LBP理論④:領域・目的・専門性

未分類

各タイプの個性・専門性は、領域(スコープ)と目的の2つから成ります。

領域とは、各タイプが無意識のうちに全ての情報を適用する視野です。

 
他のことを考える必要がないとき、あなたの心はどこに行きますか?

領域(スコープ)

各タイプの最初の認知ステップはそのタイプにとって最も重要であり、そのタイプの専門性に密接に関連している情報の種類です。

情報の種類は「情報■と行動□」「特定●と普遍○」の2つの二分法によります。

①データと詳細
質問をして結論を出すために状況情報を分析する。
IPが優先する情報
②原則と傾向
普遍的な傾向を理解するために、世界全体に対する理解をまとめる(コンパイルする)。
IJが優先する情報
③行動と結果
意思決定し計画を立てるために、行動の結果を見る。
EJが優先する情報
④観察と動機
人に対する性質的判断を下し可能性を探求するために、個人を全体として観察する。
EPが優先する情報

 
各タイプの領域は情報の種類と同じく、変数のペア「理論と特定」「集合と個人」を中心にしています。

理論(I) × 個人(P)

・最もズームイン視点

・特定の状況を探索する

・データと詳細から結論を出す

理論(I) × 集合(J)

・最もズームアウト視点

・世界全体の方向性

・行動の背後にある普遍的理由

特定(E) × 集合(J)

・特定のグループの方向性

・共通の目的に焦点

・選択肢の結果

特定(E) × 個人(P)

・人々全体の探索

・共通の属性を持つ人々に焦点

・性質の背後にある動機

 
内向的タイプは理論上の人々に焦点を当て、外向的タイプは特定の人々に焦点を当てます。

内向的タイプは頭の中で情報を扱うことに多くの時間を費やし、まず情報が人々一般にどのように適用されるかについて考えます。

外向的タイプは目の前の人々から情報を入手することに多くの時間を費やし、まず自身の持っている情報が特定の個人とどのよう相互作用するかを考えます。

 
内向的タイプは最初に理論的に人々に物事を適用し、外向的タイプは最初に自身が交流した特定の人々に物事を適用します。

集合(J) vs 個人(P)

判断タイプ(J)は判断・計画・世界観に重点を置き、「行動」の方向性に焦点を合わせます。(行動を地図と考えます。)

意思決定における計画と普遍的な原則(=判断)にフォーカスするということは、事前に計画を立てるために、人々の集合的な行動を見て、人々と世界がどのように働くかを事前に理解する必要があることを意味します。

判断タイプが集合体の決定を見るとき、彼女らはその集合体の目的地に関心を寄せます。

  
知覚タイプ(P)は可能性・観察・情報収集に重点を置き、行動の探求に焦点を合わせます。(行動をツールボックスと考えます。)

考えられるすべての選択肢を探求すること(=知覚)に焦点を当てているため、信頼できる情報源が必要であり、したがって個人の動機を理解する必要があります。

知覚タイプが個人の動機を理解するようになるにつれて、その個人を探求し、その人のニーズを満たすことに関心を持つようになります。

 
2つの変数の4つの組み合わせにより、4つの領域が作成されます。

IJ、EJ、EP、IP

IJは「原則」と「宇宙の働きの背後にある根本的な原因」に焦点を当てており、世界全体の方向性・文化などに関心を持ちます。

すべてのタイプの中で最もズームアウト視点を持ち、世界の向かう先や、その理由の全体像に焦点を当てます。

 
EJは「行動」「選択の結果」に焦点を当てており、共通の目的と指示によって自身と団結した特定のグループの方向性に関心を持ちます。

EJは2番目にズームアウトされた視点を持つタイプです

多くの特定の個人の集合的な結果に焦点を当てますが、特定の行動に重点を置くと、よりズームイン視点を持つ傾向があります。

 
EPは「観察」「人の性質の背後にある動機」に焦点を当てており、自身や特定の個人の探索に関心を持ちます。

EPは2番目にズームインされた視点を持つタイプです。

特定の個人に焦点を合わせますが、普遍的な行動に重点を置くとよりズームアウト視点を持つ傾向があります。

 
IPは「データと詳細」およびそれらが導く結論に焦点を当てており、状況の調査と、それらの詳細に基づいた特定のシナリオにおいて理論上の個人の選択に関心を持ちます。

IPはすべてのタイプの中で最もズームイン視点を持ち、特定の専門的な情報を深く掘り下げることに焦点を当てます。

目的

目的は、各タイプがその領域で達成しようとすることです。

目的はタイプの4文字の中央の2文字によって定義できます。

パズルピース(S) vs ワールドネット(N)

