INFJ vs. INFP byPW

自身がINFPかINFJかどうか決めることができない人もいます。

どちらのタイプもidealists(理想主義者タイプ)であり、表面的なレベルでは類似しているように見えるため、INFPがINFJとして自身を誤判断するのが一般的であり、逆も同様です。

不確定の理由

低いJまたはPのスコア

公式のMBTIスコアレポートは、4つの二分法の間の連続を示しています。

I / E – 内向 – 外向

N / S – 直観 – 感覚

F / T – 感情 – 思考

P / T – 知覚 – 判断

あなたの選好(INFPまたはINFJ)の表示に加えて、選好の強さを示す数値が表示されます。

100%は明確な選好を示し、0%は選好がないことを示します。

これは二分法が高いFを持つ人が低いTを有する、または高いJを有する人が低いPを有することを意味する特性であるという一般的な誤解につながります。

この数値は、あなたの判断タイプ(J)または知覚タイプ(P)の程度を測定するのではなく、テストの結果の正確さを測定します。

したがって、あなたが低い知覚(P)を持つINFJまたは低い(J)を持つINFPの場合、4番目の文字の正確さは、あなたのタイプの決定に影響を与えるべきではありません。

PとJはどういう意味なの?

PとJは、それぞれのタイプごとに異なる意味を持ちます。

認知機能を使用せずにこの二分法を説明するのは難しいです。

しかし、まず、この二分法についての共通の神話のいくつかを払拭しましょう。

Jは組織立っていて、Pは乱雑

Jは頑なで、Pは適応力がある

Jは計画的で、Pは即興的

Jは頑張り、Pはゆるやか

 
ほとんどのオンラインテストでは、Jスコアを上げるテスト問題がこれらのステレオタイプを取り囲んでいます。

INFJとINFPは、これらの神話が偽である理由の完全な例です。

INFJはP-dominant(dominant functionが知覚機能)であり、INFPはJ-dominant(dominant functionが判断機能)です。

なぜINFJにJがあり、INFPにPがあるの?

JとPはdominant functionまたはauxiliary functionな外向機能の存在によって決定されます。

INFP Fi Ne Si Te(J-Dominant)

INFJ Ni Fe Ti Se(P-Dominant)

2つのタイプは、認知機能を共有しません。

ここでの簡単な説明に基づいて、あなたが他のものより使用している機能を特定することができます。

機能は強度の降順に並べられています。

Dominant function/Auxiliary functionがこれら2つのタイプにどのように現れるかの簡単な要約を以下に示します

INFJ(Ni-dominant)

INFJはNi-dominant(内向的直観タイプ)です。

内向的直観は、最も一般的でないdominantまたはauxiliary functionなので、多くの人がその経験がどのようなものか想像するのは難しいです。

ここでNiの主観的な経験と、経験された逸話だけを与えることができます。

INFJでは、NiはFeで補完され、非凡な深みと思いやりを創り出すので、経験を感情と思考に区分することは困難です。

彼女らは無意識のコンテンツへのフィルタリングされていないアクセスを持っているので、最も直観的なタイプです。

同じdominant functionを共有するINTJとは異なり、INFJの直観は外部からの妥当性検証を必要としないため、それはどこにも見えず、「精神的」または 「神秘的」な外観を与えます。

プロセス

Niは世界の深み、意味そして重要性を探します。

それは、絶えず洗練され拡大されている洞察力のあるしなやかなウェブと考えることができます。

この機能の目標は、バイアス(偏向)を除去し、知覚を洗練して「1つの真実」に到達させることです。

一元論、1つの真理があるという概念はNiの核心です。

このため、Tiと誤認される可能性があります。

このため、とりわけFeの開発が遅れているINTJやINFJには、Tiと誤認される可能性があります。

しかし、Tiは、提供されたデータが真/妥当か偽/無効かを決定するためのフィルタ機能としての役割を果たす、原則とルールの堅固なグリッドのようなものと概念化することができます。

