エニアグラムタイプ6 byIG

エニアグラム

タイプ6は安定と所属を重視しています。

この形態は、安全と準備の必要性から生まれたものです。

その結果、常に責任を負うように努力するタイプ6にとって、誠実さと信頼が重要です。

 
彼女らが良い場合、タイプ6は勇気があり、自身と周囲の世界に献身と信頼の贈り物を提供し、内なる知覚の感覚に結びついています。

健全でないタイプ6は過度に心配する傾向があり、防衛を喪失するかもしれず、不安、不審または疑いを経験することがあります。

独り言

世界は脅威的で危険な場所です。

準備し、誠実であるべきで、人々は私を信頼することができます。

あなたが信頼する人に注意しましょう。

私は恐れるべきではありませんが、私は防衛を止めるべきではありません。

私分自身を守らなければなりませんが、私は忠実でなければなりません。

タイプ6の才能

献身

タイプ6は、自身が価値を置いていることにコミットし、人々への支援、責任、主義において義務をケアを表します。

勇気

タイプ6は懸念やリスクにもかかわらず、多くの場合、勇敢により良いことのために立場を明確にします。

準備

注意とリスクを意識しながら、タイプ6は世界で起こっていることに注意を払い、リスクと脅威を最小限に抑えるよう行動します。

信頼性

一度タイプ6が決定または約束をすると、彼女らはそれに固執します。

彼女らはまた、情報源や意図を信頼できると感じる限り、ルールと権限を尊重します。

チーム指向

タイプ6はグループの協力を楽しみ、健全なチーム環境で繁栄します。

行動パターン

タイプ6のパターンが現れる2つの方法があります。

恐怖パターンとして現れた場合、タイプ6は、気になる状況を避け、事態の悪化を防ぐために、非常に躊躇して慎重になりがちです。

それが反恐怖のパターンとして現れた場合、タイプ6は恐ろしい状況に直面して不安を解決しようとします。

 
大部分のタイプ6のパターンは、この2つに極端に分かれ、状況に応じてこれらの傾向の間を移動します。

大部分のタイプ6は、恐れていないことを世界、自身に証明する方法として、リスクを冒す行動の何らかの形を示しています。

 
これらの行動は、言葉による勇気から非常に高いリスク活動までさまざまです。

強力な反恐怖パターンを持つタイプ6は、より恐怖パターンを持つタイプ6よりも頻繁にこれらの活動を表示する可能性が高いです。

 
タイプ6は、一貫性と時間をかけて献身的に働く能力で知られています。

彼女らは非常に真剣に責任を負うので、タスクに全力を尽くし、誠実さと勇気を発揮する傾向があります。

思考パターン

問題を避けるために、タイプ6は、高度に分析的な方法で潜在的なリスクと脅威に専心する傾向があります。

これにより、環境に非常によく適応し、起こりうる問題や課題をスキャンします。

タイプ6は問題を解決し予防することができますが、非常に簡単な解決策には懐疑的かもしれません。

この「はい、しかし」のパターンは、解決策と権威(authority)の両方に頻繁にかつ明らかに挑戦することにつながります。

 
タイプ6は自身の思考の権威を非常に認識しています。

彼女らは権威ある人々の支持と保護を得ることを望んでいますが、まったく同じ人々によって失望されたり、裏切られたりすることを非常に警戒しています。

タイプ6の内部対話は、自身について多くの質問をしたり、「内部委員会」に相談するプロセスに従う可能性が高いです。

彼女らは明白なことだけでなく、未知のものや隠されているものについても質問します。

感情パターン

タイプ6は、不安に非常に精通しており、日々の最悪のシナリオに集中する傾向があります。

これらの感情は不安、懸念、軽度の心配からパニック、恐怖、までさまざまです。

感情的に反応するスタイルとして、タイプ6は自身の感情にすぐに簡単にアクセスできますが、時間とともに懸念や不安を再現します。

 
物事がうまくいくと満足するにもかかわらず、正の感情にあまり関与しない傾向があります。

タイプ6は、無意識の行動パターンとして、必ずしもそれらをテストすることなく、自身の感情を他人に投影する傾向があります。

不安を管理するために、タイプ6は自身の感情、思考、希望、恐怖を他者に投影し、それによって自身への影響を否定する傾向があります。

彼女らはしばしば自身の疑念のために人々に抵抗し、挑戦します。

盲点

タイプ6は常に悪いことに焦点を当てるので、彼女らの暫定的で慎重なアプローチは、頑固さ、悲観主義、否定的な行動などのように見えるかもしれません。

 
タイプ6は何が起こるか、それに対処する能力について多くのことを心配しがちですが、それは不安に思われるかもしれません。

他の人たちは、タイプ6が物事をケアする能力を疑うかもしれません。

彼らの能力への疑問は、タイプ6が避けたいことですが、彼女らの慎重なアプローチはそれを具現化するかもしれません。

 
誠実さと信頼の問題に非常に重点を置いているにもかかわらず、タイプ6は本質的に懐疑的な傾向があり、人々が信頼できるかどうか疑問に思います。

これは、彼女らの相互作用や関係性に悪影響を与える可能性があります。

信頼性に重点を置くことによって、タイプ6は人々が一貫してタイプ6を信頼することを難しくします。

 
投影はタイプ6の中心的問題です。

彼女らが周りの人々に恐怖を投影することは、自身の感情、心配を持たないようにする方法かもしれません。

Posted by melancoly