ISFP/ESFPの適職とキャリア

他のタイプと同様に、ESFPとISFPは、自分のキャリア、職業、および専攻に関する決定に困難する可能性があります。

幸いにも、彼女らのパーソナリティタイプの性質と強みを理解することは、これらのタイプの両方にとって有益であることがわかります。

パーソナリティタイプを理解するための鍵の1つは、その4つの機能を知り、理解することです。

ISFPとESFPはわずかに異なる順序で同じ4つの機能(Se、Fi、Te、Ni)を使用します。

これは、これらのタイプによって享受され、追求される仕事の種類の十分な重複に寄与します。

キャリア関連の決定を行う際には、特定のキャリア、職業、または大学の専攻が、タイプの上位2つの機能(すなわち、dominantおよびauxiliary function)と互換性があるかどうかを検討することが賢明です。

これら2つの機能は、タイプの強みと性質を表します。

SFPの場合、これらの2つの機能は外向的感覚(Se)と内向的感情(Fi)です。

SeはSFPの「実践的」作業を楽しむ傾向に寄与しています。

この意味で、Seは、ホランドの現実的(R)職業興味領域と密接に関連しています。(以下を参照)

Seが与える運動感覚と知性は、パフォーマー(例えば、アスリート、ミュージシャン、ダンサーなど)としてのSFPの才能に貢献します。

彼女らの体は本能的に流動的かつ効率的に動いて反応する方法を知っています。

Seはまた、環境からの新たな刺激や即座の課題に対応するように設計されています。

それの感覚的なノベルティに対する傾向のために、SFPは多種多様な作品を楽しむ傾向があります。

運動感覚のタイプとして、彼らは歩き回り、新しい環境を体験する自由を楽しみます。

一部の人は、フルタイムの仕事の代わりに複数のアルバイトの仕事をして、職業生活の豊富なバリエーションを確保することを好むかもしれません。

SFPのもう1つの主な機能、内向的感情(Fi)は、その価値を形作り、調和させます。

FPは社会的弱者、ホームレス、虐待、高齢者、虐待された動物、絶滅の危機に瀕している種などに特に懸念を持つ傾向があります。

多くの場合、Fiの関心と使命感は、特定のキャリアパスに向けて彼女らを駆り立たせます。

Fiは個人の嗜好と密接に関連しています。

Seと組み合わせることで、食品、衣服、スタイルなどの嗜好を洗練し、開発するようSFPを促します。

これは、絵画、パフォーマンス、料理、ヘアスタイルとメイク、ファッション、インテリアデザイン、美容整形手術などあらゆる種類のンクリート・アート(具体的芸術)に対する関心と技術に貢献するかもしれません。

ISFP & ESFPのホランドコード/興味

ホランドのテーマには、現実的(R)、研究的(I)、芸術的(A)、社会的(S)、企業的(E)、慣習的(C)領域があります。

これら領域のコードは、複数文字のホランドコード(例えば、IAS、RAI)を形作り、MBTIパーソナリティタイプと同じ方法で組み合わせることができます。

これは各タイプが、自身の適職やキャリアマッチを知ることの助けとなります。

現実的(R)キャリア

現実的興味を持つ個人は、身体的、実践的な仕事を楽しみます。

以前の議論を踏まえて、多くの現実的キャリアがSFPに適していることは驚くことではありません。

これは、彼女らが信じる信念(Fi)に向かって働くことを必要とする場合に特に当てはまります。

以下のリストはかなり短いものですが、他の見出しの下にリストされているキャリアの多くには現実的な要素が含まれています。

 
選手:アマチュアまたはプロ

公式スポーツ審判員

コック/シェフ

歯科医/歯科衛生士

造園

研究的(I)キャリア

研究的領域には、分析的、科学的、学術的な興味が含まれています。

研究的タイプは、アイデア、理論、事実、データを扱うことを楽しみます。

現実的領域と同じく、MBTIのT(思考)タイプは、研究的興味に関してF(感情)タイプよりも多いです。

研究的キャリア、職業、専攻はSFPにはお勧めできませんが、数学、科学、コンピュータサイエンス、エンジニアリングなどの研究的職業などに興味を持っている人もいます。

他のところで説明したように、これは外向的指向(Te)機能の影響によるものです。

しかし、Teは彼女らの最も強い、あるいは最も信頼できる機能ではないので、欲求不満やバーンアウト(燃え尽き)を避けるために、彼女らのキャリア選択に注意を払わなければなりません。

