知覚(P)と判断(J) in IP & IJ

彼女ら自身がINFJであると思うINFPや、自身がINTJであると思うINTPには不足しません。

一見すると、これらのタイプは非常に似ており、4つのpreference(優先)のうちの3つを共有していますが、実際には同じ機能を全く共有しません。

あなた自身を見てみましょう

INFP (Fi-Ne-Si-Te) vs. INFJ (Ni-Fe-Ti-Se)

INTP (Ti-Ne-Si-Fe) vs. INTJ (Ni-Te-Fi-Se)

INFPとINFJ、そしてINTPとINTJが共通の機能を持たないということは、程度が異なるだけではなく(例えば、「彼女は私よりももう少しJ」です)、タイプが違うことを意味します。

よって、INFPとINFJは「理想主義者」や、INTPやINTJを「合理主義者」としてある程度の類似性を示していますが、それらタイプはDavid Keirseyが認めようとしている人たちとはまったく異なっています。

私たちが見るように、IPタイプは多くの点で判断タイプ(J)に似ており、IJタイプは知覚タイプ(P)によく似ています。
IPの内面世界は、EJが外向きにどのように現れているかを映し出し、IJの内面はEPの外観に似ています。

判断と知覚の混乱 in IP & IJ

判断(J)と知覚(P)の次元はおそらくMyers-Briggsの二分法の中で最も混乱し、誤解されています。

ユング自身はタイプを記述するためにJ-Pの指標を使用しませんでした。

J-Pインジケータ(すなわち、4文字のタイプ指定の最後の文字)は、Myers-Briggsによって、タイプをラベリングするための一種の簡略表記の方法として追加されました。

残念ながら、多くの人々はこれを認識せず、J-Pラベルが意味しない何かを意味があるように受け取ります。

実際には、J-Pラベルは、特定のタイプの機能スタックにおける第1の外向機能が判断機能(TeまたはFe)または知覚機能(NeまたはSe)であるかどうかを単に示すだけです。

J-Pラベリングシステムは実際に外向型にとってうまく機能します。

なぜなら、最初の外向的機能もまた彼女らのdominant functionであるからです。

したがって、例えば、ENFPを知覚タイプまたはENTJを判断タイプと呼ぶことに混乱はありません。

これは、これらのタイプの主な動作モードを非常に正確に表しています。

しかし、内向型の場合、J-Pラベルは大きな混乱と誤解の原因となることがあります。

これは、内向型の第1の外向的機能は、dominant functionではなくauxiliary functionであるという事実によるものです。

このため、IPとIJのJ-P指定は、主要な機能モードを記述することができません。

すなわち、IPの主な動作モードは判断機能(TiまたはFi)であり、IJの主な動作モードは知覚機能(SiまたはNi)です。

これはIPが一般的に自身をIJとしてミスタイプ(誤認)することの理由となり、逆もまた同様です。

要約すると

外向型:J-Pラベルは、最初の外向的機能がdominant functionであるため、主な機能モードを適切に記述しています。

内向型:J-Pラベルは、彼女らの最初の外向的機能がauxiliary functionであるため、彼女らの主なな機能モードとは相違
します。

これらの判断‐知覚の問題をよりよく理解するために、様々なタイプのJ-P特性に関する以下の考察を検討してください。

EPタイプ

EPは、すべてのMyers-Briggsタイプの「最も純粋な」知覚タイプと考えられます。

彼女らは外部の行動と態度(例えば開放的、適応可能、受容的)に知覚を表示するだけでなく、彼女らのdominant function(NeまたはSe)も知覚機能です。

EJタイプ

EJは「最も純粋な」判断タイプと考えられるかもしれません。

彼女らは外部の行動や態度(例えば、主張、意図的、指示、意見)で判断を表示するだけでなく、dominant function(TeまたはFe)も判断機能です。

IPタイプ

IPは、J-Pの特性を組み合わせたものです。

彼女らのdominant functionは判断機能(TiまたはFi)であるため、内向的判断型です。
IPは、外観上よりもはるかにserious(思慮深い)です。

健全なEPのように新しい情報に開放されているのではなく、彼女らは収束(closure)に向かって動き、物事をEJのように心の中で解決するように動いているように感じます。

彼女らは、自分の人生について重要な意思決定を行うためのプラットフォームを得るために、信じていることを打ち破りたいと考えています。

彼女らの信念が不確実性の状態に揺さぶられたとき、IPは不安定さ、無意味さ、不安を感じる傾向があります。

この不安は、彼女らが快適な収束と意図的な行動のポイントに戻ることができるように熱心に回答を見つけるよう促します。

IPはまた、彼女らが何をすべきかということを考える傾向があるという点で、EJに似ています。

彼女らはそれに固執することはめったになくても、自分自身(特にINP)の目標を設定するのが好きです。

彼女らは議題や確かな期待のセットで人生にアプローチする傾向があります。

目を覚ますと、彼女らは意識的に何をしたいのか/何をすべきなのかを決定し、その後プロセスを開始するように努めます。

少なくともタスクを開始する場合、IPはEJと同様に規律されています。
IPが脱線し、EPのように見えるようになるのは、タスクを開始した後だけです。

これは、IPの機能スタックを調べるとき理解できます。

彼女らは判断(FiまたはTi)から始め、それはタスクに取り掛かるように促します。

しかし、いったん開始されると、そのスタック内の次の機能は知覚機能であり、元の目的が失われた時点でさえも、彼女らの気を散らせたり、脱線させたりする可能性があります。
(これは、IPが、最後までやり遂げる能力または持続性を欠いていると言われる理由です。)