感覚タイプ(S)は世界をパズルのピースと考えます。

彼女らは一度に1つの情報を調べ、各情報は全体における独自の場所を持ち、そこにはめ込めることができます。

 
直観タイプ(N)は世界をワールドネットまたはウェブと考えます。

各情報はパターンを介して相互に接続されており、他のすべての情報との関連で表示される必要があります。

 
同じ原則が、各タイプが目的に焦点を当てる方法にも当てはまります。

 
感覚タイプは領域が既に提供している本質的な価値に焦点を合わせます。

彼女らの目的は自身の領域に既にあるものを最大限に活用することであり、自身の領域を変更しないことを好みます。

しかし、健全な感覚タイプは領域における好きなものすべてを評価して利用するために、領域の悪い部分を変更する必要があることを認識します。

 
直観タイプは領域の価値を他の情報の価値と結び付け、領域の価値がどのように増加するかに焦点を当てます。

彼女らの目的は、領域を変更する方法を確認して領域の可能性を最大限に活用することです。

しかし、健全な直観タイプは領域を最大限に活用するために、良い部分を変更するのではなく既に存在するものを理解する必要があることに気付くでしょう。

有用性(T) vs 意味(F)

思考タイプ(T)は最初に情報の有用性にフォーカスし、それは自身の領域における目的についても例外ではありません。

思考タイプは領域から最大限の有用性を得ることを優先し、そこに大きな喜びを見つけます。

 
感情タイプ(F)はまず、領域の目的を含む情報の意味に焦点を合わせます。

感情タイプは領域の意味を完全に理解することを優先し、そこに大きな喜びを見つけます。

ST,SF,NT,NF

これら2つの変数を組み合わせると、4つの目的が得られます。

ST

STは最も気にかけるパズルピースの有用性にフォーカスします。

彼女らの目的は、領域を現在の状態において最大限に活用し、領域がすでに使用されている状態で繁栄できる、保護された環境を提供することです。

彼女らの目的は領域が持つ固有の本質的な価値(有用性)を見つけることです。

 
STは経験の有用性にフォーカスしているため、領域の過去に焦点を合わせる傾向があります。

彼女らは過去から最も多くの情報を収集します。

実際、「過去」の経験からしか有用性を学ぶことができないからです。

したがって、彼女らは領域の過去をとても保護し、可能な限り人々にとって有用であることを望みます。

 
彼女らは正誤(right and wrong)の観点から考える傾向があります。

SF

SFは領域の最も気にかけるパズルのピースの意味にフォーカスします。

彼女らの目的は、領域の意味を理解して楽しむことと、その意味が失われる前に保護し自身や他者がそのまま意味を体験できるようにすることです。

 
SFは経験の意味にフォーカスしているので、領域の現在に焦点を合わせる傾向があります。

経験の完全な意味を把握できるのは実際にそれを経験している間であり、SFはその現在の経験から可能な限り多くを得ようとします。

彼女らは領域の現在の瞬間に焦点を合わせますが、健全なSFは経験を単なる1フレームよりもはるかに意味のあるものにします。

 
彼女らは喜びと痛み(pleasure and pain)の観点から考える傾向があります。

NT

NTは領域の有用性が他のすべての物事の有用性とどのように関連するかにフォーカスします。

彼女らの目的は自身の領域の有用性を最大化する方法を見つけ、また必要に応じて領域を変更することです。

彼女らは領域の新しい用途を見つけるのが大好きです。

 
NTは概念の有用性にフォーカスしているので、領域の将来に焦点を合わせ、領域を「新しくして改善する」方法を概念的に検討し、可能性に向かって進むことで領域の有用性を高めます。

彼女らは直観を使用して領域が他のすべてに接続する方法の文脈を確認し、不足していているものを調べます。

 
彼女ら真偽(truth and error)の観点から考える傾向があります。

NF

NFは領域の意味が他のすべての物事の意味とどのように関連するかにフォーカスします。

彼女らの目的は領域の完全な重要性と意味を理解し、必要に応じて領域を変更し、それがさらに多くの意味を達成するのを助けることです。

NFは概念の意味にフォーカスしているので、時間全体の中で領域に焦点を合わせる傾向があります。(時間を超越した観点を持ちます。)

