INTP:人間関係・恋愛①

INTPは、時によそよそしく、あるいは自己中心的なものとして表されることもありますが、しばしば、外向的直観(Ne)と外向的感情(Fe)によって潜在的な仲間を引き付けます。

これらの機能は、彼女らの機知、品性、誠実さに貢献し、他者が爽やかに感じる子供のような無邪気さを与えます。

INTPは、親切で思いやりのあるものであり、誰もが尊敬の念を持って扱われるようにしたいと考えています(Fe)。

彼女らは他の人に対して否定的に話すことをあまりせず、他のタイプが攻撃的であると思うかもしれないことを許して忘れることができます。

そのような資質は、知性と衝動と相まって、将来の恋人に大きな魅力をもたらすことができます。

INTPは人間関係を気にする必要があるの?

彼女らのFeはinferior functionであるため、INTPは人々といることを楽しむことができます。

人々に直接的に関わっていなくても、彼女らは他人の背後に存在することによって活気を感じることができます(それらは不快で侵入的ではないと仮定します)。

しかし、そのdominant functionが内部統制と自律性(Ti)の傾向にあることから、INTPは自律を脅かす可能性のあるFeの関係性を嫌うかもしれません。

INTPが長時間独立して働くことを楽しむことができるという事実は、彼女らが人間関係を複雑にするのを防ぐこともあります。

 
このような相対的独立性にもかかわらず、彼女らのinferior function(Fe)が人々の周りにいるように彼女らを魅了する時は必ず来ます。

これは空虚感や孤独感を伴うかもしれません。

これらの空虚感などは、彼女らの独立したプロジェクトが、彼女ら自身が望む完全性と満足感をより深く理解するには不十分であるという事実を警告します。

TiとFeの間のこの綱引きは、INTPの中心的かつ再発的なジレンマです。

あるレベルでは、INTPは人々を必要とし、親密な関係を欲しがると感じるが、INTPは人々との関係性を持つことによって自分自身と大切な自由を失うことを恐れています。

 
多くの場合、INTPの恐怖は正当化されます。

ほとんどの恋人は、INTPが望む自由と自律性の程度を与えることに消極的であり、彼女らをコントロールしようとしています。

これはもちろん、INTPに反乱を促し、関係性が悪化する原因となります。

しかし、FeはINTPの機能スタックの正当な部分であるため、私たちはINTPとの親密な関係の潜在的価値を早急に無視するべきではありません。

彼女らのスタックの最終的な機能として、Feを理解して統合することは、自己実現に不可欠です。

そうは言っても、持続可能で満足のいく恋愛関係は、INTPによって実現するのが難しく、彼女らと恋人の双方が重要な知恵と成熟を関係にもたらすことが求められます。

このような理由から、多くのINTPは、発達段階の後半になるまで、長期的関係性を控える方が良いでしょう。

INTPの相性:恋人の選択

親密な友情を維持することになると、INTPに意図的ではない可能性があるので、彼女らの恋人は、しばしば最も親しい友人、親友、そして支援の源泉として役立ちます。

彼女らは直観的であるため、INTPはISTPよりも恋人の選択についてより具体的な傾向があります。

ISTPは物質世界において新規性(Se)を求めていますが、INTPはより抽象的な種類の新規性(Ne)を求めています。

したがって、INTPは知的で創造的で個人的な成長に関心のあるパートナーを探します。

 
INTPは、十分な知性、公開性、知的または精神的探究への関心を欠いている人々への関心を維持するのに苦労する可能性があります。

INTPは、専門分野に知識や関心を持っており、真実の共同探求の道を開く人に特に惹かれます。

INTPは、興味のある分野について話し合うのを楽しみ、理論的な会話で彼女らと仲良くできる恋人を求めています。

これらの理由から、通常、INTPは別のN(直観)タイプとよりよくマッチします。

 
INTPは自分自身を自律性が高く自足可能であるとみなす傾向があるため、通常、パートナーに対して類似の特性を求めます。

INTPは自由な時間をたくさん欲しがり、過度に求め、要求の厳しい、あるいは管理しようとする恋人にはほとんど満足していません。

INTPは、本能的に、彼女らが感傷を感じたり、拘束したり、抑圧したりする関係性において反抗します。

同時に、あまり発達されていないINTPは、負傷者や貧困者に引き寄せられる可能性があります。

これは、INTPのinferior function Fiの評価と必要性の要求を表し、通常は結果が悪くなります。

 
ライフスタイルは、関係性におけるもう一つの非常に重要な考慮事項です。

INTPは、生活環境に関しては非常に柔軟性がありますが、しばしば、より多くではなくより少ないレベルで生活できる恋人を好むことがあります。

結婚するか、子供を持つか、高価な家を購入するかの決定は、INTPが後悔するような義務感や自由度を生み出す場合があります。

財政的約束は、多くのお金を稼ぎたくない人や、「仕事」で過ごす時間を制限しようとしているINTPにとって特に有利です。

多くのINTPは個人的な関心を追求するために時間を費やすことを夢見ているので、財政的に独立しているか、あるいは単純な生活様式に満足している恋人を探す傾向があります。

