ITJ/ETJタイプの内向的感情 byCJ

ISTJとINTJがFiを使う方法

 
ISTJがFeを使う方法

ISTJは、意思決定を行う際に、客観的な論理(外向的思考)と過去の事実と詳細(内向的感覚)に頼ります。

それでもそのすべての下では、非常に強力な価値観と倫理を維持しようと努力します。

これは、ISTJを世界の 「変化の仲介者」のように見せることができます。

彼女らは不誠実なものを嫌い、時には困難なことにかかわらず、真実で正しいものに固執することを信じています。

人生の初期では、ISTJは内向的感情を意識的に制御することはほとんどありません。

Fiが未熟なときは、ユーザーが物事を個人的に受け取り(個人に対する攻撃と考え)、根に持つ原因になる可能性があります。

これには若いISTJが苦労しているかもしれません。

ISTJが30代と40代に入ると、Fiはより良く発達し、彼女らは感情や価値観を認識し、より感情的な世界や自己認識にもっと興味を持ち、より内省的になります。

彼女らはアートワーク、感情的に動かされる音楽、あるいはロマンチックな映画へのテイストを育むかもしれません。

友人や家族と一緒に座って、調和の取れた雰囲気を静かに楽しむことができる伝統を楽しむことができます。

とりわけ、ISTJはまだ内向的感覚(Si)と外向的思考(Te)を中心としていますが、人生の半ばから感情は軟化し、パーソナリティのバランスを取り始めます。

 
INTJがFiを使う方法

INTJは、意思決定を行う際に客観的な論理(外向的思考)と洞察(内向的直観)に依存します。

しかし、その下には、常に強い個人的な信念と価値観があります。

INTJは、彼らが誰であるかについての謝罪はしませんし、物事の体裁をよくすることを好まないのです。

これの一部は、NTの性質と関係があるが、これの一部はまた、彼女らの内向的感情と関係があります。

Fiは常時真正であることに関心があり、INTJはこの真正性をいかなるコストでも保持しています。

真実はINTJにとって非常に重要です。

人生の初期では、内向的感情が未熟でINTJはあまり意識していないとき、個人的に物事を受け取り(個人への攻撃と考え)、人々の意図を誤読したり、恨みを抱くことに困難する可能性があります。

しかし、人生の半ばになるとINTJはFiを開発し、自分自身や他人の感情的な意識を高めます。

彼女らはより同情的になり、全体論的な方法で自分自身を理解することにより関心を持つかもしれません。

中世のINTJが詩、ロマンチックなクラシック音楽、または内向的感情の一部を反映したアートワークに興味を持っていることは異常ではありません。

とりわけ、INTJは内向的直観(Ni)と外向的思考(Te)を中心にしていますが、人生が進むにつれてよりバランスのとれたINTJのバージョンを作成し始めるでしょう。

ESTJとENTJがFiを使う方法

 
ESTJがFiを使う方法

ESTJにとって、内向的感情は彼女らのパーソナリティの中で最も無意識の部分です。

彼女らが理解しコントロールすることは難しく、結果として彼女らはそれを疑うかもしれません。

ほとんどのTe-dominantタイプは、内向的感情を「敵」と見なします。

感情はほとんど無意識であり、しばしば不合理であるため、Fi-dominantを非合理的であると感じます。

これは、互いの強みを理解することができないため、ESTJにとってFi-dominantとの争いを引き起こす可能性があります。

人生を通して、ESTJは外向的思考(Te)と内向的感覚(Si)に最も頼りにしようとします。

彼女らは通常、使用するのに快適な機能ではないため、Fiを抑制します。

その結果、特にストレス時に思考や感覚を酷使することがあります。

これが起こるとき、彼女らはFiのgrip(掌中)に落ちて、特徴的に後退し、敏感になるかもしれません。

彼女らは個人的な発言(個人への攻撃)として他の人の発言を誤読し、他の人によって評価されず、過小評価され、侮辱されたり使用されたりしていると確信することがあります。

彼女らは疲れ、落ち込んで、一人だと感じるかもしれません。

FiはほとんどESTJに意識されていませんが、依然として意思決定に影響を与える可能性があります。

彼女らは、宗教や奉仕から動物や子供の手伝いに至るまで、何かに強い結びつきを感じるかもしれません。

彼女らは、自分たちの価値観と一緒に目標を達成する具体的な方法を見つけることを模索するかもしれません。

ESTJが50代と60代に入ると、彼女らは意識的なFiの意識とコントロールを開発するでしょう。

彼女らは自分の感情を表現し、感情や価値観をよりよく理解して快適になります。

彼女らは他人に対してより公然に思いやりがあり、多様な人々に対してより感情的になります。

これが、かつては厳しくて過酷だった多くの人々が老齢では突然暖かくなり、その性質上、より穏やかになる理由です。

老後でさえもFiを抑圧しているESTJは、そのパーソナリティのこの部分を受け入れようとせず、葛藤したり、より邪魔になることがあります。

 
ENTJがFiを使う方法

ENTJにとって、内向的感情は、彼女らのパーソナリティの中で最もアクセスできない部分です。

彼女らは意識的にそれを理解したり制御したりすることができないと感じるので、それを疑わしく感じます。

ENTJがFiを体験する方法は、「バックグラウンドノイズ」や不要な中断のように感じることがよくあります。

ENTJは、外向的思考(Te)と内向的直観(Ni)のみに依存して、Fiを抑圧するのが普通です。

これがストレスの時に起こると、ENTJはTeとNiを過剰に使用するかもしれません。

その結果、彼女らは疲れてしまい、Fiがパーソナリティを「引き継ぐ」ようになります。

これが起こると、ENTJは特徴的に過敏になり、他人の言葉を個人的な攻撃として誤読することがあります。

彼らは異常に後退し、一人で落ち込んで、誤解を感じるかもしれません。

ENTJにとってFiは非常に意識されていませんが、依然として意思決定に影響を与える可能性があります。

彼女らは、自分の価値観と一致する目標に向けて働くことに特に気をつけたり、子供や動物を助ける慈善団体に特別な必要性を感じるかもしれません。

ENTJにとってFiが現れる性質は、人によって異なります。

ENTJが50代と60代に入ると、彼らは意識的なFiの意識とコントロールを開発します。

彼女らはより感情的になり、他人に向かって暖かくなるでしょう。

彼女らは、自分の内的価値観を発見し、自分の感情を理解することにより関心を持つかもしれません。

彼女らはよりバランスが取れ、思いやりのあるものになります。

かつて客観的かつ無慈悲な論理であっても、ENTJは他人の気持ちと調和により関心を持ちます。

いつものように、彼らは依然として思考や直観に頼っていますが、Fiを完全に抑制することはありません。

老後でさえFiを抑圧しているENTJは、彼らのパーソナリティのこの部分を受け入れることを好まず、争いに遭うかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です