内向的感情(Authenticity)

内向的感情(Authenticityと名付けられたもの)は、「この感情は私にとって正しい?」と問いかける私たちの一部です。

私たちが誰に対して真実で誠実であるか意思決定をする必要があるとき、私たちがリードするのはAuthenticityです。

行動や言葉が主観的な人間の経験にどのように影響するか、あるいはあなたが確信を感じると理解したら、意思決定基準としてAuthenticityを使用しています。
“内向的感情(Authenticity)” の続きを読む

INFJ型とINFP型の違い byPH

INFJとINFP程間違えられる2つのタイプはありません。
そして、これらは外部から見れば似ているかもしれませんが、内部の非常に異なる生き物です。

それに加えて、INFJとINFPは、性格心理学的に最も関心のある性格タイプの2つで、この2つのタイプがどのように区別されるかについての不完全な理解は、多くの個人的な不満を引き起こす可能性があります。

この記事は、類似点と相違点を深く掘り下げて比較することを目的としています。

(あなたがINFJかINFPかどうかを判断しようとしている途中であれば、これらはあなたの個人的な興味や価値を説明するものではなく2つのタイプがいかに異なった配線かを説明するものです)

INFJとINFPの5つの決定的な違い

1.INFP vs INFJ: Driver processの違い

The Driver processは、「主要認知機能」と呼ぶこともできます。これは、心の最初の接触点であり、すべてがフィルタリングされる主要レンズです。

INFJにとって、このDriver processは技術的にはIntroverted Intuition(内向的直観)と呼ばれますが、それは別名「Perspectives(見方・見通し)」と呼ばれます。

Perspectivesは、技術的に「perceiving function(知覚機能)」と呼ばれるlearning function(学習機能)であり、自分の心の形状パターンを見て動作します。
何年もの使用の後、結局、Perspectivesはパターンのパターンを見始め、自分自身の内部で何が起こっているかを認知的に理解していることを理解しています。

一方、INFPは、「Authenticity(真正性)」と呼ばれる「Introverted Feeling (内向的感情)」と呼ばれるプロセスをリードしています。

Authenticityは、意思決定機能(技術的に「judging function(判断機能)」と呼ばれる)であり、出来事によって感情的にどのように影響されるかを深く知ることによって機能します。
判断は、「チェックイン」によって行われ、それらが自分の価値やアイデンティティと一致することを保証します。

より個人的なものがより普遍的であるという言葉があります。
時間の経過とともに、AuthenticityはINFPが感情の中で一人ではないことを理解しています。
彼らは他のタイプよりも自身の事を分かっています

すでに、これら2つのタイプが世界をどのように見ているかに大きな違いがあります。
INFJは、直観的な知覚機能をリードしており、INFPは感情による意思決定機能をリードしています。

多くのINFPにとって、意思決定機能をリードしていることを知ることは驚くことかもしれません。
なぜなら、このタイプにとって決定は疲れるものかもしれないからです。
Authenticityは本当に意思決定プロセスですが、4つの意思決定プロセスの中で最も遅い(他の3つはEffectiveness(外向的思考), Accuracy(内向的思考) Harmony(外向的感情))のは明らかです。

Authenticityは、物事が感情的にどのように感じるかが登録される必要があり、しばしばINFPは自身が決定をした後まで正しい決定を知らないでしょう。
これは、Authenticityを使う者がほぼすべての事実を見ることができるときに特に混乱します。
したがって、何がINFPにとって「正しいか」は慎重に解釈されなければなりません。

しかし、それぞれの決定とそれに続く感情的な影響はカタログ化され、将来の決定はより簡単かつ迅速になります。
“INFJ型とINFP型の違い byPH” の続きを読む