INTJの適職とキャリア

INTJのパーソナリティタイプは、自身の独特な才覚と能力を利用できるキャリアを求めています。

平凡で普通な仕事に就くことは、このタイプの選択肢にはありません。

幸いにも、INTJの求職者には、多くの優れたキャリア選択肢が用意されています。

彼女らは、科学者、エンジニア、学者、コンピュータシステムのアナリスト、弁護士、建築家などとして働くかもしれません。

INTJは変化の主体者または改革者の役割として優れている傾向があります。

彼女らの内向的直観(Ni)は、壮大なビジョンを定式化するのに熟練していますが、彼女らの外向的思考(Te)は実施計画を立てています。

変化と改革のための彼女らの駆動は、政治からビジネス、教育などあらゆる分野のoutlet(出口)を見つけるかもしれません。

ENTJの求職者と同様に、INTJは、一般に、INTPよりも構造化された作業環境(特に、うまく設計され、効果的に管理されているもの)を許容することができます。

より大規模なシステムの一部として機能する意欲は、INTP求職者に永久に閉されたように見える職業の扉を開きます。

Teシステムと共に働くことができる彼女らの能力のために、INTJは、分析的、戦略的、洞察的な力を活用して、さまざまな場面で自分自身のニッチを切り開くことができます。

昇進が政治や人気ではなく能力に基づいている組織では、INTJはすばやくトップに行くことができます。

彼女らは、組織の政治やレッドテープが本当の変化や進歩の機会を妨げるような状況では、簡単に挫折する可能性があります。

INFJのように、理想主義的なビジョンと現実の抵抗との間の差は、INTJの最大の不満の1つです。

これは、INTJが学問的または創造的なキャリアを選ぶ理由の1つで、これらのキャリアは現実世界での実行が困難な抽象的な研究に集中することを可能にします。

実際、INTJは、大学教員の間で最も一般的なパーソナリティタイプです。

INPと違って、彼女らは比較的小さい現実に彼女らの興味を集中させるのを気にしないので、学術的な立場はINTJにとって満足できるものです。

これはNiの直感から始まり、厳密なTe解析に収束する機能スタックを考慮して理解できます。

INTJのホランドコード/興味

INTJのキャリア・職業興味の議論を方向づけるために、John HollandとStrong Interest Inventoryによって記述された6つのテーマについて説明します。

ホランドのキャリアのテーマには、現実的(R)、研究的(I)、芸術的(A)、社会的(S)、企業的(E)、慣習的(C)、または「RIASEC」として知られる6つの領域があります。

これらの文字は、複数文字の「ホランドコード」(例えば、IAS、RAI)を形成するパーソナリティタイプと同様の方法で組み合わせることができます。

これは個人が彼女らの最高のキャリアマッチを特定するのを助けることができます。

現実的領域に興味を持っている個人は、物理的な手の作業に優れていることが多く、機械を伴うことが多いです。(例えば、車両の修理、コンピュータによる工作、建設)