 
「文脈」はNFの重要ワードであり、領域がすべての全体像にどのように適合するかを調べ、その文脈内での領域の重要性を確認します。

 
彼女らは正義と慈悲(justice and mercy)の観点から考える傾向があります。

 
 
4つの領域と4つの目的を組み合わせると、16タイプの専門性を表すことができます。

ISTJ

世界(IJ) × 価値(ST)

ISTJは世界の現状と現在の価値に焦点を当て、自身が大切にしている「原則」への脅威を常に警戒しています。

ISTJはストイックな外観の背後で、自身の世界と文化を保護することに情熱を注いでおり、忘れてはならない物事を常に認識しています。

彼女らの最後の認知ステップは人の性質の「観察」であり、自身が理解していない人々が愛する世界を破壊することを恐れます。

 
しかし、自身の世界の変化すべき部分を認めなければ、自身が深く保持する原則に反する現状を保護してしまい、自身が守ると誓った世界の価値を傷つけることになります。

INTJ

世界(IJ) × 潜在性(NT)

INTJは概念的原則への愛情と、「行動」の有用性についての理解の両方を備えており、その潜在能力を最大限に発揮して世界を改善する能力を持ちます。

精度と信念ある冷静さを持ち、彼女らは世界全体がどうなるかというビジョンとそこに到達するための計画を持っています。

 
しかし、想像する範囲に世界が到達するのを助けるには、通常、世界と人々がより良い方向に変化する必要があります。

INTJが世界の病を克服することを追求している間、目の前にいる特定の集団が自身が想像する理論上の集団と相違すると思った場合に、世界と人々の状態を破壊してしまわないように注意する必要があります。

ISFJ

世界(IJ) × 経験(SF)

ISFJは世界の経験を安全に保つための「原則」に専心しており、世界の現状の意味の保護者です。

彼女らは信頼性を信条とし、自身が集団の柱となることの意味を重視します。

ISFJは世界のありのままを楽しみ、険しい地上で世界に奉仕し育むことに大きな喜びを感じます。

 
しかし、ISFJは人々の性質の判断が苦手であるため、世界とそれを保護する人々が自身の意図に従うことを確かとするために、自身が提唱する原則に目を向ける必要があります。

INFJ

世界(IJ) × 意味(NF)

INFJは文脈と意味の適用が全てです。

普遍的な原則と、原則が世界全体にどのように適用されるかについての素晴らしい理解により、彼女らは原則を「有用」にし、それらを行動に反映させ、日常の状況に適用し、物事の「なぜ」の核心に切り込むのに優れます

彼女らは世界中の意味を用い、それを使って現実の決定を下し、世界を「意味を持つ理想」に近づけます。

 
他のIJと同様に彼女らは個人の意図を理解するのに苦慮します。

誰かが原則を破ったり支持したりすることを、その人の性質そのものと同一視すべきでないことを覚えておく必要があります。

また、周囲から目立つことへの恐れや、ありのままの自分を好かれたいという願望は、自分のより良い判断を疑わせ、他人の欠陥を認識できなくする可能性があります。

ESTJ

グループ(EJ) × 価値(ST)

ESTJは同じ目標を持つグループを保護し、そのメンバーが目標を実現できるようにし、実行と成功を専門としています。

彼女らはグループの本質的な価値の現実的な使用に対する行、動と結果の有用性を理解するのに優れます。

彼女らはすでに目の前にあるグループを使用し、人々を最大限に活用することに焦点を当てます。

 
彼女らの目的はグループのメンバーを保護し制限を解き、自分の役割を果たすことができるようにすることです。

グループが輝き、時計仕掛けのように機能するのを助けます。

 
しかし、ESTJの4番目のステップは「詳細」がであるため、状況の複雑さを完全に理解する前に行動に移らないようにする必要があります。

また、他者の行動における能力を誤って判断しないように注意すべきです。

ENTJ

グループ(EJ) × 潜在性(NT)

ENTJは自身のグループの可能性に焦点を当て、その目的に情熱を注ぐリクルーターであり、志を同じくするチームの将来の潜在性を見て、それを実現することができます。

彼女らは他者を行動に駆り立て、主義と目的が非常に重要である理由を示す強力な能力を持っています。

なぜなら、機会があればグループが世界をより良く変えるために何ができるかを理解しているからです。

ENTJがチームの将来の成功を追求する主な方法の1つは、敵対するチームとの戦いに突入し、即座にチームの理想を守る準備をして、恐れることなく、戦いを楽しみにさえすることです。

