識別力 – 明晰さと内なる平和

未分類

機能不全の世界の中で明晰さと内なる平和を高め、自身の状態をより正確に評価するためには、識別力(Discernment)を発達させる必要があります。

これには否定的な自我行動を回避し、観察者としての認識を保つ練習をするなどのガイドラインが必要かもしれません。

 
観察者としての認識は、死の文化(ニヒリズムの世界)の中で「認識」のメカニズムを悪用する欺瞞行動と反生命の力の狂気を克服するのに役立ちます。

それは激化する心理戦、プロパガンダ、偽情報が世界に溢れている時代に、個人の識別と真実の探求の重要性を理解するための重要なツールになります。

 
定期的な精神修行を通して自身の中心との内なる繋がりを見つけ、状況のエネルギーの絶妙さに注意を払い、より高い直感的な感覚を利用するときに、強い識別力がもたらされます。

 
ほとんどの人は、識別力の強力なスキルが精神の知的領域(intellectual areas of the mind)に基づいていないことに気付いていないかもしれません。

識別力のスキルは、より高い感覚知覚の直感的な能力を必要とする、実質的な精神的中心(solid spiritual core)に関係します。

細胞の認識(Cellular Knowing)は強力な識別スキルに関連しており、それは魂の統合と精神的な身体機能の結果です。

 
私たちが心・魂・精神から離れているとき、内面の一貫性の欠如や感情的苦しみにあると、識別力が非常に低くなります。

自我意識で現実を知覚するこの状態において識別力を見つけようとしても、簡単に自我判断に陥ります。

識別と判断は同じではありませんが、2つの間の微妙な違いは、ほとんどの人にとって理解されていません。

献身的な精神的探求者にとっての識別力は、個人的な快適さよりも真理の追求に専念するためのものであり、それは真の識別力の性質です。

 
自我領域に制限のある状態から強い識別力を得るのは不可能です。

強い識別力は、精神的具体化(spiritual embodiment)とより高い意識レベルから直接得られます。

自我意識(Ego Mind)

自我意識は、識別力を希望的観測や確証バイアスと混同する傾向があります。

これらは、潜在意識による自我防衛機制であり、あなたが個人的な信念体系として開発したものを気分を良く感じるように設計されています。

私たちは皆、現実を理解するためにある種の信念体系を形成しています。

識別力には、人生の経験と真実を求める観察によって洞察を発展させる長いプロセスが含まれますが、その知識を自身の心の中心的な共鳴に統合して検証します。

 
たとえ真実が感情的に苦痛であっても、真実を求めて知ることを厭わない必要があります。

識別力は、今まで保持していた信念体系が正確ではなかったという認識に目覚めたとき、それを手放さなければならないことを要求します。

また自分の信念体系を変えるために何をするべきか学ばなければならないことを意味します。

強い識別力を得るには、あなたが自己欺瞞になり、世界に対する不正確な評価をどのように開発したかを理解するために時間を遡り調査することを伴います。

信念または認識(Beliefs Or Perceptions)

あなたは今まで家族、友人、同僚からどのような信念や認識を継承しましたか?

