INTP vs. INTJ byPH

INTJ, INTP

Myers-Briggsシステムのあらゆるタイプが社会生態学にとって不可欠でしょう。

特定のタイプがあなたを夢中にさせるかどうかは問題ではなく、人間としての私たちのバランスを保つために必要です。

自分のタイプを理解しようとする場合、2つ(またはそれ以上)のタイプが社会で比較的似通った役割を果たすとき、それは難しいことがあります。

INFP vs. INFJの記事で、この2つのタイプがより感情的知性を得るのを助けるために存在していると言及しましたが、彼女らはわずかに異なる(そして必要な)方法でそうしています。

INTPとINTJについても同じことが言えます。

両方のタイプは、認知バイアスを回避しようとしながら、異常な情報量を管理する能力で人の心を打ちます。

彼女らは、私たちの精神的な停滞を防ぐために常識に疑問を呈することを意図しているのでしょう。

これら2つのタイプが人類に対して果たす貢献は似ていますが、彼女らはさまざまな方法で新しい考え方を調整することにおいて私たちを助けます。

この記事は、類似点と相違点を深く掘り下げて比較することを目的としています。

(あなたがINTJかINTPかどうかを判断しようとしている途中にいる場合は、これらはあなたの個人的な興味や価値を説明するものではなく、2つのタイプがどのように異なって「配線されている」か、であることを覚えておいてください。)

INTPとINTJの5つの決定的な違い

1.異なる優勢機能

Driver processは、「dominant function(優勢機能)」と呼ぶこともできます。

これは心の最初の接触点であり、すべてがフィルタリングされる最初のレンズです。

INTJの場合、このdominant functionは技術的には内向的直観(Ni)と呼ばれますが、また「Perspectives(見通し)」と呼ばれます。

Perspectivesは、技術的に「知覚機能」と呼ばれる学習機能であり、自分の心の形態パターンを見て動作します。

長年の使用の後、最終的に、Perspectives(Ni)はパターンのパターンを見始め、自分自身の内部で認知的に起こっていることが他人にも起こっていることを理解します。

一方、INTPは、「Accuracy(正確性)」と呼ばれる、「内向的思考(Ti)」と呼ばれるプロセスをリードしています。

Accuracy(Ti)は意思決定機能(技術的に「判断機能」と呼ばれる)であり、フレームワークを作成し、そのフレームワーク内のすべてのデータを選り分け、違和感や不一致をスキャンすることによって機能します。

その究極の目的は、ユーザー(使用者)にとって理にかなったものを見つけることです。

そして、一度明快さが得られると、INTPは適切な行動の過程を知ります。

どちらも思考タイプです。

つまり、どちらも非人間的な分析基準に基づいて意思決定を行います。

INTJとINTPの双方にとって、知的誠実(intellectually honest)であることが重要です。

どちらも同じ望ましい結果を持っていますが、データとの関係には重要なニュアンス(微妙な差異)があります。

INTJは直観的プロセスをリードしているので、創造的な内部思考にはより多くの信憑性が与えられています。

彼女らは間違っている可能性のあるコンテンツをスキャンしておらず、正しいかもしれない新しいパターンをスキャンしています。

このため、INTJは、dominant functionを、auxiliary functionである外向的思考(Te)、つまり「Effectiveness(有効性)」と組み合わせなければなりません。