ここでの違いは、Tiは数学的関数と同様に働き、入力が与えられ、Tiが論理を処理して出力を返すという事実にあります。

一方Niは常に正しいデータを得るために再調整されるラジオやカメラのレンズの微調整と同様の働きをします。

それが外部の世界で活発でないときは、想像力、哲学的な洞察力、ファンタジー、詩的なアイデア、そして物事がどうして存在するのかについて終わりのない好奇心によってINFJの内面を豊かにします。

内向的直観-外向的感情

Ni-FeはINFJを本質的な心理学者にします。

なぜなら、それは彼女らが心の働きをモデル化するのを助けるからです。

彼女らは本質的に自分の気持ちについて内向的ではありませんが、彼女らの心や思考過程についての多くの洞察を持っています。

精神の自我防御メカニズムと自己欺瞞は、Niの一定のフィルタリングによって弱められているため、彼女らは非常に敏感であり、脆い自我(エゴ)を持つことが知られています。

この真理への執着は、INFJが自分の動機や他人の動機についてナイーブで純粋な誠実さを持つと見なされる結果となります。

Auxiliary function Feは、社会環境の感情や情動を同化(absorb)します。

顔の表情を解釈することは、他の人の不誠実や悪意をすぐに見つけ出すのに非常に有効です。

それはまた、人々を好きになり好かれたいという本質的な欲求をもたらし、それはNiに(人を)勉強するための興味深いトピックを提供します。

感情のデフォルトの方向性は外向的です。

そのため、INFJは、常に自分の内面や真実を分かち合うことができる完全に信頼できる人物を求めています。

感情は通常経験されたときに表現され、そうでなければそれは行動に変換されるかTiによって合理化されます。

Feユーザーは、自己開示や直接行動を通じて自分の感情を処理する傾向があるため、受動的攻撃行動や感情抑制を行いません。

INFJは内部の感情や反応を常に意識しているわけではないため、毎日経験するストレスは病気や身体的倦怠感の身体的形態で蓄積して現れます。

気持ちにおいてのこの認識の欠如は、外見で表示しようとしない(またはうまくない)ので、顔の表情で見ることができます。

INFJが自分の内面に集中しているため、彼女らの感情が実際あいまいな時に、他者はINFJが悲しく感じている、または悲観的であると誤って感じ取る場合があります。

FeはINFJに「より高い目的」をもたらします。
これは通常、政治的/社会的運動などの外部のものであり、抑圧された人々を解放し、貧困者を養うものです。

他の人たちに対する彼女らの関心は、彼女らを偉大な社会的リーダーや人道主義者にします。

INFP(Fi-domnant)