しかし、ENTJは状況の詳細について過度に単純化しないように注意すべきです。

彼女らの最後のステップは「データと詳細」であり、ENTJは状況の複雑さを考慮せずに議論を構築し、機会が与えられた場合に自身の味方になるかもしれない人々を遠ざけてしまいます。

情熱は良いものでENTJの最大の資産の1つですが、複雑さがなければ最大の負債の1つになる可能性があります。

ESFJ

グループ(EJ) × 経験(SF)

社会的リーダーであるESFJはグループの経験を愛し、それを向上させるのが大好きです。

彼女らはパーティーでの振る舞いの見本として、輝く白い馬に乗って突撃するのが大好きで、後を追う人々を励まします。

現在のグループとの一体感を愛し、社会意識の理解と指導に優れ、人々は楽しく魅力的なESFJの指導に従うことが大好きです。

 
しかし、グループとの関係が彼女らにとって非常に重要であるため、ESFJは人々と一緒に引っ張られるのではなく、現実的であり、社会的期待を意味のある方向に導くのを助けることを忘れないでください。

ESFJの人気を博したりグループに溶け込みたいという願望が、グループやそのメンバーへの愛情を超えてしまうと、楽しみたいと思っている人々を傷つけてしまう可能性があります。

ENFJ

グループ(EJ) × 意味(NF)

行動の意味と、自身のグループがすべての時間の文脈にどのように適合するかに焦点を当てます。

ENFJは過去と、人々が何をし、どのような出来事が起こったかという包括的な意味の両方に目を向ける時間を超えた性質を持ちますが、同時にその瞬間に生き、行動します。

彼女らは自身のグループとのつながりのために生きています。

グループとは自身と共通の意味や理解で繋がっている人であり、仲間の勝利と敗北は自身の喜びと苦難と見分けがつきません。

 
しかし、自身の共感が最大の強みであるとしても、グループメンバーのどちらかを選ばなくてはいけない場合、自身を2つに引き裂くようなものであるため、ジレンマの危険にさらされる可能性もあります。

彼女らが友人についての詳細や状況を無視するならば、一方のみの意味を保護するためにグループ全体の意味を減じることになりかねません。

ESTP

個々人(EP) × 価値(ST)

ESTPは個人主義の擁護者であり、自分を含む個人のありのままの価値を探求することを愛します。

彼女らの目標は自身がすでに持っているものでどれだけのことができるか、自分らしさを全く失うことなくどれだけ素晴らしくなれるかを見ることです。

彼女らは自分の本質を知り、自己を楽しむための反響板として全世界を使用するのが大好きで、他者にも同じことをして楽しむように教えることを愛します。

ESTPが楽しむことはまったく問題はありませんが、自分らしさを維持するという健全な性質が、4番目にステップである自身の「行動」に関する頑なさに変わらないことを確かとすべきです。

気に入らない自分の部分を変えても構わないと思うのであれば、自分らしさの核心を保つことは可能です。

ENTP

個々人(EP) × 潜在性(NT)

ENTPは予測不可能的に、機能することを実行します。

彼女らはルールを無視し直観に従うことで、「観察」によって集積したツールを可能性のある新しい異常な状況に適用・適応させることに優れます。

個人の可能性に焦点を当て、人としての自分ができることの限界を探求し、押し上げ、他者にも同じことをするように促します。

ENTPは人々と自身の動機を観察し、自身の性質を見て、理解し、変化させて、自分がなりたいと思っている人物になるのに優れます。

 
しかし、ENTPは最後の認知ステップが「行動」であるため、誤った行動が引き起こす可能性のあるダメージを軽んじないように注意する必要があります。

自分の過ちが他人に与える影響を「気にしない」ENTPは、もはや善意を持っているとはいえません。

ESFP

個々人(EP) × 経験(SF)

ESFPは、個人の経験を担当し、自分自身を含む各人が自分らしさを最大限に楽しむことができるようにします。

彼女らは人々の現状を愛し楽しむことに焦点を当てており、人々に自分が重要であると感じさせ、また人々が「今」どのように感じているかが重要であることを理解しています。

 
ESFPの最大の恐れは、誰にも永続的な影響を与えることは決してできないということです。

そのため、多くの場合、困難に相対せず、その瞬間に個人を喜ばせるためにもっと必死になるかもしれません。

ESFPは他者を幸せにするための行動を選択するために最善を尽くすかもしれませんが、長期的に誰かを「幸せ」にするために、短期的には誰かを不幸にする必要があることを認識する必要があります。