彼女らはコンピュータサイエンス、エンジニアリング、物理学、建築、建設などのキャリアを選ぶかもしれません。

彼女らはしばしば視覚的または運動感覚の学習者であり、一般に空間認識能力として知られるものに優れています。

強力な空間認識能力を持つ人は、立体図を構想し、心の中で回転させるだけでなく、概略図や図を使用することがよくあります。

INTJのdominant function 内向的直観(Ni)はしばしば強い視覚的要素を持っています。

これは、視覚情報を伴う作業になるとINTJが特に才能を発揮することになります。

Niの全体的および視覚的性質のために、INTJは、より多くの理論、視覚化、および想像力を必要とするより高レベルの数学で往々にして卓越しています。

現実的タイプは人よりも「もの」を使った作業に優れています。

したがって、この興味領域がF(感情)よりもT(思考)の選好と相関していることは驚くべきものではありません。

研究は、S(感覚)、T(思考)、P(知覚)タイプの方がN(直観)、F(感情)、J(判断)タイプよりも現実的な作業に多少引き寄せられていることを示唆しています。

建設などの現実的な仕事に専念することはめったにありませんが、INTJは現実的と研究的の興味を組み合わせたキャリアを追求しています。

科学、コンピュータ、技術、建築などはすべて現実的機能を持ち、INTJには適しています

仕事があまりにも平凡でないか理論から切り離されていない限り、INTJはこの種の分野で満足を見つけることができます。

研究的領域には、分析的、科学的、学術的な興味が含まれています。

研究的タイプは、アイデア、理論、事実、またはデータを使って作業することに優れます。

一般的に、適性検査の数学的な部分ではよく機能します。

物理学や数学に興味を持つ人は、しばしば科学技術、工学、コンピュータサイエンスなどの分野でのキャリアを追求します。

「物事」を調査することに興味がある人は、一般的にホランドのIR(研究的‐現実的)コードを持っています。

IRは「自然科学」(物理学など)に重点を置くことがありますが、研究的-幻術的(IA)興味を持つINTJは、社会科学(歴史、経済、心理学、社会学、地理学、人類学、考古学、政治学、 等。)に惹かれます。

IAタイプは、しばしば心理学的または社会文化的な問題に興味を持ち、社会科学、哲学、批判理論、または調査ジャーナリズムを研究するかもしれません。

彼女らはまた、ノンフィクションの執筆を選ぶかもしれません。

INTJは、IRまたはIAキャリアのいずれかでも優秀な能力を備えているようです。

彼らがどの方向を向いているかは、言語能力(IA)対、非言語/空間認識能力(IR)の強さに依存するかもしれません。

研究的タイプと協調して、芸術的興味を持つ個人は、しばしば知的または文化的志向を有します。

彼女らは一般的に適性検査の言語の項目で優れています。

芸術的領域は、Myers-Briggsの直観と強く相関し、(N)直観ほどではありませんが、(F)感情や(P)知覚と強く相関しています。

俳優、ミュージシャン、画家、ダンサー、詩人、彫刻家、作家、デザイナーなどを含む、非慣習的かつ創造的な興味を持つ人々を捉えています。

当然のことながら、芸術と人文科学を学ぶ学生の間では、芸術的タイプが良く見受けられます。

図書館学に興味がある人も、この興味領域に入る傾向があります。

真のアーティストとしてはINFタイプよりもINTタイプの方がやや難しいかもしれません。

一般に、INTJは、芸術を創造するよりも真実を追求することにより関心があります。

彼女らは、創造的または芸術的な才能を、自分自身の目的ではなく、自分のアイデアを表現する手段として使うことができます。

たとえば、アイデアを表現するためのプラットフォームとして美しいウェブサイトを作成するよう努めているかもしれません。

IAの興味のように、AIタイプは、哲学、社会科学、または学際的な研究に魅力を感じる可能性があり、そのすべてが、パーソナリティの創造的で合理的な側面を利用することができます。

社会的興味のある個人は、人々との仕事に優れます。

いくつかの個人は、人と物の両方と働くことに優れますが、この領域は現実的領域とは概念的に反対であることがよくあります。

社会的興味は、教師、医療従事者、聖職者、トレーナー、世話人の間で共通しています。

社会的タイプはしばしば外向(E)と感情(F)の選好を示します。

一般的に、INTJは社会的キャリアを正しく回避します。

特に男性INTJの場合、これは最も適合性の低いキャリア領域である可能性があります。

企業的領域は、製品、アイデア、またはサービスの宣伝または提供を伴います。

そのような個人は説得力があり、主張的であり、競争的環境に優れている傾向があります。

典型的な企業的キャリアには、営業とマーケティング、ビジネスと経営、法律、政治、ジャーナリズム、保険、起業家精神、株式取引が含まれます。

INTJのNi-Te-Se機能は、トラブルシューティングやコンサルタントとしての成功に貢献します。

INTJは、マネージャーまたは役員としても機能します。

INTJがビジネスに参入するのを見ると、多くの人々が驚いています。

結局のところ、ほとんどのINTJは研究的キャリアを追求していますが、企業的キャリアは感覚(S)のタイプによってより一般的に追求されています。

それにもかかわらず、ビジネス界はINTJに多くの特徴を発揮する機会を提供しています。

上位レベルのリーダーとして、彼女らはビジョナリー(先見の明のある人)、戦略プランナー、オペレーションマネージャー、システム思想家などとして機能することができます。

