常に詳細な情報が得られていないと述べています。

そのような情報がオンラインで入手できないので、私はすべての類型学の本を読んで、私が見つけることができるtertiary functionに関するデータを収集することに決めました。

この記事では、tertiary functionを特定する簡単な方法を説明し、それをどのように使用するのか(また他の方法についても)理解できるようにします。
“Tertiary function(第三機能)①” の続きを読む

認知機能とMBTI byPW

知覚(P)と判断(J)の2つの機能は、2つのタイプ(それぞれS/N またはT/F)と2つの方向性(I/E)を持ち、それは8つの認知機能に帰します。

知覚(Perceiving)

知覚機能は情報を収集するために使用されます。

知覚機能には、感覚(S)と直感(N)の2種類があり、感覚(S)は、5つの感覚(聴覚、視覚、嗅覚、味覚、触覚)と体内感覚を使用してデータを収集します。

直観(N)は、経験または生来の潜在意識のアーキタイプ(原型)から生じる無意識からの情報を使用します。
“認知機能とMBTI byPW” の続きを読む

感覚・直観・感情・思考 byCT

Judgment(判断)とPerception(知覚)

私たちの意識は、反対のプロセス間のこの決して解決しない緊張のために、静的ではなく、継続的です。

この緊張が解消すると、意識のアルゴリズムは中止されますが、解決されないままになると、精神はデータのabsorption(吸収)と processing(処理)の間の継続的な課題になります。

精神は、各コンポーネント(構成部分)を分類することによってすべての受信情報を解決することを目指していますが、精神に入るデータが無限に流入するため、これを達成できません。

しかし、同じようにこれは動作するためにデータの導入に依存しています。

それは識別するための情報なしには目的を持たないからです。

精神は、もはやそれがプロセスを中止できるとして、知覚を止めることはできません。
たとえ動作が意識的な意識の外で行われているとしてもです。
“感覚・直観・感情・思考 byCT” の続きを読む

8つの認知機能の概観 byPJ

ユングによると、感覚、直観、思考、感情は内向き(「内向型」)と外向き(「外向型」)に向けられることができます。

内向型の場合、これらの機能の大部分は隠され、他人には観察できません。

外向型の場合、これらの機能は外側から容易に観察できます。

以下が8つの機能のリストです。

Introverted Sensing (Si) 内向的感情
Introverted Intuition (Ni) 内向的直観
Introverted Thinking (Ti) 内向的思考
Introverted Feeling (Fi) 内向的感情

Extraverted Sensing (Se) 外向的感覚
Extraverted Intuition (Ne) 外向的直観
Extraverted Thinking (Te) 外向的思考
Extraverted Feeling (Fe) 外向的感情

内向的機能(Si, Ni, Ti, Fi)&外向的機能(Se, Ne, Te, Fe)

外向型パーソナリティータイプには共通した性質があるのと同様に、外向的機能にも共通した性質があります。
それらの最初で最も明白な共通点は、外向きであるということです。

それらはまた、内向的機能と比較して、その範囲が特徴的に広いです。
(外向型は内向型でよりも、社交的で拡張的であるのと同じように)

対照的に、内向的機能は、範囲が狭いです。
(内向型は外向型よりも狭い、あるいはより集中した興味を持ち、活動を行う傾向があるように)

しかし、内向的な機能がどれほど拡張性に欠けていても、深みを補完します。

外向的機能
・外向き(他人から観察できる)
・範囲が広い;拡張的

内向的機能
・内向き(他人から隠されている)
・範囲が狭い;深く集中的
“8つの認知機能の概観 byPJ” の続きを読む

MBTIの各タイプの、認知プロセスの役割

16のパーソナリティタイプがあります。

各「タイプ」は、8つのプロセス(機能)が日常生活でどのように使用されているかを予測する固有のパターンです。

プロセスの役割

16種類のタイプのそれぞれにおいて、8つのプロセスそれぞれは、パーソナリティにおいて異なる「役割」を果たしています。

タイプコードを使用すると、各タイプごとに各プロセスの役割を知ることができます。

これを「type dynamics(タイプダイナミクス)」といいます。

これは「hierarchy of functions(機能の階層)」とも呼ばれます。

Dominant、Auxiliary、Tertiary、Inferior、です。
“MBTIの各タイプの、認知プロセスの役割” の続きを読む

ユングの8つの認知プロセス(機能)

歴史

1920年代には、科学者や哲学者によってパーソナリティタイプの考えが探究されていました。

スイスの精神科医、カール・ユングはその間に「Psychological Types(心理学的類型論)」を書いており、この中で現在では世界で最も広く使われている類型学の一つになった、詳細な説明をしました。

1940年代、イザベル・マイヤーズは自己解答式のテストである「Myers-Briggs Type Indicator」を開発し始めました。
これは、人々がユングの理論に合ったタイプを見つけるのを助けることができます。

このテストを使用することで、基本的な性格タイプが16種類あることがほぼ普遍的に理解されました。

それぞれのタイプは4文字のパーソナリティタイプのコードで名前を付けられます。
“ユングの8つの認知プロセス(機能)” の続きを読む