感情型(F)vs. 思考型(T)

未分類

おそらく、すべての2分法の中で最も誤解されていることの1つである感情型と思考型は、しばしば、異なる判断の場からお互いを見ており、問題の2つの側面です。

それは確かにそのとおりです。

それは、私たちが思考と感情を使用して、何かの価値を判断したり決定したりするものです。

全ての思考型には感情があり、全ての感情型は思考します。

あなたがもし思考型であれば感情型より合理的であるということを意味するものではなく、感情型であればhigh E.Q. club.への自動入場を意味するのではありません。

 
思考型と感情型の違いは次のとおりです。

 
思考型は、非個人的な指標を使用して、客体、アイデア、または状況の価値を判断します。

感情型は、客体、アイデア、または状況の価値を判断する際に、個人的、人間ベースの指標を使用します。

 
思考型と感情型の双方は、価値判断をするとき分析的、大脳的プロセスを使用して結論に至ります。

思考型は分析の独占権を持っていません。

同時に、思考型と感情型の双方は、基準として使用する価値観を決定する際に感情に基づく考察を使用します。

 
思考型にとって、決定の背後に「非人間的な測定基準は自身が愛しているものである」という感情があります。

これは、人々が正確で効果的で真実的なものを無視すると、彼女らがどのように挫折し、動揺し、時にはひどく怒るようになるかによって明らかになります。

彼女らの測定基準が支持されなければ、思考型にはかなりの感情的な犠牲を払わせる場合があります。

 
一方、感情型は正しいと思っているものを維持するために自身の感情を無視することがあります。

社会的な考慮事項(社会的配慮)は、通常、その価値観の点で高く評価されています。

そして、感情型にとっては、厄介な状況で調和を保つために自分の気持ちを脇に置くのは珍しいことではありません。

思考型は自分の考え方のデータや指標をはるかに多くに持ち、したがって、感情が高ぶることが存在しない職業、人間関係やその他の状況において、より安らぎを感じることは理にかなっています。

感情型は同様に、人々・人間に対する関心を彼女らのレーダーで感知し、感情や体験の表出することに、より安らぎを感じるでしょう。

 
感情型と思考型の割合はおよそ50%:50%です。

Posted by melancoly