 
親密な恋人を選ぶ際に、INTPは自分の感情に過度の重きや意思決定力をつけないように注意する必要があります。

INTPの感情は、ポジティブであろうとネガティブであろうと、彼女らの最も発達していない機能(Fe)から出てくるからです。

彼女らのinferior function FeはINTPを、特にMyers-Briggs F(感情)タイプによって無意識のうちに騙されたり操作されたりする主要な標的にします。

したがって、長期的な恋人を選ぶ上でINTPがFeに優勢を与えないことが重要です。

 
誰もが自分の感情を聞くべきであると示唆している従来の知恵にもかかわらず、これはT(思考)タイプ、特にT-dominantタイプにベストなアドバイスではありません。

INTPは、個人に対して肯定的な感情を持つことは確かに重要ですが、INTPは、上位2つの機能(TiおよびNe)を使用して、個人的な目標および価値、ならびに類型学上の相性に照らして、特定の関係性の潜在的メリットを判断する方が良いでしょう。

INTPの関係性における課題

INTPは、外向的感情(Fe)がそのinferior functionであるため、INTPの最も大きな課題の多くは直接関係性に関わります。

すべてのタイプが、それらのinferior functionを和らげるために、さまざまな松葉杖(支えとなるもの)を使用するのが一般的です。

INTPは、平凡な、または従属関係にとどまることによって、単独であることまたは無慈悲であるという恐怖を含めて、Feにすがることがあります。

INTPは本当の愛が存在するかどうか疑問に思う傾向があるので、多くの人は穏やかな関係を維持し、自身には立ち去る力や勇気がないと感じます。

そこで、関係性を離れる代わりに、彼女らは自身のTiの追求に意識を集中させ、関係性がFeの単なる背後の支えとして機能することを可能にします。

 
彼女らのFeのinferiorの位置ために、INTPはパートナーとの関係性を減じるリスクも負います。

Tiモードでは、Feの感情は意識の背景にまで後退することがあります。

これにより、自立しており、関係性が不必要であると考えるなど、出現する関係についての疑問を感じることがあります。

INTPはまた、仕事(T)と関係性(F)を区画化する傾向があります。

彼女らは、それぞれにどのくらいの時間を費やすべきかについて、彼女らのパートナーに伝えられるかもしれないし、そうでないかもしれない、内側のTiの 「ルール」を策定するかもしれません。

多くの場合、彼女らの仕事にはより大きな優先順位が与えられ、仕事への時間の割当てが満たされていなければ、自身の関係を忘れることにつながります。

 
彼女ら自身が内部のルールメーカであるため、INTPは恋人が特定の期待を抱くと推定する傾向があります(つまり、「彼は…するはずだ」)。

さらに、INTPのFeは外部調和を維持し、パートナーの気持ちを傷つけることを避けることを望んでいるので、恋人に適切に疑問を呈してそのような疑惑が正当であるかどうかを確認することができない可能性があります。

INTPが関係の懸念を表明できない場合、INTPは無意識に内面的に自分自身の壁を崩し始めたり、恋人に対して内向きに反抗したりする可能性があります。

彼女ら自身を直接表現するのではなく、受動的積極行動的な表現形式に変わるかもしれません。

INTPが関係性のオープンで誠実なコミュニケーションを確実に、慎重にしなければ、彼女らは恋人についての自分の推定や想像を通じて自分自身とその関係性を損なう可能性があります。

彼女らのinferior function、恋人の認識されている、または実際の欠点、およびNeの公開的で新規性を求める性質に関連する困難のために、INTPはまた、不倫になりがちです。

しかし、INTPが自分の仕事で満足感を感じ、慎重にライフスタイルを選択し、前述の基準に従って適切な恋人を選び、彼女らがなぜ関係性にあるのか、彼女らがなぜ相手を選んだのかを定期的に思い出させ、個人的および関係的な成長と発展に尽力すれば、この傾向は大幅に削減できます。

カテゴリーINTP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です