エニアグラムタイプ6 byNE

エニアグラム

タイプ6は、信頼できない危険な世界で確実性と安全性を得る必要があると信じています。

したがって、タイプ6は、直感的、好奇心が強く、信頼でき、良い友人や問題解決者ですが、一方で懐疑的、非難的、心配性な場合があります。

タイプ6(忠実家)の特徴

焦点

悪い方向に進むこと、最悪のシナリオとそれへの対処

人生の教訓

自身、他者、世界への信頼を回復させ、不安と共に快適に生きること

会話スタイル

思慮深く、疑問を持ち、魅力的で情報を重視します。

他者は、タイプ6を悲観的、正反対、挑戦的、懐疑的、操作的と考えるかもしれません。

タイプ6の自身の説明

私は安全と安定への心配に気を取られています

疑いの心と反対の思考ですべてを迎えます

私の慎重さ、活発な想像力、直感は、私が問題を予測し回避するのに役立ちます

私は相手を信頼するまで、質問します

私は間違った決定をすることを恐れるので、決定を先延ばしにします

タイプ6に関すること

彼女らに対して一貫性を持ち、彼女らを信頼すべき

あなた自身の個人的な感情や思考を彼女らに開示すべき

彼女らの問題への注意を認め、規則と手順に同意すべき

彼女らとともに先に進む前に何が間違っているのかを認めるべき

可能な限りあなたのカードをテーブルに置く – 曖昧ではいけない

心理(Psychology)

タイプ6は、世界を理解し、他の人々が友好的であるか敵対的であるかを理解するために、自身の知覚と知性を利用します。

彼女らは、グループ、プロジェクト、またはコミュニティの安全を守ることに重点を置いています。

タイプ6は、問題を予測し、解決策を考え出すことができます。

 
彼女らは懐疑性と確実性、反抗と信頼の間で揺れ動きます。

恐怖の時、タイプ6は慎重で、躊躇し、心配し、先延ばしにします。

恐怖に対抗するタイプ6は、行動に急ぎ、恐怖を克服するために自らを支えます。

タイプ6は自身や他者を信頼することを学ぶので、疑念や不安の存在下でさえ、より柔軟になり、行動する勇気を発揮します。

基本命題

あなたは、警戒、質問、および知覚された危険と対決するか、逃げるかのいずれかによって、害を回避する(恐怖の立場)またはそれに直面する(反恐怖の立場)ことによって人生と確実性を保証することができます。

強み

知覚的、敏感、忠実、暖かい、機知に富む、勇気、戦略的思考

課題

不安、過度に警戒的、悲観的、反対思考、過度の想像力

防衛機制

投影 – 内部の懸念と恐れを他人や外部の状況に帰する

 
タイプ6は、個人的な拒否を避け、忠実であるという自己イメージを維持するために、投影を使用します。

安全を保証し、忠実さを正当化するために、彼女らは関係性や外部の権威者に肯定的な感情を投影します。(肯定的な感情を他者も持っているとする)

恐怖と不信の内部的な感情を説明するために、タイプ6は他者に否定的な感情を投影し、それらを裏付ける証拠を探します。

意識啓発の実践

あなたの心の習慣や注意の焦点をできるだけ慎重に観察しましょう。

自分の感情に気づき、あなたの体がどのように反応するのか知るために、次の質問をしてください。

 
どのように私は恐怖、警戒、不安を感じるの?

私の内面の対話でどのように疑問を呈するの?

私の心の中でどのように状況を誇大するの?

私は肯定的または否定的な感情を他の人にどのように投影するの?

間違った決定をしてしまうという恐怖はどのように私を立ち止まらせるの?

精神(Spirituality)

タイプ6の人生は他のどのタイプよりも明確で簡単です。

脅威と予測不能で世界を経験し、恐怖と疑いに陥った子供は、自身、他者、そして世界に対する信頼を取り戻す必要があります。

信頼は証拠の前に来るので、信仰はタイプ6にとっての大きな課題です。

完全性への道

疑い → 信頼

恐れ → 勇気

 
Inner Observerと呼ばれる意識の側面は、私たちが外部行動を起こす内部パターンを見ることを可能とさせます。

実践は、内面に集中し、私たちの中で起こる思考、感覚、および他の注目の対象を認識することからなります。

私たちがより現在に集中するようになるにつれて、私たちのタイプパターンは緩み始め、受容性が増します。

 
タイプ6は、以下の原則を内省するためにしばらく時間をとりましょう。

 
不安は人生の一部である

闘争、戦い、恐れはすべて恐怖への反応である

勇気は恐怖の欠如ではない。それにもかかわらず、前に進む

私たちが警戒を緩め、現在の瞬間に留まると、すべてが大丈夫であることがわかる

確信を求めるのではなく、信頼を育むとき、私たちは人生の過程を信頼し始める

身体(Somatics)

思考タイプとして、タイプ6は、問題を予測し、解決策を見出し、安全性を作り出すルールと手順を確立するために、自身の鋭い知覚を使用します。

一部のタイプ6は慎重で、あるタイプは行動に移しまう。

しかし、すべてのタイプ6は非常に敏感な神経アラームシステムを備えています。

このアラームシステムは、危険が想像されたり誇張されたりしたときでさえ、危険の信号があるときに警告します。

 
慎重な、または恐怖を抱きやすいタイプ6は、状況を物理的に離れるなどによって後退する傾向があります。

恐怖に対するタイプ6は、より筋肉の緊張と硬直を蓄積する傾向があります。

横隔膜と咽喉は制御センターであり、呼吸や発声の停止や吃音の原因となります。

もしあなたがタイプ6なら

タイプ6のタスクは、自身の中で安全感を育てることです。

冷静になり、自身の身体に触れることから始めます。

ゆっくりと深呼吸をして、あなたの横隔膜の実際の筋肉を伸ばし、可能な限り呼気を解放してください。

 
あなたのあアラームシステムが戦い、逃走または恐怖の応答のために起動されたときに注意することは重要です。

落ち着きを回復し、不安を軽減するのを助けるために、あなたの腹部でゆっくりと深く息を吐き、そうすると楽しい感覚が築かれます。

 
課題に対処するためによりエネルギーが必要な場合は、胸部での呼吸を練習してください。

あなたが困っており、息を止めていることに気づいたら、ゆっくりとしっかりとした呼吸の練習に戻ってください。

Posted by melancoly