SJタイプ:心の病①

今日、私たちは最後のパーソナリティグループ、つまり guardiansについて話します。

SJはどのように精神疾患の影響を受けますか?

guardiansは、パーソナリティの専門家David Kierseyによれば、私たちの人口のうち最大の割合‐約40~45%‐を占めています。

彼女らは責任ある、勤勉な性質と、すべての社会で伝統を生かし続けるスキルで知られています。

彼女らは実践的で実用的で、しばしば非常に助けになる個人です。

免責事項

さまざまなタイプの精神的な病気やその傾向の科学的根拠を見つけることはかなり困難でした。

私はいくつかの経験的データを示すかもしれないこの記事の最後のケーススタディに関連していますが、この時点では多くの臨床研究は行われていません。

私は心理学者ではなく、この投稿はすべて理論と意見です。

この投稿は誰かの苦闘を侮蔑したり、それを軽視することを意味するものではありません。

あなたが特定のMBTIタイプであるという理由だけで、あなたはこれらの精神的な闘いの1つを持つつもりはありません。

私が何らかの形で完全に間違っているように感じたら、私に教えてください。

あなたがこれらの問題に苦しんでいるように感じたら、あなたの旅にあなたを助けるためのプロフェッショナルな助けや親友を見つけることができれば幸いです。

ISTJ:心の病

ISTJはMBTI世界の「監査人」です。

彼女らは論理的な考え方と、家族、伝統、そして実生活への愛情で知られている、信じられないほど責任ある人々です。

彼女らは現実的で、個人的であり、しばしば驚くほど変わったユーモアのな感覚を持っています。

心の病となると、ISTJはトラウマの状況でPTSDを発症する可能性が高くなります。

彼女らはまた、反社会性パーソナリティ障害、うつ病、および妄想性パーソナリティ障害に対してより脆弱であり得ます。

ISTJ:心的外傷後ストレス障害(PTSD)

An Empirical Investigation of Jung’s Psychological Types and Personality Disorder Featuresの実証的調査によると、ITタイプは他のタイプよりもPTSDを発症する可能性が高いとのことです。

これは、158人の男性退役軍人の事例に基づく結論でした。

彼らはまた、45人のPTSDの戦争退役軍人のうち64%がISTP、ISTJ、またはINTPのいずれかのプロフィールを持っていることを発見しました。

なぜそうなるのでしょう?

ISTJによって使用されている強い内向的感覚が、トラウマの記憶から離れることをより困難にする可能性があります。

内向的感覚は、過去のデータと記憶を信じられないほど鮮明に詳細に保存する能力を持ちます。

Si-dominantタイプは、夢想に過去を保持し、他の多くのタイプよりも正確な記憶を持つことが多いです。

PTSDは過去の思い出を再現することによってしばしば現れるので、Si-dominantタイプはこれを発展させるリスクが高い可能性があります。

もちろん、どんなタイプのPTSDでもPTSDを発展させる場合があります。

しかし、ISTJは特にこれを発展させる大きなリスクにさらされている可能性があります。

ISTJ:反社会性パーソナリティ障害(ASPD)

今日の心理学は、反社会性パーソナリティ障害を「他者の権利の無視および侵害のパターンによって特徴付けられる障害」と定義しています。

Psych Centralは、「反社会性パーソナリティ障害を持つ個人は、しばしば共感がなく、他人の感情、権利、苦しみを冷淡に、冷笑的に、軽蔑する傾向がある」と説明しています。

私はこの障害に苦しんでいるISTJを個人的には知りませんが、非常に不健全なISTJがこのリスクを負う可能性があります。

dominant function Siしか発達しておらず、他者を犠牲にする不健全なISTJは、ASPDの診断を受ける可能性のある多くの形質を示すかもしれません。

 
不健全なISTJは、これらの形質の1つまたは複数を示す場合があります

他人への関心の欠如、またはそれらに関連すること

他人を犠牲にして自分を守る傾向

他人の気持ちや考えを理解しようとすることなく、それを無視する。

自分よりもむしろ他人に批判的

誰にも考えや感情を伝えるのが難しい

ISTJ:妄想性パーソナリティ障害(PPD)

「Mentalhealth.com」は、妄想性パーソナリティ障害を持つ人々について述べています。


「彼女らが他人に犠牲にされていると誤って信じている、と言っています、

彼女らは他人に非常に批判的ですが、自分自身への批判には過敏です。

彼女らは恨みを持ち、彼女らが受け取ったと思っている侮辱に対して容赦しません。

ちょっとした侮辱は大きな敵意を呼び起こし、敵対的な感情は長期間続くでしょう。

彼女らの闘争的で懐疑的な性質は、他者の敵対的な反応を引き出すかもしれません。

彼女らは病的に嫉妬深いかもしれません。

私は、ISTJと妄想性パーソナリティ障害との唯一の関連は、非常に不健全なISTJに関連していると思います

ISTJはtertiary function として内向的感情を持ち、内向的感覚がうまく発達していないと、誰かを利己的、過度に批判的かつ嫉妬的に見ることがあります。

