世界観:LBP理論

未分類

人々私たちが世界をどのように見るかは、私たちの認知が経験とどのように相互作用するかに基づいています。

認知パターンに基づいて、各タイプは同じ経験をまったく異なる方法で解釈します。

それらの経験を通じて、それぞれのタイプは異なる世界観に向かう傾向があります。

I、E、F、Tタイプ

Iタイプは自分の頭の中を主機能とし、人々全体にフォーカスします。

Eタイプは自分の外の世界を取り込むことを主機能とし、特定の人々にフォーカスします。

 
Fタイプは人や物の意味を重視し、人に対して楽観的な傾向を持ちます。

Tタイプは人や物の有用性を重視し、人に対して悲観的な傾向を持ちます。

IFタイプ

理想主義的

人々全体は善良で有意義であると考える傾向を持つ。

冷笑的になるとき、それは特定の人々の失敗についてである傾向がある。

EFタイプ

楽観的

特定の人々は善良で有意義であると考える傾向を持つ。

冷笑的になるとき、それは人々全体の失敗についてである傾向がある。

ITタイプ

悲観的

人々全体は悪で、有用性がないと考える傾向がある。

楽観的になるとき、自分にとって重要な個人についてである傾向がある。

ETタイプ

懐疑的

特定の人々は悪で、役立たずだと考える傾向がある。

楽観的になるとき、それは自分にとって重要な人々全体についてである傾向がある。

S、N、J、Pタイプ

Sタイプは直線的・文字通り・現実的な方法で世界をとらえ、特に現状維持や既存のものを守ることに気を配ります。

Nタイプは概念的、非線形、広範な方法で世界をとらえ、特に物事を変えてその可能性を最大限に引き出すことに気を配ります。

 
Jタイプは「行動と結果」と「物事のはたらきに関する原則」の関係にフォーカスし、世界や集団が向かう方向性を専門とします。

Pは「データ・物事のあり方」と「個人の動機」の関係を重視し、世界と人を探求することを専門とします。

NJ

ゲームチェンジャー

世界を変えることにフォーカスする。

NP

モチベーター

自分自身や個人を変えていくことにフォーカスする。

SJ

世界の保護者

世界を保護する(同じに保つ)ことに重点を置く。

SP

個人主義者

自分自身と個人を保護する(同じに保つ)ことに重点を置く。

16タイプの世界観

INFJ

  
理想主義的なゲームチェンジャー

人々全体が善だと思う傾向があり、世界の悪い部分を変えることが可能だと信じる。

INFP

 
理想主義的なモチベーター

人々全体が善だと思う傾向があり、自分や個人の悪い部分を変えることが可能だと信じる。

ISFJ

 
理想主義的な世界の保護者

人々全体が善だと思う傾向があり、自身が愛する世界の部分を保護したいと願う。

ISFP

 
理想主義的な個人主義者

人々全体が善だと思う傾向があり、自身が愛する人々を保護したいと願う。

ENFJ

 
楽観的なゲームチェンジャー

特定の人々は善だと思う傾向があり、世界の悪い部分を変えることが可能だと信じる。

ENFP

 
楽観的なモチベーター

特定の人々は善だと思う傾向があり、自身や個人の悪い部分を変えていくことが可能だと信じる。

ESFJ

 
楽観的な世界の保護者

特定の人々は善だと思う傾向があり、自身の愛する世界の部分を保護したいと願う。

ESFP

 
楽観的な個人主義者

特定の人々は善だと思う傾向があり、自身が愛する人々を保護したいと願う。

INTJ

 
悲観的なゲームチェンジャー

人々全体は悪と思う傾向があり、世の中の悪い部分を変えようとする。

INTP

 
悲観的なモチベーター

人々全体は悪と思う傾向があり、自身や個人の悪い部分を変えようとする。

ISTJ

 
悲観的な世界の保護者

人々全体は悪と思う傾向があり、自身が愛する世界の部分を保護しようとする。

ISTP

 
悲観的な個人主義者

人々全体は悪と思う傾向があり、自身が愛する人々の部分を保護しようとする。

ENTJ

 
懐疑的なゲームチェンジャー

特定の人々は悪と思う傾向があり、世界の悪い部分を変えようとする。

ENTP

 
懐疑的なモチベーター

特定の人々は悪と思う傾向があり、自身や個人の悪い部分を変えようとする。

ESTJ

 
懐疑的な世界の保護者

特定の人は悪と思う傾向があり、自身が愛する世界の部分を保護しようとする。

ESTP

 
懐疑的な個人主義者

特定の人々は悪と思う傾向があり、自身が愛する人々の部分を保護しようとする。

最後に

これらはいずれも健全で必要な世界観です

人が物事を善か悪かに単純化しすぎるとき、人は判断ミスを犯すものです。

すべてがうまくいっていると信じたり、あるいは救うべきものが全くないと信じたりすると、一時的にせよ、視野が狭まり、不健康になるのです。

 
人間であれば、自分が得意とする分野や独特な長所が危うくなることを恐れると、そうなってしまうのです。

IJは世界のあるべき姿を守ろうと必死になり、EJは自身のグループが無に帰すことを恐れ、IPは自分の専門分野が無意味であると感じ、EPが自分という存在が重要でないことを恐れます。

自分の人生や、世界において重要視していたものが失われるという危険を感じるとき、正気を保とうとして肯定か否定かの極端な判断にしがみつくのです。

Posted by melancoly