ビジネス関連の問題を解決する潜在的なスキルが何であれ、INTJはビジネスキャリアを追求する際には注意が必要です。

私たちがすぐに議論するように、彼女らのinferior functionによって物質的報酬へ惹かれることは、INTJの燃え尽きや仕事中毒につながる可能性があります。

慣習的興味を持つ個人は行政業務に優れます。

彼女らはデータを操作するのに熟練しており、組織化され、細部を重視しています。

慣習的職業の例としては、会計、簿記、秘書業務、銀行業務、校正、給与計算、および技術執筆などがあります。

この領域の人は、感覚(S)、思考(T)、および/または判断(J)をしばしば選好します。

典型的には慣習的仕事には興味がありませんが、INTJは必要なときに能力を発揮します。

決して包括的なキャリアリストではありませんが、INTJは探求に値する次のキャリア、仕事、または専攻を見つけることができます。

現実的(R)キャリア

コンピュータサイエンス、システムアナリスト、情報学、プログラマー

ソフトウェア設計

エンジニアリング(すべてのタイプ)

都市計画

化学者、数学者、天文学者、物理学者

応用科学、技術、技術者

環境科学、地理学、地質学

建築家

研究的(I)キャリア

保険数理士

生化学、生物学、神経科学

法律、弁護士

経済学/エコノミスト

財務計画/プランナー

哲学者、神学、神学者

健康/医学、公衆衛生

学者/研究者

社会科学(心理学、社会学、政治学、歴史学、人類学)

情報/図書館科学、図書館員

批評家、批判理論

ノンフィクションライター

医師、医師:神経科医、病理学者、内科

芸術的(A)キャリア

グラフィック/ウェブサイトデザイナー

ジャーナリスト、編集者、ブロガー

映画プロデューサー/監督

社会的(S)キャリア (典型的にINTJに避けられる)

企業的(E)キャリア

マネジメント、マネージャー(上級/役員)

コンサルタント(政治家を含むあらゆるタイプ)

慣習的(C)キャリア

テクニカルライター

INTJのキャリアの中でのinferior functionの役割

他のタイプと同様に、INTJは、彼女らのinferior functionである外向的感覚(Se)の無意識の影響を受けやすくなっています。

多くの人は、上位2つの機能(Ni&Te)よりもむしろSeの希望と願望に基づくキャリアを選択します。

そうすることで、INTJは典型的にはSPに人気のある職業に自分自身を見つけるかもしれません、それは彼女らにストレス、枯渇し、満たされていない感じを残す場合があります。
おそらく最も一般的な例はINTJが彼女らのSeを満足させる方法として有利なビジネスキャリアを追求しているときです。

ビジネスキャリアは物質的な安定を約束するだけでなく、しばしば高い社会的地位の機会を含みます。

この豊かなライフスタイルの考え方は、意識がほとんどなくても、INTJのSeには非常に魅力的です。

それと同時に、私たちは、INTJが精神の生活(Ni)を愛しているということを知っていて、お金を稼ぐことや、理想的ではない仕事をしなければならないことに心配する必要がないことを願います。

したがって、INTJはNiとSeがキャリアの中で適切なバランスをとるようにしなければなりません。
これには彼女らが最も意識的な自己に根ざしたままになるようにNiを導くことを保証することを含みます。

INTJ, 適職

Posted by melancoly