ユングの輝かしいタイプの考え方を反映して、深い洞察力のパーフェクトストームの中ですべてが彼に去来したと想像するのは魅力的です。 しかし現実には、ユングの枠組みは瞬間的な啓 ...

この記事では、tertiary functionを特定する簡単な方法を説明し、それをどのように使用するのか(また他の方法についても)理解できるようにします。 ISTP a ...

パーソナリティコミュニティでは、機能について最も話されないものの1つがtertiary function(第三機能)です。 これに関しては多くの理論があります。 一つは、 ...

知覚(P)と判断(J)の2つの機能は、2つのタイプ(それぞれS/N またはT/F)と2つの方向性(I/E)を持ち、それは8つの認知機能に帰します。 知覚(Perceivi ...

より複雑で稀にしか扱われないパーソナリティタイプの側面に深く潜りたいのであれば、shadow functions(影の機能)を掘り下げることは楽しい(そして非常に役に立つ ...

ユングは、それぞれのパーソナリティタイプをそのdominant functionに応じて命名しました。 たとえばINJタイプは内向的直観(Ni)タイプと呼ばれます。 もち ...

知覚ペアリングは現実にそれが発生しているように現実の視点を構成し、それは過去から得られたcontext(環境)を含みますが、判断ペアリングはその判断基準に従ってそれらの知 ...

下記の区別は、精神内のエネルギーの流れの方向に関係し、精神的な機能へはそれほど関係しません。 このセクションでは、proactive(順向性の)とreactive(反応的 ...

Judgment(判断)とPerception(知覚) 私たちの意識は、反対のプロセス間のこの決して解決しない緊張のために、静的ではなく、継続的です。 この緊張が解消する ...

探索プロセス(外向的知覚機能)が順行性(外向性)の抽象化(Ne)であり、世界観プロセス(内向的知覚機能)が反応的かつ具体化(Si)であるとき、情報合成に対する心理学的アプ ...