不安-INFJ:LBP理論

LBP理論, INFJ

どのタイプも成功を享受し、失敗によって苦しみます。

しかし、私たちは同じ成功と失敗に対して、それぞれ認知に応じて異なる反応を示します。

私たちが最も大切にしていること、最も注目していることは、私たちに起こるすべてをどのように解釈するかを無意識のうちに決定します。

 
各タイプは最も深い恐怖、心配、不安に対する反応を持ちます。

それぞれのタイプには、認知ステップの独自の順序に起因する、最も深く、根本的な懸念が1つあります。

 
INFJの中心的な恐怖は、本当の自分は基本的に好感を持たれず、受け入れられず、そして他の人とあまりにも違うということです。

彼女らは自身を愛しているかもしれませんが、自身のほんの一部でも世界に見せることを恐れています。

誰かが本当の自分を見たら、呆れるのではないかと心配しています。

この恐怖は誰にでもあるものです。

しかし、INFJにとってこの心配はすべての根源にあるのです。

INFJの弱点

INFJの最も弱い認知ステップは感覚による「④観察」であるため、彼女らは他人の考え、動機、隠された意見に触れていないことを本質的に恐れます。

具体的には、彼女らは人々への観察が経験的な方法(S)においてすべての重要な意味と重要性(F)を欠いていることを心配しています。

心の底では、他者との交流に、その瞬間の楽しさと正常性(SF)が欠けているのではないかと恐れています。

自身の対人意識が十分に「SF」ではないというこの無意識の心配は、自身が根本的に他の人々と違いすぎるのではないかという恐怖につながります。

 
他者は衝突や危機に耐えるかもしれませんが、INFJは他者が通常の理解できる種類の問題を抱えていることを羨ましく思います。

彼女らの心は自然に無限の顔に触れたいと思っているので、他のすべての人に憧れを抱き、自身が本当に他の人々のうちの一人になること(皆と同じように普通になること)は決してできないのではないかと恐れています。

 
何らかの形でストレスやネガティブなことを感じたり経験したりするたびに、心は子供時代の安全だと思われる場所に急いで戻ろうとします。

これは、自身が受け入れられず、また本当の自分ではないのではないかという中心的な恐怖の急増を引き起こします。

 
その結果、「INFJの症候群」に耽ることに誘惑されます。

INFJの症候群

「INFJの症候群」とは、自分が他の誰とも違うことに困惑を感じる傾向です。

しかし、宇宙的で永遠的なレベルの普遍的な原理に対して魅力を感じるところなど、INFJを他の人とは違った存在にしている部分がINFJの専門領域であり、それゆえ最大の強みなのです。

しかしINFJは、誰かがこの原則への秘密の愛について知ったら、その人は自身をちょっと変な人だと思うのではないかと恐れます。

 
そのため、彼女らは意味のある無限のものに対して過剰補償をし、自身にはこの深く重要な側面(原則への愛情)よりも本当に多くのものがあることを証明しようと、自分の最大の強みを埋没させるかもしれません。

もちろん、INFJは楽しくて自発的なこともできますが、瞬間に喜びを感じるユニークで陽気な傾向を彼女らに与えるのは、普遍的な原則との秘密の関係です。

自分が十分に普通であることを証明するために自分の力を封印しようとすると、最も好感を持たれ、最も楽しく、最もクールな魅力の源を失ってしまうのです。

 
「INFJの症候群」により、INFJは自身の大切な専門分野を妨げ、宇宙的で普遍的な原則から切り離され、現在の瞬間にも適用できなくなります。

また、他人の動機や反応を正しく「観察」するのに苦慮し、周りの人が不快に振る舞うのは、自身に好感を持っていないからだと思うかもしれません。

しかし逆に、他者にあまりにも多くの印象を与えると、人々は不快感を示すかもしれません。

 
自身が輝ける原則を理解する時間を人々に与えてください。

INFJは人々が実際に自身のことをどれだけ好きかを知って驚くかもしれません。

 
反対に、普通でいることは悪いことだとほのめかさないように注意しましょう。

憤慨したINFJは、「人々誰もが、私が提供しなければならないものを好まないけど、それは人々が浅はかで無知だから」と言って対処することがよくあります。

 
ここでは敬意が鍵となります。いわゆる「普通」の人々に秘められた奥深さを尊重することを学びましょう。

真に浅はかで意地悪な人でさえ、ともすると人間の意志の驚くべき複雑さをすべて示して、畏敬の念を起こさせる普遍的な原則の例となることができます。

 
INFJが普通だと思っていた人々の多様性と深みへの敬意を育むにつれて、彼女らは誰からも多くを学び、ほとんど誰とでも一緒にいることが好きになり、あらゆるグループの中心としての才能を発揮することができます。

対照的に、特に不健康なINFJは、正常性(普通であること)は根絶されなければならない弱くて哀れなものであることを証明しようとたゆまぬ努力を費やします。

 
そして、敵意の最高潮が過ぎると、彼女らはますます自身が好かれておらず、理解されないと感じるだけです。

不健康なINFJの存在理由全体は、通常の人生に原則を適用するというINFJの専門性に直接反対して、人々に原則の利点と力を与えないことです。

この究極の矛盾は、自分の最も深く、最も大切な欲望と必死に戦うことであり、控えめに言っても惨めです。

 
しかし、健全なINFJでさえ、人生の困難時に群衆から目立つことを恐れながらも、本当の自分として好かれたいと密かに望んでいるときに、「INFJの症候群」に陥る傾向があります.

INFJは、自身を守るための本質的で意図しない方法として、人々を冷笑したり、自身が正常に見えるように自身の専門分野を公然と笑ったりすることがあります。

 
これらの意図的でない「INFJの症候群」へのスリップは自身を責めるものではありません。

自身を責めることで他人の非難から安心できるかもしれません。

しかし、通常はさらに疎外感を感じ、サイクルを悪化させます。

最後に

どのタイプも、自分または自分の愛する人が、すでに望む姿のすべてであると宣言したくなることがあります。

このタイプの不安は、忍耐強く学び、成長し、本当の成功を得ようとするのではなく、すでに目標に到達しているのが当然であるかのように感じようとする誘惑にかられます。

この意識は、「特別でありたい」という善良な願望を歪めてしまう有害なものです。

 
現実には、誰もが等しく、互いに異なる方法で特別になることができ、すべての人がユニークで多様な方法でユニークであることを可能にします。

Posted by melancoly