ISTP/ESTPの適職とキャリア

INTPの求職者と同様に、ESTPとISTPのパーソナリティタイプは、適切な職業、就職、大学の専攻を特定する際に苦労する可能性があります。

この記事では、これについてのいくつかの理由を探るとともに、キャリアや専攻についての難しい選択をする人々にいくつかの指針を提供します。

ISTPとESTPの両方は、「実践的」タイプとしてよく記述されています。

彼女らは「行動する者」であり、身体活動を楽しむ傾向があります。

多くの人はスポーツをして成長し、料理、自動車修理、建設などの様々な実践的活動を模索しています。

彼女らの実践的活動の傾向は、彼女らの主なパーソナリティ機能、すなわち外向的感覚(Se)と内向的思考(Ti)に照らすと理解できます。

ホランドのキャリア職業興味についての私の記事で議論されているように、これら2つの機能は両方とも「現実的(R)」キャリア興味(すなわち、世界と物理的に関わること)に関連しています。

Seは新しい興味深い場所、音、味、経験に敏感です。

身体活動により、STPタイプ(ISTP/ESTP)は感覚の新規性と多様性に対するSeのニーズを満たすことができます。

これはスポーツに対する愛情を説明するのに役立ちます。

各スポーツ大会はユニークであるため、運動競技はSTPに自分自身に挑戦し、「ゾーンに入る」絶え間のない機会を与え、そして彼女らのSeとTiを刺激します。

したがって、キャリアや専攻を選択する場合、STPは適切な感覚的で物理的な新規性を約束する仕事を探すのが賢明です。

STPのもう一つの選好する機能、Tiは深く論理的です。

それは、常に独自の戦略、方法、および技術を策定し、洗練しています。

このため、STPは、ゴルフスイングの完成、ビジネスの開始、手術の実施、車の修理、チームのコーチングなど、戦略を開発しスキルを磨くことを含む活動を楽しみます。

STP、特にESTPはまた、人々とのある程度の交流を楽しみます。

これは、姉妹に対するのと同じような方法で他の人と「関わる」ように促す、自身のパーソナリティ機能の別の機能、外向的感情(Fe)に由来します。

STPは人を助けることにある程度の関心を持っているかもしれませんが、人を助けることは(TiとSeに関わる定期的な機会をとるよりも(思考タイプとして)それほど重要ではないと考えられるでしょう。

ISTP & ESTPのホランドコード/興味

すべてのレベルのアスリートコーチング

公式スポーツ審判

アスリートトレーナー

バーテンダー(特にESTP)

醸造所の監督

企業経営

カイロプラクティック(ESTP)

コンピュータ/ITプロフェッショナル(ISTP)

建設/重機オペレーター

シェフ

カスタム木工/家具メーカー(ISTP)

DJ

歯科医

電気工事

起業(特にISTP)

環境科学者:環境、地質学

ファイナンス/財務

消防士

設備管理のスペシャリスト

住宅診断士

人間医学:医師/外科医

土地家屋調査士

修理/保守作業員

メカニック/技術者:自動車、オートバイ、自転車、重機、飛行機

義肢装具士/歯科技工師

体育教師(特にESTP)

理学療法士(ESTP)

パイロット

配管工

警察官/私立探偵

不動産仲介(ESTP)

レストランオーナー/マネージャー

セールス&マーケティング(ESTP)

スポーツ医学、スポーツトレーナー

工具製作

トラックドライバー/宅配人

ウェイター

見て見ぬふりをされた問題

ほとんどのSTPは、収入を上げ、パートナーと共に楽しむため、人生のパートナーを見つけるという考えに引き寄せられています。

お金と共に地位が手に入るだけでなく、Seの快楽や宝物に交じり、耽溺する機会がたくさんあります。

多くのSTPの最適のキャリアで富や社会的地位を得ることは、残念ながら必ずしも容易ではないかもしれません。

これはSTPの「見て見ぬふりをされた問題」です。

STPが最も適している職業は、特定の例外を除いて、最も高い地位または財政的報酬を約束するものではありません。

もちろんこれはSTPを困難な状態に置きます。

つまり、彼女らは自分たちの本質的な能力とパーソナリティに最も適した仕事を追求するために、富と地位を犠牲にするべきでしょうか?

あるいは、報酬がコストを上回ることを期待して積極的に富と地位を追求すべきでしょうか?

この問題に関する確かな統計は認識していませんが、富と地位を追求することを選んだ多くのSTPや、仕事の満足度を重視している多くのSTPがいます。

この問題をさらに複雑にすることは、「誰もが大学に行かなければならない」という意見が増えているということです。

これは本質的に、誰でも大学の学位を取得するべきだというメッセージを発信します。

大学の学位は確かにいくつかのSTPにとっては適切かもしれませんが、多くの人は大学への挑戦やホワイトカラーの仕事よりも職業(trade)を学ぶほうが良いでしょう。

ISTP & ESTP:ビジネスとマネージメント

多くの点で、ビジネス、経営、財務はSTPのキャリアの失敗の中心にあります。

「ビジネス」という用語を使用する場合、主に企業の「ホワイトカラー」の仕事を指しています。

STPのビジネスキャリアの適性に関して、Tiはビジネス戦略の策定に定期的に適用できると主張することができます。

これは、起業家またはビジネスオーナーであれば特に当てはまります。

マネージメントは、Tiの日常的な使用を許可することもできます。

先に論じたように、STPにとっては、新しい課題や経験を含めた仕事の豊富なバリエーションを楽しむことも重要です。

理想的には、これらは論理(Ti)とその感覚(Se)を刺激するでしょう。

ビジネスが多様性のニーズを満たす方法の1つは、セールスを通してです。

通常、これには販売、販促、および顧客へのサービスの提供が含まれます。

一般的に、この外向的仕事のタイプはおそらくESTPには適していますが、ISTPにはあまり適していません。

ISTPが営業担当者として適切であると証明されたとしても、とりわけ内向的なタイプの仕事によって相殺されていない場合、ISTPがエネルギーを消費する可能性があります。

ISTPは実際に営業担当者として満足せず、他の人に管理される気もないため、多くの人がマネージメントに手を伸ばすでしょう。

残念なことに、ほとんどのISTPは、他人のマネージメントに本当に興味がなく、熟練していません。

Tiタイプのように、彼女らは本当に自分自身をマネージングしたいだけです。

このため、企業の世界(corporate world)では不快感を感じる傾向があります。

セールス以外では、彼女らはSeにとっての十分な刺激を見つけるのが難しいかもしれません。

経営(マネージメント)以外では、Tiは過小評価されるかもしれません。

したがって、キャリアの満足度を最大限にしようとしているISTPは、企業の道(corporate path)を進むでしょう。

多くの人は、自分の中小企業の立ち上げとマネージングを行う方が良いでしょう。

それらは新規性(Se)の一貫した機会を提供し、彼女らのビジネス方法と戦略(Ti)を改善することができます。

ESTPは、ISTPよりもマネージメントされるのに多少なりとも適しています。

彼女らはまた、セールスとマーケティングの世界でより自然に適合することができます。

さらに、外向型として、彼女らはISTPよりも(必ずしも優れた戦略家ではありませんが)人々のより良い管理者(マネージャー)になる傾向があります。

したがって、ESTPは、企業生活の中で落ち着きを感じる傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です