INFPは本質的な感情タイプ(feelers)です。

彼女らは豊かな感情的人生を過ごしており、彼女らは大きなprize(貴重なもの)を得ており、内的な働きや自覚を強く理解しています。

Fiは、善と悪のスペクトル上に物事を置く、常に存在する評価者です。

道徳観念では、それはアイデアや価値観への強い確信、スピリチュアリティ(霊的なもの)と宗教的経験に対する憧れをもたらします。

憧れと反発はINFPによって頻繁に経験される感情です。

これにより、すべての形の美しさが強く認識されます。

彼女らは本質的に人生の美しくて良いものに魅了されます。

Fiは、INFPが内部の理想に向けて努力することを可能にさせ、彼女らは常に内部の完璧を追求します。

彼女らは自分自身を改善するために自身を駆り立てる理想的な性質を持つ理想的な自己を持っています。

経験の幅と深さを考えれば、他人の視点から簡単に物事を見ることができます。

これは、自分の気持ちのように相手の気持ちを想像することができるため、紛争中にINFPが一方の側を選ぶことを困難にします。

Fiはまた、内部の感情状態の不断のレーダーを提供します。

その結果、彼女らは素晴らしい人の知性を持ち、通常、失望や不快な状況を優雅な方法で対処できます。

プロセス

Fiは言葉では定義が難しい非常に複雑なプロセスです。
非常に無形であり、頭の代わりに心で起こるので、INFPでさえ説明するのが難しいでしょう。

何より自身の心を信頼することは、INFPのモットーです。

これは、神経科学者や人工知能研究者には依然として不思議な、非常に複雑な理論プロセスです。

それは、意味、価値観、真価、気持ち(emotion)をアイデア、物、感情(feeling)に与えることと関連しています。

それは非常に主観的であり、すべてのINFPは、彼女らの人生経験や先天的な性向によって形作られた独自の機能を持っています。

それは、INFPを強力な道徳主義者にし、彼女らに絶対的な善悪の感覚を与えます。

このプロセスは、普遍的な倫理原則を作成することに関係するのではなく、主観的な感情気分(情調)によってアイデアを熟考することに関係するため、INTPのプロセスとは大きく異なります。

Fiは抽象的な理想を扱うので、現実世界の特定の「不完全な」instance(事例)に満足することは決してありません。

INFPは、他人を判断するときと同じように、自分自身を判断する可能性が高いです。

これは、理想的な自己と実際の自己の間の距離に応じて、非現実的な誇大さや慢性的な低い自尊心をもたらす可能性があります。

感情は自己の状態として経験され、彼女らの自己像に内在化されるでしょう。

彼女らは感情が自身の本質であると信じているので、「私は対処する必要がある怒りがあります」ではなく「私は怒っている」と考える傾向があります。

内向的感情-外向的直観

FiとNeは、INFPに楽観感と人生に対する新鮮な熱意を与えるために一体となって働きます。

INFPにとって、世界は知覚されるほど作られ、その結果、彼女らは夢を見て、空想にふけるようになります。

このような性質は、彼女らに困難な状況に耐えるための非凡な強さを与え、人生の失望から「立ち直る」力を与えます。

彼女らの生命力は、想像力によって絶えず更新されている人生の好奇心と熱意によって補強されています。

Fi-Neは非常に創造的であり、言葉巧みです。

これらの2つの機能を組み合わせることで、創造的な追求において適切な言葉や正しい特殊な感情(chord)を見つけるのに役立ちます。

それはまた、彼女らを豊かな想像力のために才能のあるフィクション作家にします。

彼女らは創造的な表出の何らかの形で表現を求める精神的な人生を過ごしており、一部のINFPは創造的活動に参加して初めて生涯にわたるうつ病から回復します。

INFPにとっての真実は知的ではなく感じられるので、彼女らは自由探求とつながりを許すスピリチュアルを実践する可能性が高いです。

彼女らの価値観には柔軟性がないことがあり、価値観の背後には強く感情的にさせるものがあるため、強く信念を持ちます。

INFPは、彼女らのFi-Neを使用して他の人の潜在的な可能性を見ることができる鋭い能力を備えているため、優れたカウンセラーとなります。

しかし、それはまた彼女らをナイーブにし、非現実的な理想に導く可能性もあります。

これは、必ずしも所有していない可能性がある肯定的な資質を与えることによって、彼女らが会う新しい人を理想化する傾向があるため、INFPに有害である可能性があります。

また、現実の否定的な側面から彼女らを盲目的にする場合もあります。
これは、「厳しい真実」の現実のチェックが人生の状況で要求されるとき、「現実の世界」との間での不一致につながる可能性があります。

Fi-NeはINFPに、他人の信実と誠実さを見分けるユニークな能力を与えます。

この才能は、他人の声のイントネーションや速さの微妙な変化を検出する能力に関連しています。

彼女らの本来の言語適性に加えて、優れた言語療法士、言語学者、作家、翻訳者を輩出するでしょう。

Neは、アイデアを簡単に把握する能力を備えているため、ほとんどの学問分野で優位性を発揮し、多種多様なキャリアで利用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です