外向的感情・FJタイプ byPJ

外向的感情

感情タイプは、感情機能を使用して、世界に対する感情的反応を推量し、評価し、分析します。

彼女らは一般的に思考タイプよりも大きな感情の顕著性、変動性、多様性を経験します。

 
思考タイプの場合、感情機能はあまり意識されておらず、差別化されていないため、感情の変動や微妙さに気付く機会が少なくなります。

思考タイプの集積するすべての感情について、感情タイプは数多くの異なる感情や、感情の情調(気分)を区別します。

 
Feeler(感情タイプ)はそのような幅広い感情的な変化やニュアンスを認識しているため、単語はしばしば自分の経験を捉えて伝えるのに不十分であると感じることがあります。

これが、多くの感情タイプが詩、音楽、芸術に向かい、彼女らの感情的な人生を理解し、表現する別の方法を模索している理由です。

 
感情機能は、さまざまなテイスト(好み)の開発にも関係します。

テイストとは質的な好み – 好き嫌いです。

これは感情タイプが、感情機能を使用するための豊富な材料を提供する芸術や文化を探求することの別の理由となります。

同様の理由から、人や動物との作業は刺激的に感じる可能性があります。

 
外向的感情(Fe)は、ENFJおよびESFJタイプのdominant functionであり、外向的判断機能です。

 
外向的知覚機能(例えば、Ne)は、物事を自由に表現します。(例えば、「あなたは何について考えているの…?」または「私は疑問に思う…」)

外向的判断機能は、通常、宣言文(例えば、「感じる」または「好きではない…」)を利用します。

 
そのような違いは、表現的な調子で伝えられます。

J型(特にEJ)が質問するとき、J型はあまり快いわけではなく、典型的には外部受容性の態度を示さないので、彼女らの表現は自身の誠意に対する疑いを招くかもしれません。

宣言文を作成するP型(特にIP)についても同じことが当てはまります。

*J型が主に使用していない外向的知覚機能によって質問するとき、P型が主に使用していない外向的判断機能によって宣言文を使うとき、共に疑いを招くかもしれない、ということ

外向的感情(Fe) vs. 外向的思考(Te)

外向的感情による表現の内容は感情的である必要はありませんが、外向的思考(Te)のそれと比較して、そのパッケージング(包装・包み込み)には識別可能な違いがあります。

 
Teは、むしろドライで、生きていない、単調なものになっています。

ボリューム(声量)や感情表現に大きな変動がないことがよくあります。

 
Teは感情レベルで他の人とつながることに対して無関心です。

その目的は、情報をリテラル(逐語的・ありのままに)、明示的に中継する(取り次ぐ)ことです。

Teの表現力の相対的な欠如のために、非Feタイプ(Teタイプ)の感情を読むことはより困難になり得ます。

 
Teとは対照的に、外向的感情タイプ(すなわちEJタイプ)は自分の感情だけでなく、自身の意見も、ハッキリ表現します。

他人は、通常FJが何を感じているかを推測する必要はありません。

たとえ彼女らがすぐに言葉が出てこないと言っても、顔の表情で彼女らの気持ちを識別することができます(この理由から、FJタイプは主な職業としてポーカーのディーラーには向いていません)

 
Feタイプが他者と関わっているとき、彼女らは共有感情、特に「良い」感情の絆を作り出そうとしています。

これは、彼女らが外向的感情を使用するだけでなく、他者の感情を知覚する必要があります。

彼女らは、両者が同じ感情的な合意をすることができるように、自分の気持ちを理解し、報いることを望んでいます。

 
一致した関係や感情的な調和を生むことに対する満足はまた、FJが感情的または関係的な困難を伴う他の人の支援と相談を楽しむことを導きます。

同様の理由から、友情は一般的にFJにとって非常に重要です。

外向的感情(Fe)は内向的感情(Fi)よりも「表面的」?

外向的感情は、内向的感情(Fi)よりも「表面的」であると記述されることがあります。

これは、部分的には、外向的機能として、Feが深く集中的にではなく、あまねく広く、広範囲に働く傾向があるためです。

この表向きの表面性は、ほとんどが男性であるTP型で最も明確に例示されます。

 
いくつかの点では、TPはあなたの常識的な政治家であり、内側のTに基づくアジェンダ・協議事項(Ti)を隠しながら、外観は誠実で親しみやすいように見えます。(Fe)

特定のTPであるセールスマンやビジネスマンにも同じことが言えます。

そのような個人は、自身の議題を進めるために、自分のFeを虚偽的な方法または表面的な方法で使用することがあります。

男性の不義の割合が高いほど、感情機能の比較的弱いまたは表面的な性質に関連している可能性があります。

 
FJは確かに不義やマキアベリ主義に影響されていますが、FJの感情機能(外向的感情)をFiと比べて劣っているか、あるいはあまり開発されていないと考えるのは間違いです。

TPとは対照的に、FJタイプは、機能スタック内のより高い位置のためにFeの強い差別化を示します。

「差別化された」とは、さまざまな感情の声調、テイスト、価値観を認識する能力が十分に発達していることを意味します。

 
FJは、アート、音楽、道徳、人間の感情などの感情評価を絶えず改良しています。

彼女らのFeは外向的であるため、この差別化(分化)過程は主に周囲の世界を調べることによって起こります。

この点で、彼女らは主として他者の感情ではなく、自身の感情や主観的な反応(すなわち、内向的な感情)に焦点を当てているFPとは異なります。

 
要するに、感情機能は、FPやFJでも同様に開発され、差別化され、FeがFiに劣るという考えを無効にします。

FeとFiの主な違いは、感情判断を行うために使用されるデータの種類です。

Posted by melancoly