これは、機能スタックのエンドポイント(終点)または「目標」(すなわち、彼女らのinferior function)が判断または終結の状態(FeまたはTe)に到達することであるため、IPをいらだたせる可能性があります。

これは、彼女らが集結への欲求によって動かされているため、IPが時には自分のプロジェクトに対し怠惰で不注意になるかもしれない理由を説明するのに役立ちます。

また、プロジェクトの途中でIPが結論やエンドポイントに達するのを妨げる可能性があることを懸念し、中断に対して抵抗する理由を説明します。

また、IPはプロジェクトの開始と終了の両方を制御するのが好きなので、彼女らは、少なくとも、他人への反応に関しては、EPのような方法で自発的であると正しく考えることはできません。

EJが外部のコントロールフリークと見なされるように、IPは独自の内部コントロールを持っています。

 
私たちはIPのプロセスを以下のように要約できます。

J 開始ポイント: Ti or Fi (「私は何かをすべき/何かをしたい」)

auxiliary functionへの移行 (P): Ne or Se (おそらくここで逸脱か気が散る)

J 終着点への欲求: Fe or Te 終結

 
視覚的には、このプロセスはダイヤモンドに似ています。

IPは特定の目的(TiまたはFi)で始まり、外側(SeまたはNe)に散開し、次にこの拡張を支配し、終着点(FeまたはTe)に向かわせます。

同様のプロセスがEJタイプの間で見られるでしょう。

上記のプロセスは、IPが機能するための最適な方法です。

多くの場合、2つのJ終着点間でPプロセス(NeとSe)を本質的に諦めて、終着点へ急ぐ可能性があります。

Elaine Schallockはこれを「機能的スタックを飛ばす」と呼びました。

EJと同様、IPは多くの知覚活動に「時間の無駄」というラベルを付ける傾向があります。

これにより、彼女らはIJやEPを怠惰で非生産的であると考えます。

しかし、あるレベルでは、IPは、特に頭に浮かぶ 「to-do」リストに直面したときに、IJとEPのただリラックスして知覚する能力を羨むかもしれません。

IPの中には、リラックスする方法や「何もしない」方法がわからない人がいます。
彼女らの心は、次にできることを常に考え続けています。

要するに、IPは、内部の終結を好みます。
なぜなら、これによって彼女らに信念と意図的な意味で行動することができるからです。

しかし、時には、これは早急な知覚の切り捨てをし、判断の誤りにつながる可能性があります。

彼女らは迅速な収束性のためにある程度の正確さを犠牲にしています。

これは判断タイプの「判断に飛びつく」概念と一致しています。

IJタイプ

IJもJ‐Pの特性を兼ね備えています。

外観的に、彼女らは判断型のように見えます。

彼女らは、EJに似ていて、断言的であり、主張的な場合があります。

しかし、彼女らのdominant functionは知覚機能(NiまたはSi)であるため、彼女らは内向的知覚タイプです。

確かに、彼女らはdominantな知覚タイプです。

実際には、IJは外観上よりもはるかに熟考的でもなく、収束的でもなく、主張的でもありません。

IPは内的に管理的ですが、IJの内面的な世界は開放性と許容性が特徴です。

彼女らが外部の義務によって強制されていないとすれば、IJは規則や議題を自分自身に課す傾向はありません。

IJは、判断力のある考え方(TiやFi)で始まるIPとは異なり、よりゆっくりと知覚的なアプローチ(NiやSi)を好み、意思決定プロセス(FeやTe)を意図的にではなく有機的にまたは自然に(自発的に)発生させます。

したがって、判断プロセスを開始する場合、IJはEPと同じくらい長く延期することがあります。

しかし、判断プロセスが開始されると、IJは判断タイプのように見えるようになります。

たとえば、突然、記事に書き込みをしたり、曲を作ったり、問題を解決したりするべきのように強く感じるかもしれません。

IPのdominant functionからauxiliary functionへの移行はますます逸脱することの1つですが、IJはより大きな収束(TeまたはFe)に向かいます。

しかし、終結で終わることを好むIPと違って、IJは開かれた状態(SeまたはNe)で終わることを望んでいます。

 
視覚的には、IJのプロセスは、散開(P)から終結(J)へ、そして散開(P)に戻る砂時計に似ています。

P 開始ポイント: Ni or Si

J auxiliary functionへの移行: Te or Fe

P 終点への欲求: Se or Ne

 
EPと同様に、IJはタスクやプロジェクトを開始する際に苦労するかもしれません。

IPやEJが意図的に知覚プロセスを開始することは難しいように、IJとEPが意図的に審査プロセスを開始するのは難しいかもしれません。

IJとEPは、創造的なプロジェクトの仕事を開始する動機やインスピレーションが不足している「乾季」を経験します。

このような理由から、彼女らは積極的にタスクを開始するIPとEJの能力を時々羨ましく思うかもしれません。

IJとEPは知覚を愛している一方、何かを行いたいときに、判断プロセスに従事する動機が不十分なために不満を感じることがあります。

 
しかし、IJのアプローチの強みの1つは、精度に対する関心です。

彼女らはIPと同じように終結への必要性を経験しないので、内的に結論に飛び込むことはあまりありません。

彼女らは、迅速さよりも正確さ、量よりも品質を優先します。

実際、彼女らの正確さに対する優先は、完璧主義に対する彼女らの傾向に対する主な貢献者です。
完璧主義は、時間内に仕事を終えるIJの能力を損なう可能性があります。

これは創造的な仕事に取り組むときに特に当てはまります。

IJはプロジェクトの開始と終了の両方に苦労する可能性があるため、たとえより「達成している」と思われるタイプを羨望しているとしても、彼女らは永遠の知覚の状態に固執するのは非常に簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です