ENFP

個々人(EP) × 意味(NF)

ENFPは個人の文脈とその「意味」を理解することを専門としています。

彼らは、個々の人々の性質と可能性という、時間を超えた本質的な重要性を理解しています。

そしてそ人々の意味を探求するのが大好きで、それを他の人と共有します。

彼女らはまた、個人が世界で達成できる意味を支援することで輝きます。

しかし、彼女らの主な焦点は自身の意味から始まり、彼女ら自身の意味を擁護しないように注意する必要があります。(特にEPとして自意識過剰になりやすい「③行動」に関して)

他者に価値がないと感じさせたり、自分に意味と重要性を持たせるためにENFPと競争しなければならないように感じさせたりしないように注意しましょう。

ISTP

状況(IP) × 価値(ST)

ISTPは習熟の達人で、専門の専門家です。

彼女らは目前の状況を最大限に活用することに集中し、苦労して得たスキルに焦点を当て、フルスロットルで何かに恋をすし、完全にそれに没頭し、自身の体と心を精密機械の様に使用します。

彼女らは、与えられた瞬間に何ができるかを探求するために、状況における限界に挑戦するのが大好きです。

 
STとIPの性質により過去の経験を最大限に活用することに焦点を当てており、過去の状況をどのように使用するかが彼女らにとって非常に重要であるため、ISTPは安易に「可能な限りすべての種類の経験をした」と主張しないように注意しましょう。

ISTPの最後の認知ステップは「原則」であるため、彼女らは宇宙がどれほど普遍的であるかを完全に理解するのに苦労するかもしれません。

しかし、これはISTPにとって良いニュースです。

それは、彼女らの非常に特別な専門性を使用するための新しい冒険と新しい方法が常にあることを意味します。

INTP

状況(IP) × 潜在性(NT)

INTPはあらゆる瞬間を最大限に活用するための新しい方法を見つけ、モード、方法、システム、アイデア、可能性に喜びを見いだすことを目的としており、本質的に潜在性の領域の探検家です。

彼女らは自分の精神を使って自分で世界を探索し、抽象的な思考を使って問題の解決策を見つけ、データと詳細のニュアンスを理解し、それぞれの状況を可能な限り効果的に使用するために革新するのが大好きです。

INTPは精神的な専門性への愛情と、自身が無価値になることの恐れを持ちますが、すべてを専門にする必要はないということを覚えておく必要があります。

他者の強みを必要としても、自身の強みが減じられるわけではありません。

 
特に、特定の「データ」がすべての状況に一方的に適用されるわけではないことを認識しておく必要があります。

INTPは「原則」が最後の認知ステップであるため、安易に「世界観」について示唆しない様に注意しましょう。

ISFP

状況(IP) × 経験(SF)

ISFPはあらゆる瞬間の体験を探索し、あらゆる探索から最大の意味を引き出します。

あらゆる瞬間は新しい冒険です。

ささいなことを大切にすることはISFPの深い愛情であり、彼女らは細部とその重要性を美しく理解しています。

IPの性質である質問者として、彼女らはそれぞれの瞬間が素晴らしく夢中にさせる方法において重要である理由を見つけることに熱心です。

 
彼女らが探求するものは自身にとって非常に重要です

よって、彼女らは蓄積したものや経験を必死に保持するか、気にしないようにすることによって、喪失の恐れを相殺しようとするかもしれません。

しかし、ISFPは経験と大切なものに常に多くの瞬間と詳細があることを思い出すことができます。

ですから、彼女らは自身が持っているものを自由に手放すことができ、そしてどんな経験にも自由に没頭することもできます。

INFP

状況(IP) × 意味(NF)

INFPは意味の探求者であり、全体の中の各状況の文脈を理解することを目的とした質問者です。

INFJは意味が「行動」にどのように適用されるかを見つけるのが好きですが、INFPは意味の哲学的な仮定を探求し、「詳細」の力と理論を深く掘り下げることで全体の意味を反映できる新しい方法を見つけるのが大好きです。

 
INFPは「詳細」に焦点を当て意味を探求する一方、「原則」は最後の認知ステップであるため、1つの状況に適用される意味のある詳細は普遍的な原則ではないことを覚えておく必要があります。

しかし、INFPは状況の潜在的な意味に焦点を当て、それを人の性質判断に用いることに優れ、他者にそのような理解の光を与えることができます。

Posted by melancoly