Ne-Siペア vs. Ni-Seペア  byCT

探索プロセスが率先した抽象化(Ne)であり、世界観プロセスが反応的かつ具体化(Si)であるとき、情報合成に対する心理学的アプローチは多岐にわたります。

逆に、Se-Ni二元性は、直線性に向かう心理的アプローチを有します。

これらのプロセスを比率で比較すると、Ne-Siペアはより多くの接続を生成し、それぞれがより短い範囲を持ちますが、Se-Niはより少ない接続を生成し、より大きな範囲を保持します。

外向的知覚において、この複数の現象は、相互関連化の過程である抽象化が外側に向けられているときに必然的に生じます。

探索プロセスの動作を考慮すると、探索プロセスも抽象化プロセスであると、より多くの接続がより迅速に連続して、短い範囲で形成される理由がわかります。

探索プロセスはリアルタイムであり、私たちに現実感を絶え間なく壊さずに、微小間隔で現実を吸収させ、常に新しい観察へ視線を移させるからです。

探査プロセスが抽象的でなければならない場合、抽象化の活動はこのペースに対応しなければなりません。

Neにとって、抽象化は長い、計画された活動ではありませんが、それ自身の急速な探索の性質を併合し、保持します。

ここでは、2つの知覚の変動のペアの中で起こる相互相関のプロセスの違いを示す図を見ましょう。

ご覧のように、Se-Niペアは内部的に抽象化プロセスを保持しており、具体化プロセスは外向きに保持されているため、外に出ても決して抽象化されません。

逆に、Ne-Siペアリングの場合、抽象化は探索プロセスによって行われます。

これは、Neの場合、相互関係のプロセスが発生する一方で、ここでは相互接続ラインによって示される、環境の高速な複数の/多量の探索が行われていることを意味します。

多岐にわたる素早くかつ短時間の相互接続に対するこのような性質の緻密なメカニズムを詳述するために、Neの姿勢に強く影響する2つの要因を説明したいと思います。

1つめは、refresh factor(リフレッシュ要因)と呼ばれています。

2つの探索プロセス(Ne/Se)のperspective(見方)は、リアルタイムで起こっていることに左右されますが、世界観プロセス(Ni/Si)は現在の瞬間に依存しない一定の視点です。

精神がトピック、出来事、または偶然を想起するたびに、探索プロセスによって初めて発生したかのように再現されます。

探索プロセス自体は、前例を持たず、短時間に現実を新たに見ており、これはそれらの動作の重要な要素です。

先例をecho back(想起)するのは世界観プロセスの役割です。

探検家プロセスだけの視点では現在の瞬間にまったく依存しており、そして、それから抽出されることができるものは世界観プロセスとの対話によるそれでありません。

この絶え間ないリフレッシュにより、Neの情報の相互関係の能力は、相互接続の事例でどのような変数がその考えに現れるかによって限定されます。

これには、世界観プロセスSiの想起から受け取るために管理しているものの一部が含まれているかもしれませんが、Siの貯蔵庫の全体を念頭に置いておらず、範囲と幅を欠いています。

このような探索プロセスに固有の近視は、Niのような長命の接続ではなく短命の状況接続を形成するNeに寄与します。

Neの近視の第二の、おそらく最も強い寄与要因は、diverging factor(分散要因)と呼ばれるものです。

Neは探索プロセスですが抽象的プロセスでもあるため、探索の焦点は物事の象徴(それが意味するもの)に向けられています。

それは、環境の実際の質を定量化するためのものではなく、接続を作るための探索をしています。

これにより、Neは心理学において幾分か逆説的な役割を果たします。

一方では、知覚データを同化しなければならないが、他方では、精神的または文字通りの視点を、関連付けることができる別のデータセットに「跳躍」するために、現在観察されているデータから離脱する必要があります。