それらのパターンが有益かどうかを真に知る唯一の方法は、彼女らが「外の世界」で行動に表す(play put)かどうかということです。

彼女らがうまくいけば、素晴らしい!、それは素晴らしい新しいパターンだということです。

失敗した場合は、内部の図面に戻ります。

 
INTPの場合、外の世界は考えが審査される場所ではありません。

実際には、INTPはAccuracy(Ti)を「Exploration(探索)」と呼ばれる、外向的直観(Ne)と組み合わせています。

自身の外の世界は、興味のある新しいパターンが観察されるところであり、それらの可能性が意味するものを理解することは彼女ら次第です。

論理的に一貫した論拠(argument)は、彼女らの推測を支持する証拠となります。

このため、INTPはコンテンツとデータに対して非常に冷静でなければなりません。

基準は必ずしも外部の観察者には証明できないので、内部的に一貫した論拠(argument)が彼女らの結論に信頼性を持たせるのに最良かもしれません。

 
Nikola Tesla(おそらくINTJ)とAlbert Einstein(おそらくINTP)の面で考えてみましょう。

テスラは驚異的な新技術を考え出しましたが、本当のテストはその発明が実際に働いたか(有用か)どうかです。

一方、アインシュタインは、外界のパターンを見て、一群すべてから、内部的に最も一貫した理由を見出すまで熟考しました。

テスラは発明を指向しました。

アインシュタインは数学を指向しなけれななりませんでした。

これは、データとの2つの非常に異なる関係に帰します。

INTPにとっては、「きれいな(clean)」データが最も重要です。

個人的な偏向、私たちが信じたいと思っているもの、概念への愛着は混乱させます。

これが、INTPにとって数学、正式な論理、および/またはバイナリコードに常に魅力を感じる理由です。

これらは個人的な解釈がほとんど、または全くないことを容認する規律であり、それは大いに満足させるものです。

INTPは無意識のうちにデータを信頼できるかどうかを人々に尋ねます。

たとえば、誰かが偽りであるかをいつも分かる親友がいるかもしれませんが、それを受け入れることができるようには見えません。

彼女らに動機と意図について話すとき、INTPは相手が信頼できる情報源であることを知っていますが、いい線行くのにどれくらいのかかるか話をするたびにその人を却下します。

クリーンなようなデータがあります。

ただそれを常に警戒する必要があります。

 
INTJにとって、そのデータを保持している人と分離されたデータはありません。

つまり、私たちの認識は常に私たちが運ぶ情報に色をつけ、データは決してクリーンではありません。

このため、INTJは頻繁なデータの質問に対抗し、「なぜ知りたいんですか?」と問いかけます。

コンテキスト(前後関係)によってコンテンツ(内容)が変更されるため、相手がなぜ知りたいかが分からない場合、彼女らはデータを生成できません。

(それは問題ではありませんが、これはENTPをいらだたせる場合があります)

重要性はデータの経験的性質でありません、重要なものはそれが生む結果です。

だから、INTJは無意識のうちに、(人々が有用であるというデータを除いて)彼女らが保持しているデータではなく、人々の有用性を無意識のうちに守るのです。

これら2つの優勢機能の違いを理解することは、タイプの違いを理解する上で非常に重要です。

2.2つの異なる固有の不安定さは異なる戦略を生み出す

私たちが不安を乗り越えたとしても、彼女らがある時点で存在していたという事実は、世界をナビゲート(航行)するための初期の戦略に影響を与えます。

INTPとINTJの両方が傲慢であると言われていますが、双方のタイプがどうであるかの表面的(のみ)な理解と考えられます。

前に述べたように、INTPは、結論の証拠を実際に示すことができないため、常に最もクリーンなデータをスキャンしています。

Accuracy(Ti)は、定義上、主観的基準です。「それは私には意味がある」

Authenticityユーザー(内向的感情タイプ)のように、観衆がそれを入手しなければ、INTPは(正しく)混乱し、挫折し、最終的には冷笑的になる可能性があります。

彼女らの議論や結論を受け入れない人に対して、常に不安(insecurity)を抱えていますが、(INFPのように)傷ついてしまうのではなく、他の人がばかだとみなすのが最も簡単な解決策です。

不安(insecurity)を隠すことは、未熟さを示すためのもう一つの方法であり、未熟なINTPは、自身が正しいとみなし、相手が間違っていると推定します。

INTPが傲慢だと非難されているとき、それは一般に、彼女らがいつも正しい方向に向かって病的に進んでいるからです。

逆に、INTPが成熟すればするほど、彼女らは間違っていると証明されることを喜びます。

それは彼女らが偏向している可能性のあるデータをクリーンにするのに役立つ外の世界です。

これは一般に、フレームを開き、既存のフレームワークにプラグインするための情報を積極的に探す機能である彼女らのauxiliary function 外向的直観(Ne)の開発によって行われます。

彼女らはまた、発達するにつれ、より快活になって、皮肉主義に固執することを辞め、いつでも誰とでも興味深い見通しと内容を提供できる本質的な平等主義の性質を楽しみます。

もちろん、それはINTPがもう議論に関与しないことを意味しません。

結局のところ、人は人によって研ぎ澄まされ、議論は人間的なもの以外のなにものでもありません。

 
INTJの場合、正しくあることについてはほとんどまたは全く不安がありません。

相手が彼女らに同意しない場合、彼女らはそれについて相手と議論するかもしれませんが、彼女らは認識が現実を定義し、相手は物事を根本的に異なって見ているかもしれないと理解します。

