INタイプが行動に困難する理由

未分類

内向+直観タイプ(IN)は一般に思慮深い(黙想的な)タイプに分類されますが、外向的感覚(Se)タイプは行動的タイプとして解釈されます。

INの行動への抵抗感は、キャリアや関係性などの問題に寄与する場合があります。

行動の一般的な困難さにもかかわらず、抵抗感の具体的・根本的な理由は、INFP/INTP、INFJ/INTJの間で多少異なります。
この記事の目的は、これらの違いを明らかにすることです。

具体的には、INJの困難さは、理想主義と完璧主義に大きく由来しているのに対して、INPの困難さは、優柔不断さに関連していることを示唆します。

ウィリアム・ジェイムズによれば、「信念は、要するに、行動のルール」です。

否定的な意味では、あなたが信じていることや奉ずることが分からないと、行動する能力が損なわれる可能性があることを示唆しているかもしれません。

信念や理想は、私たちを特定の方向に向けます。

それらには、代替手段の否定、他の方法に対する一方の方法への優先が含まれます。

INFP & INTP

すべてのタイプの中で最もオープンで自由なタイプとして、INTPとINFPは確固たる結論に達するのが難しいことで知られています。

彼女らのdominant functionである判断機能(内向的思考(Ti)または内向的感情(Fi))は閉鎖性を求めていますが、彼女らのauxiliary functionである外向的直観(Ne)は疑念や追加の選択肢をもたらすのに熟練しています。

したがって、INFPとINTPは、自信をもって行動することができる世界観、アイデンティティ、または方向性を決めるのに困難する可能性があります。

自尊心、自信、不安などの問題は、INP、特にINFPの複雑な要因となります。

これは、タイプ理論に照らして、INFPの外向的判断機能である外向的思考(Te)が機能スタックのinferior functionにある点で理にかなっています。

Teを開発していないINFPは、恐らくその使用に起因する不安のために、外界で自分自身を主張することに関して、しばしば無力感を感じます。

高校の数学教師になることを決めたあるINFPは、これを難しい方法で学ばなければなりませんでした。
彼女は生き残り、効果的な先生になるために自身のTeを活用し、開発することを余儀なくされました。

INTPに関しては、懐疑主義と皮肉主義は、行動を起こすには大きな障害になる可能性があります。
多くのINTPは、実用的なことは言うまでもなく、知的にあらゆるものを完全に包含することは困難です。

彼女らは、理論と行動計画の欠点と限界を認識する専門家です。

与えられた解答を支持しても、彼女らの外向的感情(Fe)に対する信頼の欠如は、しばしば彼女らが行動することを妨げます。

したがって、INTPとINFPの双方は、世界で行動の道を探す際に無力感と不満を感じることがよくあります。

INFJ & INTJ

INTJとINFJは、彼らの信念とアイデンティティがに関してNPと同じ程度に決断に苦しむことはありません。

彼女らのdominant function 内向的直観(Ni)は、閉鎖性と信念の感覚をより強く与えます。

無限の選択肢を生み出す外向的直観 Neとは違って、Niはやや逆説的に、かなり集中的に行動することができ、判断機能のように機能します。

INJはしばしば、何が真実か、何が信じられるかについて、本能(すなわち直感)と確信感を持っていると報告します。

INJのinferior functionである外向的感覚(Se)は、間違いなくすべての機能の中で最も世俗的で行動指向のものです。
対照的に、Niは最も「異世界的」で、理想主義的で、抽象的です。

したがって、INJの行動に関する困難さは、これらの反対の機能を調和させるという闘いの観点から最もよく理解できます。

INJのNiは彼女らに理想を提供します。
つまり、外界を改善するための解決策や回答を提供します。

彼女らはしばしば、自身のビジョンを信じられないほど美しく魅力的なものとして見ています。

彼女らのNiによって提供される一見完璧な解決策よりも受け入れやすいものはないでしょう。

この理想を実現するためには、INJはそれを具体的な現実(Se)に変換する方法を見つけなければなりません。

残念なことに、人生は無秩序であり、そのような理想的な努力に容易に適合しないため、INJは、実現プロセスの過程でそのビジョンがほとんど変わらないことをすぐに知ります。

理想が汚染されると、INJ(特にINFJ)が落胆してすべての興味を失うのは容易です。

これにより、INJには2つの主要な選択肢が残されます。

第一の目的は、理想の生産者としての役割を果たすことであり、その理想の実現に自分自身は関わりません。

この選択しはNiを満たすかもしれませんが、望む(理想とする)外部変化の具体的な形跡(Se)を提示することはできません。

INJはエージェント(代理人)に変更されているので、アイデアのみを作成することはしばしば不満を感じることがあります。

それにもかかわらず、理想的ではない産物を受け入れる代替手段(この選択肢)に直面すると、多くのINJはこの動作モードで、少なくともしばらくは我慢します。

これは、INJが学問に集まる理由かもしれません。
彼らは、彼女らの理論を、応用に対して多かれ少なかれ独立して働かせることができます。

執筆やその他の芸術的な追求はまた、INJに彼女らの直接の適用の心配なしに自身の理想を表現する機会を提供します。

そうすることで、彼女らは多くの点でINPのように機能しています。

INJの第2の選択肢は、完璧ではないものを受け入れつつ、積極的にアイデアを実現することです。

この選択肢は、あるレベルでNiに対して挫折感を抱きつつ、inferior function であるSを和らげます。
また、新たな懸案事項も紹介します。

すなわち、いったんNiの理想が変色すると、どの点で許容可能なものか、「十分に良い」と考えることができるのでしょうか?

この質問は、仕事と人間関係の両方で不可避です。

彼女らは、産物や関係が受け入れ可能かどうか、あるいは時期であれば損失を減らしてやり直すかどうかを問うことを余儀なくされます。

彼女らはそれを止めることを選ぶならば、感覚の世界で自身の手を使うか(現実化するか)どうかの彼女らの元のジレンマに再び直面するでしょう。

最後に

INPは習慣的な優柔不断さに苛まれ、INJは困難な理想主義と完璧主義に苛まれています。

しかし、INPが理想主義と戦っていない、あるいはINJが決断を下すのに苦慮していないということを言っているわけではありません。

Posted by melancoly