INFPの10の矛盾

INFP

INFPのパーソナリティタイプは、歩くパラドックス(矛盾)のように感じられるでしょう。

それはなぜでしょう?

それは、INFPの認知機能がしばしば互いに矛盾するからです。

例えば、INFPは(彼女らが適応可能なライフスタイルを好むという意味の)知覚型であるにもかかわらず、判断機能である内向的感情(秩序の確立に関係する)を最も好むからです。

同様に、INFPが強い信念と意思を持っていますが、日々の選択を行う上で決して決定的ではないことは珍しくありません。

ここにINFPに関する10の矛盾する事柄があります。

1.INFPは、他人を助けたいが、人との関わりに抵抗する

INFPは、世界をより良く、思いやりのある場所にしたいと思う真のの理想主義者です。

彼女らは、深いケアをする能力を持つ、非常に感情的な人です。

彼女らは他の人を助けることに非常に関心がありますが、非常に控えめで個人的でもあります。

内向型として、社会的な関わりでエネルギーを消費するため、充電するために多くの時間を必要とします。

2.好奇心があり恥ずかしがり屋

INFPには強力な外向的直観(Exroverted Intuition)(Ne)があり、新しいアイデアや可能性を探求して楽しむことができます。

彼女らは、人間の本質や異なる文化について学ぶことを含めて、世界について学ぶことに関しては非常に興味があります。

しかし、同時に、彼女らは恥ずかしがりやで、彼女らが慣れていない人々に自分自身を開示することを躊躇するでしょう。

これは、INFPが良心的であり、熟考する時間が必要であり、浅い会話に従事したくないからです。

彼女らは機会を非常に個人的なものにし、非常に敏感ですので、誰に対しても自分の生活に入ることに注意することがあります。

3.決然であり無関心・冷淡

INFPはON/OFFスイッチで動作するようです。

彼女らは何かに非常に執着しているか、まったく無関心である場合があります。

これは、Fiが主要機能であるため、正しいと感じることによって動機づけられるからです。
だから、INFPが興奮させるものに遭遇すると、彼女らは非常に情熱的になり、探求の中で睡眠などの基本的な欲求を無視することさえあるでしょう。

逆に、INFPが関心を呼び起こさない場合、タスクを完了したり、議論に参加する動機を見つけることは非常に困難です。

4.穏やかであり頑固

INFPは、一般的に、日常の意思決定を行う上で、穏やかで柔軟性があります。

彼女らはまた、彼女らのauxiliary functionである外向的直観(Ne)のおかげで、さまざまなアイデアや可能性を楽しみたいと思っていますし、多くの視点から物事を見ることができます。

しかし、INFPは内向的感情(Fi)のために強い個人的価値感を持ち、妥協することに抵抗しています。

彼女らは自分の立場を固守し、逆境に直面しても簡単に降伏しません。

例えば、INFPは自分自身に対して誠実であるべきと信じているので、彼女らは順応し、徒党の一部になり、他人を喜ばせるために、自分の個性と価値観を放棄することに抵抗します。

彼女らは丸い穴の中で四角いペグになることを選んだことでいじめを受けるかもしれませんが、彼女らにそれ以外の方法はありません。

5.完璧主義者であり怠慢・無頓着

INFPは、自分自身とその仕事のための高い基準を持っており、完璧主義者になるでしょう。

たとえば、送信を開始する前に何回も電子メールを再読するかもしれません。

同時に、直観タイプのように、INFPは何かの詳細を明らかにするために時間を費やすのではなく、全体像に集中することを好みます。

同様に、時には彼女らは自分の理想主義の中で迷子になり、より実践的なことを無視します。

6.型にはまらず奇抜であるが、伝統的でもある

INFPは、現状から解放された非常に個人主義的な人々です。

彼女らは、社会が期待していることを実行するのではなく、自身の独自な道を選択します。

同時に、INFPは強い価値観と懐かしい感覚のために伝統的なものとなりえます。

彼女らは非常に誠実・忠実であり、正しいことと悪いことについて明確な信念を持っています。

彼女らはまた、彼女らの内向的感覚(Si)のために過去から物事に意味を付けているので、INFPが子供の頃のおもちゃ、貴重なコレクション、または家族記念品を保持することは珍しいことではありません。

7.INFPは自律的かつ自由でありたいが、安定性と秩序も持っている。

INFPは自律性を重視し、障害なく自由に行動することを好みます。

彼女らは反復的な仕事や厳しい命令に負担をかけることなく、創造的で表現力豊かで新しいものを探求することが好きです。

しかし同時に、彼女らのinferior function(第四機能)である外向的思考(Te)に引き寄せられ、生活の中である種の安定性と構造化を望んでいます。

そうしないと、少し混沌とするかもしれません。

INFPは、彼女らの想像力によって心を奪われているとき、彼女らの人生はかなり乱れているかもしれません。

彼女らは現実的になるために何かを必要とします。

8.彼女らは同時に幸せと悲しみを感じる。

INFPは深く感情を感じ、幅広い感情を経験します。

彼女らは想像力を通して経験や感情を鮮明に再現することができます。

彼女らは、楽しさと憂鬱の両方を感じるなど、同時にいくつかの感情を経験するかもしれません。

9.INFPは理想的なパートナーを求めているが、それ自体が有害な関係に陥ることがある。

関係について、INFPは2つのトラップの1つに落ちるかもしれません

彼女らは自身のお姫様や王子様が魅力的であることを見つけるのに苦労したり、有害な関係に終わったりします。

彼女らは非常に理想主義的なので、INFPはデートとなると非現実的な期待を持っているかもしれません。

同時に、彼女らは他人を救いたい十字軍です。

そうすることで、INFPは、ナルシシストや無条件の共感を利用する他の有害な人を引き寄せ、不健康な関係に終わることがあります。

10.子供であり、大人びている

INFPは楽観的な傾向があり、バラ色の眼鏡で人生を見ることができるため、子供のように見えることがあります。

彼女らの風変わりで自由自在な性質にもかかわらず、INFPは大人びてもいます。

彼女らは感情を強く経験し、高い共感を持ち、与えられた状況で多くの可能性を見ることができます。

これらの才能には信じられないほどの洞察力、深み、そして知恵があります。

Posted by melancoly