最終的に、論拠はEffectiveness(Te)にあり、外の世界がすべてそれを演じるとき、相手は間違っていることがわかります。

INTJが直面している不安は、よく守られた秘密の多くです。

INTJは驚くほど敏感で、INTJのパーソナリティタイプについての記事で言及したように、誰もが本当のダメージを与えることができます。

不安は、彼女らが他の人たち対してどれほど驚くほど脆弱であるかにあります。

思考タイプにとって、INTJが、(本質的な)感情的知性の恩恵なしに、彼女らが敏感であるように配線されていることを認識するのは信じられないほど戸惑いです。

INTJの傲慢さは、間違っていることを逸らすことではなく、他の人が潜在的に抱える傷や痛みを逸らすことです。

それはあなたが招待されるかもしれないし、そうでないかもしれない、内側の聖域のまったく入り込めないな真の壁です。

INTJがより不安定で未熟であればあるほど、壁は厚く、侵入しにくいでしょう。

逆に、INTJの成熟度が高ければ高いほど、彼女らの個人的な幸福感は脆弱な意思と直接結びついていると理解しています。

彼女らはまだ保護されているかもしれませんが、全般的に閉ざされません。

INTJは、幸運な受信者である特別な人々を驚異的に理解する健全な境界を作り出します。

あなたがINTPとINTJの間のタイプを判断しようとしている場合は、自分自身に質問してください。
間違っていることに嫌悪感を抱くか、脆弱であることに嫌悪感を抱くか。

3.感情を表す方法

あなたがどんなタイプであっても、また思考タイプであることに関わらず、あなたは感情や情調を持っています。

思考タイプとは、非人間的な基準を使って状況を評価することで、感情(F)をより低い優先順位に置くことを意味します。
しかし、それらはなお存在しています。

これらのタイプのそれぞれのモデルを見ると(機能スタックを見ると)、INTJタイプは感情的な側面とより意識的な関係にあり、 INTPの感情的意識は、より無意識で盲目的です。

INTJのモデルは次のとおりです。

Dominant:内向的直観、Perspectives(見通す力)

Auxiliary:外向的思考、Effectiveness(有効性)

Tertiary:内向的感情、Authenticity(真正性)

Inferior:外向的感覚、Sensation(五感)

INTPの場合:

Dominant:内向的思考、Accuracy(正確性)

Auxiliary:外向的直観、Exploration(探索)

Tertiary:内向的感覚、Memory(記憶)

Inferior:外向的感情、Harmony(調和)

感情(F)はそれぞれのタイプにとって、機能スタック内での位置が違うのみならず、表現方法も異なります。

それはINTJにとってはAuthenticity、内向的感情(Fi)でありINTPにとってはHarmony、外向的感情(Fe)です。

Authenticity(その中心)は、あなたが個人として持っている感情的な影響を理解すること、そして人として一致(alignment)させることです。

静かで、思慮深く、内省的です。

実際には、Harmonyタイプは、プロセスがどのように動作しているのか誤解しており、Authenticityタイプを「感覚の麻痺した」と言う場合もありますが、プロセスを内部的にどのように働いているかを簡単に例示すると、外部から見えます。

Harmony(その中心)は、他の人たち、つまりグループに感情的な影響を与え、社会的真理(私たちの行動や人々の評判など)をチェックします。

それは外見上、表情豊かで感情的です。

INTJは感情プロセスとより意識的な関係にありますが、それは彼女らが敏感である理由の1つです。

彼女らはしばしば、物事が感情的にどのように影響しているかをよく知っていますが、それについて何をすべきか常に知っているわけではありません。

一方、INTPは感情プロセスと非常に無意識の関係にあり、感情を整えるためのより高い閾値(threshold)があります。

しかし、一度それが引き起こされると、それは静か以外の何もありません。

私たちがinferior functionを使用するとき、それは一般に深いストレス時です。

私たちはinferior functionが私たちを支配しないように注意を払うような戦略を立てることがでますが、ほとんどの人は時間の経過とともに 「失敗する」という概念を通してこれを理解するだけです。

