なぜタイプについて学ぶの?

パーソナリティの類型学はパーソナリティタイプの研究です。

さまざまな気質や性格のコンセプトは、ガレノスとプラトンの古代の書物と同じくらい早く、何千年も前から存在しています。

パーソナリティの16種類のタイプは、後にIsabel MyersとKatharine Briggs(すなわち、「Myers-Briggs」)によって開発され普及したユングの重要な作品に基づいています。

なぜタイプについて学ぶの?

新しいことを学ぶために時間を割く前に、それを行うメリットを考えるのは当然です。

ここでは、類型学を学ぶことの多くのメリットのいくつかがあります。

*自分自身(及び他者)を理解する。

あなた自身やあなたの友人や家族について学ぶことは、とても楽しいことです。

また、私たちの思考、感情、態度、行動に重要な洞察を提供することもできます。

例えば、なぜある人々は一人の時間を必要とするのに対し、他の人は人々に囲まれることを好むかの理由を説明することができます。

人の観察や分析を楽しむなら、類型学は、人間の行動を正確に分析して理解するための、時間をかけてテストされた一連のツールを提供します。

*あなたの人生の目的を明確にする。

絶えず拡大する選択肢の今日の世界では、私たちが誰であり、私たちの主な目的が何であるかを判断することは難しいかもしれません。

これはある人々が類型学に引き寄せられた主な理由の1つでした。

自分の人生で何をすべきかを知るために自分自身をよりよく理解したかったのです。

類型学は、あなたが何をすべきかを正確に伝えることはできませんが、あなたが誰であるか、あなたが生まれた理由について何か必要な洞察を提供することができます。

*キャリアインサイト&ガスイダン

あなたのパーソナリティタイプを、あなたのタイプの本質的な強みと興味に合ったキャリア、仕事、または大学の専攻とマッチさせるのに役立ちます。

私たちのキャリア記事では、さまざまなパーソナリティタイプに最も適したキャリアや職業を紹介しています。

*より良い関係。

多くの人々は、 「Men are from Mars、Women are from Venus」という概念に慣れ親しんでいます。

しかし、そのような考え方は人間関係の表面を傷つけるだけです。

パーソナリティパイを16種類の異なるタイプに分類することで、あなたのパートナーの性格、行動だけでなく、自分自身を理解する際の精度と特定性をはるかに高めることができます。

したがって、類型学は、あなたの個人的な関係を理解し、改善するための有用なツールとして役立ちます。

あなたのタイプを知る方法

人々がよく尋ねる最初のことの一つは、自身のパーソナリティタイプを正確に決定する方法です。 残念ながら、そうすることは必ずしも簡単ではありません。

あなたのパーソナリティイプについて確かな結論に達するには時間と忍耐が必要です。

そこで、あなたのタイプの指定を分かりやすく明瞭にする方法はいくつかあります。

*パーソナリティテスト

パーソナリティテストは、あなたのタイプを特定または明確化するのに役立ちます。

多くの場合、実際のタイプで確定する前に、2つまたは3つのタイプの間を移動します。

*タイプの必須要素である選好と機能について学ぶ

各パーソナリティタイプには、4つの選好と4つの主要機能があります。

これらは、それぞれのパーソナリティタイプを構成するために結び付ける基本的な「成分」です。

以下のセクションでは、選好の一般的な概要を説明します。

選好について学んだら、次のステップを踏み、機能の学習を開始することができます。

ある時点で、「機能スタック」や型理論の他の要素を理解するために働くことによって、さらに深く潜ることができます。

選好と機能がタイプの基本的な「成分」である場合、機能スタックは「レシピ」または「調理法」です。

それは、各機能が使用される程度(すなわち、各機能の相対的な強さ)と、機能が相互作用して私たちにパーソナリティタイプの最終製品を与える方法を予見します。

8つの選好(preference)

上記のように、各パーソナリティタイプには4つの基本的な好みがあります。

例えばINFJタイプの4つの選好は、内向(I)、直観(N)、感情(F)、および判断(J)です。

ある選好(またはパーソナリティタイプ)が他のものより本質的に優れている、またはより望ましいもの、ではないことを認識することが重要です。

社会として機能するためには、すべてのパーソナリティタイプが必要です。

したがって、あなたが好きであろうタイプではなく、あなたがどんなタイプであるかを把握することがポイントです。

以下に、4つの「二分法」の概要を示します。

それぞれの二分法は、2つの反対の選好から構成されています。
数学オタクのあなたのために、これは私たちに二分法を4回分を与えます。

内向型(I) vs. 外向型(E)