真実と答えを求めるとき、あなたはこの瞬間に何がより正しいかを学び、意識の成長と学習プロセス全体に対する理解を見つけます。

真の知識にアクセスすることに近づくほど、意識的な認識に蓄積できる真実が増えます。

これは私たちが過去、現在のマスターエネルギーをよりよく理解するのを助けます、そしてこれは将来の精神的な目的を実現するためのより高い可能性に導きます。

 
外の世界の欺瞞への信念は私たちの自我意識に自己欺瞞を重ね合わせます。

信念体系を曇らせる外側の欺瞞を取り除くか修正するまで、私たちは自身の内なる真実と中心的自己を通して自身を正確に知ることができません。

欺瞞は真実ではありません。

他者がそれを真実であると信じているかは関係ありません。

 
自身の内なる精神に繋がるとき、私たちの精神はより多くの真実を理解するように導きます。

時間が経つにつれて、私たちは人生の経験を通して真実を収集します。

そして、より多くの知識と知恵を蓄積するために自身の心の共鳴を通してそれを検証します。

 
外側の経験や状況を自身の心の共鳴に近づけると、強く正確な識別が起こります。

私たちが精神的につながっているとき、私たちの心の共鳴は、明確な一貫性の振動と共鳴する印象、または不一致の振動と共鳴しない印象を与えます。

真実は自然な流れのゆるやかさに一致する一貫的な振動を保持しますが、欺瞞は闘争や混沌のように感じる非一貫的な振動です。

 
課題は、多くの永続的な嘘つきが時々真実を語ることを理解することです。

その状況で識別を得る私たちのプロセスはさらに複雑になります。

白黒はありません、欺瞞は情報を伝えることにおいて多次元の深さを持っています。

個人的な意思決定プロセスを明確にするために、これらの複雑さの中で質問が必要です。

信念体系

他人を欺く動機は何?

他人を欺くための信念体系を形成した認識は何?

その動機と信念体系に基づいてどのような行動が取られ、どうやって嘘つきになったの?

 
一部の人々は実際に嘘をついて相手を騙し、しかし自身が嘘をついていることに気づいていません。

なぜなら、その情報が実際に真実であるかどうかを尋ねることなく、他者から学んだことを繰り返すだけだからです。

これは、潜在意識の衝動に追いやられ、基本的な欲求によってコントロールされる、発達した自己認識のない人を定義します。

これらの人には内的識別力はありません。

 
エネルギーとしての欺瞞は、発達した真実探求者にとって決して良いものに感じられません。

欺瞞自体は私たちの体の中に登録され、ネガティブで抑圧的で、操作的で、一貫性がなく、自然の流れと一致していません。

これは、正しいと感じない何か、多分自身にとって良くない何かが起こっていることを告げる直観です – 注意してください!

 
常習性の欺瞞の問題を抱える人に注意しましょう、こういった人は自我の信念体系を強化する欺瞞から喜びを得ており、嘘を良いエネルギーとして受け入れるように条件付けされています。

多くの人々は、欺瞞を真実として受け入れるようにマインドコントロールされており、醜い真実を知るよりも心地よい嘘を聞きたいと思っています。

 
識別の鍵は、自我の信念体系から脱し、観察者の意識を保持する方法を学び、対象が良いか悪いかを判断することなく、ありのままに深く焦点を当てることです。

絶妙な印象を受け取り、知的理由を使わず、身体にエネルギーのサインを感じながら、対象をそのままにしておきましょう。

そうすることで、焦点を合わせているもの対して感情的な愛着は発生しません。

開発された観察者の認識を通して、物事をそのままに、より明確に見ることができます。

恐れ

恐れが私たちの識別力を曇らせることを忘れないでください。

私たちが恐怖を感じているとき、それは私たちの脳と神経学的メッセージを混乱させ、内なる精神的な羅針盤を混乱させます。

私たち全員が精神的なガイダンスシステムである内なる羅針盤を持っています。

それは私たちを安全に導き、私たちがそれを聞くことができれば、それは常に最良の選択となるでしょう。

識別力

自我による判断を使用せずに、関わる人々、出来事、状況に対して個人的な共鳴をテストし、その瞬間にあなたの個人的な共鳴に一致するか、一致しないかを判断しましょう。

判断の答えに正誤はありません。個人的な共鳴と選択だけです。

その答えは、いつ質問するか、どのような識別力が養われているかに応じて、今後さまざまなタイムラインで継続的に変化する可能性があります。

 
個人的な識別力を学ぶことは、私たちの精神的な道を実現するために何が有益で支援的であるかを発見するために必要な境界を構築します。

強い識別力は、継続的な生産的な成長と、私たちの個人的エネルギーと集中的な注意の効果的使用を可能にします。

私たちの個人的な境界を守り、私たちがエネルギーと注意を集中するすべてのものに識別力を適用することによって、私たちの意識と生命の力をより効果的に管理できるようになります。

Posted by melancoly