これは、グリップの中と呼ばれ、決して美しい光景ではありません。

一般的に合理的で真面目であるINTPの場合、これは癇癪に満ちているように見えます。

コントロールできない叫びは単なる可能性ではなく、それは起こるであろうことです。

そして、INTPは、彼女らに何が起こっているのかという手がかりを持たず、身をかませます。

INTJがグリップにあるときは、子どものような自己耽溺、食べ過ぎ、過度のアルコール、セックス、そして/または他の好む感覚的快楽の発現を示します。

INTJはめったに不快感を感じません。

彼女らは防衛の第一線として誇りを持っている可能性が高いですし、それから不機嫌と落ち込みに移ります。

彼女らは怒っているかもしれませんが、これは一般的に感情の内的にコントロールされたバージョンです。

INTPが怒ると、それは爆発する火薬樽のようなものです。

それぞれのタイプの感情プロセスとの関係を理解することは、自分自身や他の人物をプロファイリングするときの仲介だけでなく、この2つのタイプのいずれかである可能性のある愛する人のためのスペースを確保する重要な方法です。

4.精神衛生・組織化とステータス

Myers-Briggsに純粋に理論的な理解がある場合、「ああ、INTJは判断タイプなので、彼女らは組織立っており、INTPは乱雑だろう」ということに頼るのは簡単です。

残念ながら、それほど単純ではなく、ステレオタイプに従うべきではありません。

前に述べたように、INTJは技術的に「知覚する」プロセスである内向的直観(Perspectives)をリードしています。

それは彼女らのフロー状態が創造的な考えを学び、考えていることを意味します。

彼女らの外の世界を組織することは絶対的に優先的です。

組織化されたものが多いほど、彼女らは注意散漫を緩和し、知覚に留まることができます。

しかし、これは、組織化のためにPerspectives(Ni)から脱することを意味し、時にはそれがアイデアの獲得として魅力的でないこともあります。

彼女らはまた、Perspectives(Ni)とEffectiveness(Te)を結合します。

これは、delegation(委託)の観点から自然に考えられるプロセスです。

INTJが Effectivenessプロセスを実施する場合、これはあまり起こりそうもないかもしれませんが、それでも「(データの)クリーニングと組織化」は強い影響力ある活動とみなされなければなりません。
それは、真実であるかどうか分かりませんが。

一般的に、INTJとINTPの間の最大の表出(give away)は(一方がJタイプであり、他方がPタイプであることを考慮すると)身繕いになります。

Inferior functionにHarmony(Fe)を持つINTPは、他の人にどのように見えるかについて気にしないという非常に気楽な考えを持っています。

実際には、より正確に言えば、社会的に受け入れられれば気にしません。

彼女らはどのような印象を与えるかを気にするかもしれませんが、それは一般的に気にしないというメッセージを送ることです。

INTPにとって、ステータスは他の人がプレイするゲームであり、他の人に合うようにドレスアップすることは大抵不愉快に感じます。

一方、INTJにとって、ステータスはリソースです。

また、リソースは常にEffectiveness(Te)のレーダーの中にあります。

ステータスのゲームをすることを不愉快に感じず、人生の必要な部分のように感じます。

そして、それは彼女らが高い地位のためにドレスアップするほどではありませんが、彼女らは少しの努力が大いに役立つことを理解しています。

INTJが悪化すると、未熟なINTPのように見えるようになります。

また、INTPが成熟すると、精神衛星(Hygiene)と身繕いが「社会的賛成の下にある」などと見なされなくなり、他の人とつながる方法として機能します。

彼女らは、影響力、または自己表現、または他のいくつかの外見への注目のための完全な受け入れのためにドレスアップします。

5.私たちが彼女らを必要とする理由

INTJが驚くほど知的誠実さ(intellectual integrity)を示すことを発見し、 INTPが驚くほどのな革新的誠実さを示すことを発見しました。

社会がうまく存在するためには、自分自身や他人を騙さない人が必要です。

私たちは現状に疑問を呈する創造的な思想家が必要であり、私たちの生活を改善する新技術を実装しながら、同時に皇帝も生まれた日は裸であるという叫ぶような人が必要です。

INTJが最高のバージョンに発達するとき、彼女らは持続可能なシステムの歩くシンクタンクです。

INTPが最高のバージョンに発展するとき、彼女らは新しいパラダイムの革新者であり、文字通り現実をどのように理解して見るかを変えます。

どちらのタイプも世界にとって必須です。

あなたがどちらかのタイプであれば、あなたの重要性を理解してください。

p.s. これは決して網羅的なリストではありません。

INTP INTJ
Accuracy(正確性)
思考的判断機能
Perspectives(見通す力)
直観的知覚機能
人生初期
誤りへの防衛戦略を創る
人生初期
傷つかないための戦略を創る
感情に無意識的だが、感情に影響されやすい 感情に意識的だが、あまり感情を表さない
社会的、ステータスのゲームを好まない 社会的、ステータスのゲームを好む

Posted by melancoly