一般的に、これは定期的に自分のFiとSeを使用するキャリアを選択する一方で、Teに対する多大な要求を最小限に抑えることを意味します。

人間、獣医のいずれの医学も、SFPのすべての機能(Fi、Se、Ni、Te)に訴えるかもしれないキャリアの一例です。

これは特に、具体的な詳細や実践的手続きの観察(Se)に大きく依存する専門分野に当てはまります。

 
医師:皮膚科医、外科医、産科医、小児科医、救急医療

家族医療(ESFP)

医師の助手

獣医

芸術的(A)キャリア

SFPは、FiとSeの両方がテイストと美しさに関心を寄せているため、特定の芸術的キャリア、職業、専攻に適しています。

INFPとENFPタイプは、一般的に 創造的文芸や他の様々な創意工夫に適していますが、SFPは視覚/運動感覚/知覚を必要とする芸術に優れています。

 
演技、俳優、女優

料理芸術

ダンサー

DJ

ファッションデザイナー

ヘア/メイクアップスタイリスト

インテリアデザイン/室内装飾家

モデル

ミュージシャン/ボーカリスト/パフォーマンス

画家、彫刻家、視覚芸術

写真家

社会的(S)キャリア

社会的興味領域の個人は、人々と働くことを楽しみます。

社会的興味は、教師、医療従事者、聖職者、トレーナー、ケアワーカーの間で共通しています。

この領域は、MBTIの外向(E)と感情(F)の選好に関わっています。

感情(F)タイプとして、多くのSFPは、医療、育児、または教育に重点を置いています。

ほとんどが子供と関わるのを楽しみ、多くは初等または中等教育の教師として働いています。

他の人は、Fiの価値に共鳴する非営利団体のhome(家)を見つけることができます。

 
指導員/個人教師

介護士/保育士

看護婦

理学療法士/作業療法士

小売販売員

レストラン給仕係、ウェイトレス、バー、バーテンダー

ソーシャルワーカー/社会福祉

教師:美術、家政学、小学校または特別教育

企業的(E)キャリア

企業的領域(E)は、製品、アイデア、またはサービスの宣伝を含みます。

そのようなタイプは説得力があり、主張的で、競争環境を楽しむ傾向があります。

彼女らはしばしば外向(E)を選好します。

一般的な外向型のキャリアには、営業、マーケティング、ビジネス、経営、法律、政治、ジャーナリズム、保険、株式取引が含まれます。

一般に、ISFPは企業的キャリアから離れています。

しかしビジネス界に参入して中間レベルのマネージメントに終わる可能性もあり、 マネージメントは、必ずしも健全な方法ではありませんが、ISFPのTeに対するある程度の満足感を提供するようであす。

一般的に言えば、ビジネスやその他の企業的キャリアは、ISFPには推奨されません。

しかし、いくらかのESFPには適しています。

 
人事/管理者(ESFP)

不動産仲介人(ESFP)

セールス、マーケティング、広報(ESFP)

慣習的(C)キャリア

慣習的興味を持つ個人は行政事務を楽しみます。

彼女らはデータを操作するの優れ、組織化され、細部を重視しています。

慣習的職業の例としては、会計、簿記、秘書業務、ビジネス、銀行業務などがあります。

慣習的タイプは、感覚(S)、思考(T)、および/または判断(J)をしばしば選好します。

いくつかのSFPは、よりよい選択肢がないと思われる場合には、結局慣習的職業に就く場合がありま。

管理タスクはTeにとっては魅力的ですが、Seはある程度の細部指向を提供します。

SFPは慣習的職業で有能に成果をあげることができますが、通常は最初のまたは最適な職業選択ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です