すべての内向型が社会的に厄介で反社会的であるとは限らず、またすべての外向的な社交的でもありません。

それによると、内向型は外向型よりも自分自身に多くの時間を必要とするのが一般的です。

一部の内向型は、あまりにも多くの外部の雑音や活動によって圧倒され、それは内向型を一息つくために静かな空間に引き戻すよう促します。

一方、外向型は退屈を防ぐために外的刺激を必要とする傾向があります。

いくつかは、人々からこれを求めるかもしれませんが、他の人は身体活動や様々な形のメディアに変わるかもしれません。

一言で言えば、内向型は自分自身の心でより容易に刺激されるので、彼女らはおそらく、単独で幸せです。

対照的に、外向型は自己刺激がされていないので、刺激の外部の源を探すのがより適切です。

感覚型(S) vs. 直観型(N)

ユングによると、私たちは情報を取り込むための2つの基本的な選択肢‐感覚と直観‐があります。

直観の扱うものは抽象的な情報、すなわち5つの主要な感覚では得られない情報です。

直観は、アイデア、パターン、理論、想像、仮説、可能性に引き寄せられます。
彼女らは日々の生活の具体的な活動によって容易に退屈します。

彼女らは、物や人がどのように働くか、物事がどのようにつながって相互に関連しているかを理解するために、表面の下を見ることを好みます。

この理由から、神学、哲学、政治理論、心理学などの抽象的な問題について議論することがしばしばあります。

すべてを複雑かつ織り合わされたものとして見ると、彼らはまた、あまり慣習的でない、またはより微妙なやり方で真実と道徳の問題を理解する傾向があります。

対照的に、感覚型は一般に、より実用的で、現実的なものです。
彼女らは自宅でより多くのことを話し、日常業務に参加しています。

直感型は人生を反映して熟考するのに多くの時間を費やすことができますが、感覚型は単にそれを生かすだけで満足です。

感覚型は通常、タスク指向であり、何かを過度に分析する必要のないことをしています。

思考型(T) vs. 感情型(F)

思考‐感情の次元は唯一性別が役割を果たすように見えるの二分法であり、男性は思考型、女性は感情型として頻繁にタイプ判定されます。

思考型は、感情の論理よりも「脳で考える理論」を好むと理解することができます。
彼女らは自分の利益や目的を追求することに集中し、他の人のニーズには直ちに関心を持っていません。

対照的に、感情型は彼女らの感情や情調により触れています。
彼女らは一般に、より他の人に対して気遣いと思いやりのあるものです。

思考型が感じない、あるいは感覚型が思考しないのではなく、彼女らが非人格的論理(T) vs. 感情と価値感(F)で導かれる程度が異なります。

判断型(J) vs. 知覚型(P)

判断‐知覚の次元はもう少し難しく、他の二分法よりも混乱する可能性があります。

今のところ、最も重要なことは、J-Pが主に外部の行動や態度を指すということです。

言い換えれば、内部から自分を見たり、理解したりすることは伴わず、他の人が外部からどのようにあなたを見て、特徴付けるかということです。

J-Pの選好を明確にするのに役立たせるために、他の人があなたをどのように見ているを他尋ねたいと思うかもしれません。

一部の類型学の本やウェブサイトでは、「Pタイプは、乱雑で、でたらめで、無頓着で、慢性的に遅い」と主張するかもしれません。

または、「Jタイプはきちんとしていて、整然として、整理されて、そして保守的」と主張するかもしれません。

そのような形質は、より詳細なパーソナリティ分析によって説明することができますが、単にJ-P分類に基づいて正確に予測することはできません。

したがって、私たちの現在の目的のために、J-P基準をむしろ単純かつ簡潔に保ちます。

知覚型は、外的に受容的で適応可能的です。

彼女らは容易に自分の意見を宣言したり、自分の意思を他人に押しつけたりすることはあまりありません。

その結果、彼女らは正当に、あるいはそうではなく、しばしば良い聞き手として認識され、他者に対する態度において非批判的であると認識されます。

判断型は外的に堅固であり、直接的であり、主張的であり、決定的です。

彼女らは知覚型よりも、自分の意見や希望を直接宣言する傾向があります。

堅いな決定や結論が必要な状況では、他社は判断型の外的強さに頼る可能性があります。

未分類

Posted by melancoly