認知機能

ユングの輝かしいタイプの考え方を反映して、深い洞察力のパーフェクトストームの中ですべてが彼に去来したと想像するのは魅力的です。 しかし現実には、ユングの枠組みは瞬間的な啓示ではなく、徐々に明らかになり、時間とともに磨かれました。 当初、ユン ...

認知機能

この記事では、tertiary functionを特定する簡単な方法を説明し、それをどのように使用するのか(また他の方法についても)理解できるようにします。 ISTP and ISFP – Tertiary 内向的直観 (Ni) ISXPは ...

認知機能

パーソナリティコミュニティでは、機能について最も話されないものの1つがtertiary function(第三機能)です。 これに関しては多くの理論があります。 一つは、tertiary functionの方向性(内向性/外向性)について多 ...

認知機能

知覚(P)と判断(J)の2つの機能は、2つのタイプ(それぞれS/N またはT/F)と2つの方向性(I/E)を持ち、それは8つの認知機能に帰します。 知覚(Perceiving) 知覚機能は情報を収集するために使用されます。 知覚機能には、感 ...

認知機能

Judgment(判断)とPerception(知覚) 私たちの意識は、反対のプロセス間のこの決して解決しない緊張のために、静的ではなく、継続的です。 この緊張が解消すると、意識のアルゴリズムは中止されますが、解決されないままになると、精神 ...

認知機能

ユングによると、感覚、直観、思考、感情は内向き(「内向型」)と外向き(「外向型」)に向けられることができます。 内向型の場合、これらの機能の大部分は隠され、他人には観察できません。 外向型の場合、これらの機能は外側から容易に観察できます。 ...

認知機能

16のパーソナリティタイプがあります。 各「タイプ」は、8つのプロセス(機能)が日常生活でどのように使用されているかを予測する固有のパターンです。 プロセスの役割 16種類のタイプのそれぞれにおいて、8つのプロセスそれぞれは、パーソナリティ ...

認知機能

歴史 1920年代には、科学者や哲学者によってパーソナリティタイプの考えが探究されていました。 スイスの精神科医、カール・ユングはその間に「Psychological Types(心理学的類型論)」を書いており、この中で現在では世界で最も広 ...