これは、あらゆる跳躍で外界の対象の性質から文字通り離れて注意の自然な散開に至ります。

そして、それが相関関係の原因であるのをやめるとき、物事に対する関心を失う原因になります。

Seが現実を探索するとき、何の修正もなしにその感覚に現れるままに、多量のデータを吸収しようとします。

それはすべてNiの助けによって合成され相互接続されます。

Neは積極的に要素を相互に関連づけようとしていますが、Niは実際に観測された現実の展開から、接続を反応的に生成します。

そのため、Niタペストリー(多様さ)は、探索プロセスではなく、世界観プロセス内での相互関係の発生のために、はるかに結びついています。

Niは、世界観プロセスの役割は世界に予測可能性を与えるべきだという、Neのような相互関係に寛大ではありません。

Niに比べて、Neは関連性の作成に対して、データが一緒に収まる方法を見つけ出す点で楽観主義を持っています。

そしてNeの才覚はデータそのものを合理的にすることにありませんし、そのモチベーションも現実の一貫性と予測可能な景観の創造ではありません。

それは、相互に関連することができるものに関して何ら制限を見ませんし、リフレッシュ時にそれ自身の相互関係がすぐに古いものになるので、以前に形成された相互関係に対して責任を負うこともしません。

Seは探索プロセスでもありますが、同じくらい絶え間なくリフレッシュし、素早く吸収しますが、Neのように素早く物事の性質を吸収し終えるわけではありません。

実際にはより豊かなありのままの性質を集めているからです、それは一般的な象徴的意味よりも豊富に、です。

Seは、精神的にも視覚的にも、ありのままの性質を得るために、物事に対してより長く存続します。

そして、この大規模な「敷地」から、相互に関連する内部プロセスは、より包括的な接続を遡及的に織り込みます。(そしてすべての以前の知識の処分も有します。)

言い換えれば、Se-Niの場合、それぞれの新しいイベントは、現時点で心に留められているものではなく、以前のすべての接続と共に内的に合成されます。

これは、Ni-Seがアプローチにおいて、より合理的で客観的に正確であると言うわけではありませんが、Neよりも確実に独自の関連を経験することは間違いありません。

はっきり認識したことに対するこの自己確信は、精神全体を横断して、そのような仮定を正当化するためのいかなる状況的根拠も存在する前に、ある必然性があることを個人に確信させるかもしれない。

また世界観プロセスが記憶しなければならない関係性について詳しく説明したいと思います。

先に述べたように、世界観プロセスは私たちの記憶の構造を扱う精神の機能です。
(情報が格納され、呼び出される方法)

新しい情報が世界観を相殺し再考させるので、世界観プロセスは新しい情報に対して一般的な抵抗が存在します。

世界観プロセス自体は、外部情報に対する欲求を保持せず、すでに蓄積されたデータによって完全に生成された現実の認識を保持するコンテンツです。

それ自体は外部世界に出くわすことはありませんが、探検家プロセスからの摂取によって調整されなければなりません。

そして、これらの再調整が発生すると予測可能性が回復します。

Siは静的な事実として参照できる具体的な情報としてNeのリアルタイムの関連性を保持することで予測可能性を達成していますが、NiはSeの静的な感覚入力の配列を指向性の結果の格子に結び付けることで予測可能性を達成しています。

したがって、Siのタペストリーは、状況に応じて、意識の中で継続的に再起される、大きく隔離され、区画化された相互接続で満たされます。
(再起は環境とNeの活発な再配置による再編によって起こります)

Neは、静的情報としてSiデータを格納する必要があります。

これにより、他のデータセットとの接続に制限されることなく、データクラスタを新しいフォームに再配置して選択的に自由に接続することができます。

Niの世界観は逆の方法で機能します。

Seの新しいデータは、そのデータセットの再編成が、それが接続されている可能性のある他のすべてのデータセットに影響を与えるように、水面を通って波紋が広がるように、そのタペストリーを変更します。

このような相互接続は、Seの直接的な経験から最初に到着した正しい知覚であったかもしれないものが、隣接するデータセットの修正によって誤ったものに変わるため、望ましくない影響を引き起こす可能性があります。

そして、この新しい視点は、新たに修正された形にとっての感覚的な基盤がないにもかかわらず、元の知覚で感じられたのと同じレベルの必然性で感じられます。

この時点では間違いないが、Si-Ne知覚変動とNi-Se知覚変動の両方には、その機能に論理的な誤りが含まれています。

前者は、日常的な過度の信頼と希望的思考の誤りになりがちです。

後者は不当な仮定と代替案を理論化できないという誤りになりがちです。

これらの誤謬を排除するのは判断機能の任務ですが、知覚変動の正常な動作の自然な結果であるため、それらを作成する傾向は使用するユーザー内に永遠に存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です