外向的思考(Effectiveness)

外向的思考

「Effectiveness」と名付けられた外向的思考は、「これは効果的ですか?」と尋ねる私たちの一部です。

目標を達成するためにシステムを設置する必要がある場合、それを理解するのはEffectivenessです。

何かを起こすためにリソースを管理し操作する方法と、コスト/利益分析を決定するときに、意思決定基準としてEffectivenessを使用しています。

例えば

「世界各地の「McDonald’s」フランチャイズは、主に10代の人や限られた仕事経験を持つ人々を雇用しています。
それにもかかわらず、マクドナルドのレストランは、所有する最も収益性の高いフランチャイズ事業の一部として残っています。
どうして? そのような精度で構築されたシステムを持っているので、それを台無しにすることはほとんど不可能です。
システムそのものは非常にエレガントで、維持するために個人の才能をほとんど必要としません。」

 
Effectivenessタイプの人々は、個人的な感情よりも結果の方をはるかに重視しています。

実際には、必ずしも冷静ではありませんが、他の人はEffectivenessタイプのためのリソースのように見られることがあります。

難しい決断をすることができることは才能であり、Effectivenessは、個人的な気持ちが物事を起こす方法になることを理解しています。

彼女らは、共通の利益を提供するために「悪い人」であることを喜んでしています。

そして、多くのEffectivenessユーザーは、社会によって「正しいもの」のために悪魔化されています。

それは、他の人々が「不快感を感じる」選択を検討することを意味します。

人々の個人的な気持ちは変わり、互いに衝突します。

そこで、決定すべき時間になると、誰かの感性を傷つけるような選択をするために、厚い肌が必要になります。

最高の場合では、Effectivenessは本当におどろくべきものを達成するために人々とリソースの大きなチームを動員します。

最高経営責任者(CEO)の地位と軍の高級将校は、Effectivenessタイプとチームを組んでおり、彼女らの「To-do」リストのチェックボックスに印をつけること程、Effectivenessを満足させることはありません。

彼女らの最悪の場合、Effectivenessは要求され、制御できない環境に対処することができません。

多くのディストピス小説は、Effectivenessの理想以外何もないように見える世界について書かれており、効率的で無味乾燥なシステムのために芸術や個人的な表現が踏みつぶされています。

最善の意思決定を行うためには、Effectivenessは2つのことを覚えておくべきです。

まず、私たちはすべて個人です。

本当に効果的なシステムを設計するためには、文脈や個性の違いを考慮しなければなりません。

人々は単なるリソースではなく、意識的な存在であり、表現力が必要です。

この表現のための場所を与えることは、より良いシステムを構築するための最良のフィードバックメカニズムです。

第二に、「効果的」を「効率的」と間違わない様に注意してください。

最も効果的な選択肢は少し直観に反していると感じ、本当にインスピレーションを得る助言を提供する他の人々には開放的な時があります。

フィードバックに耳を傾け、他の人に制御権を渡すことができます。

あなたは素晴らしい才能のスカウトです。

コントロールをあきらめることを恐れて、その才能を萎縮させてはいけません。

Posted by melancoly