内向的感情そのものは良いものです。

どの認知機能には良い面と悪い面があります。

内向的感情の悪い面は、それがうまく発達しなければ、ISTJの中でPDDへつながる役割を担う可能性があるということです。

長い間持続している敵対的な気持ちは、ISTJのdominant function Siのせいかもしれなません。

彼女らは長い間記憶を保持し、他のタイプと同じように簡単に「解放」しません。

ISTJ:うつ病

An Empirical Investigation of Jung’s Psychological Types and Personality Disorder Featuresの実証的調査では、この研究はうつ病とITタイプとの関連性を示唆しています。

今日の心理学は、うつ病を「暗い気分ではなく、むしろ悲しみと無力感の永続的な感情と以前の楽しい活動に従事する欲求の欠如」と表現しています。

なぜISTJが他のタイプよりもうつ病に苦しむのかは、彼女らのdominant function 内向的感覚に関連している可能性があります。

彼女らが困難なまたはトラウマ的な過去を持っていた場合、現在志向のSPタイプまたは将来志向の直観タイプのものよりも、それを乗り越えるのに時間がかかる可能性があります。

また、ISTJは本質的に個人的であり、うつ病に苦しんでいるときに必要なサポートと安心を見つけるのは難しいかもしれません。

うつ病はまた、脳の化学的異常、ホルモンの不均衡などによっても引き起こされる可能性があります。

したがって、これらの精神疾患については、MBTIタイプについてすべてならない様に注意する必要があります。

私は特定のタイプが特定の病気の影響を受けやすい可能性があると説明する研究を推測して見つけることができますが、明らかに状況はそれよりもはるかに複雑です。

ISTJが助けを得る方法

まず、私が言及した精神病や病気のいずれかに苦しんでいるような気がするなら、まずは専門的な助けを求めることです。

明らかに、個人として、それをするのは難しいでしょうし、セラピストやカウンセラーが提供できる助けを疑うかもしれません。

受容的な心を持って、信頼・信用できる人を探すために強いSiの力を使うようにしてください。

あなたがこれらの病気のいずれかを発症する危険性があると感じたら、それを防止したい場合は、すべての機能の均衡を保つように努めてください。

あなたのすべての機能(内向的感覚、外向的思考、内向的感情、外向的直観)を使用する健全な方法を見つけることを試みてください。

これを実践すればするほど健康的になるでしょう。

ESTJ:心の病

彼女らはしばしばいわれのない非難を受けます。

確かに、彼女らは責任があり、論理的で、直接的で勤勉ですが、面白く、友好的で、暖かく、献身的な家族でもあります。

私はESTJを守る必要があると私はいつも思っています。

なぜなら、私がオンラインで見ていることの多くは、彼女らを厳しい、過酷な、完全に柔軟性のないものと描いています。

ESTJや精神疾患については、このパーソナリティと精神病との間には多くの関連性がありませんでした。

精神科医John M. Oldhamは、ESTJと受動攻撃性パーソナリティ障害を結びつけました。

これ以外に、私は他の関連性を見つけていません。

よって私たちはこれに取り組みましょう。

ESTJ:受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)

Mount Sinai Hospitalは、「受動攻撃性パターンを持つ人は、適切に行動しているように見えるかもしれませんが、実際には否定的かつ受動的に行動する」と言っています。

 
Psychology Todayは、受動攻撃性パーソナリティ障害の個人には4つの共通の特徴があると言っています。

対処が不合理

経験するのを不愉快に思う

敵意を直接表現することはめったにない

時間の経過とともに彼女らの潜在的な行動を繰り返す

 
OldhamがESTJとこの病気とを結びつけた理由について、私はその理由を見つけるのに苦労します。

私はこれに関連して見ることができる多くの詳細はありません。

私が知っているESTJは非常に直接的であり、受動攻撃的傾向を示しません。

不健全なESTJは、論理的志向であるため、自分の思考や感情を伝えるのが難しいかもしれませんし、題目や要求についての真の感情を隠し、それに関して積極的に行動するかもしれませんが、それは私が考えることができる唯一の関連です。

私はあたりを見回りましたが、これに関する他の情報を見つけることができませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です