INTP vs. ENTP byPJ

INTP, ENTP

INTPとENTPは、自主性、自由、創造性、知的探究などに価値を置き、似ているタイプと見なされます。

他のNPタイプと同様に、彼女らは包括的思想タイプです。

彼女らは歴史的、宗教的/精神的、思索的な哲学、彼女らが望んでいる不思議と神秘性の感覚を生み出す話題に惹かれます。

これらなどの類似点は、NTPが同じ認知機能をわずかに異なる順序で使用するという事実に由来します。

INTP

Dominant function:内向的思考(Ti)

Auxiliary function:外向的直観(Ne)

Tertiary function:内向的感覚(Si)

Inferior function:外向的感情(Fe)

ENTP

Dominant function:外向的直観(Ne)

Auxiliary function:内向的思考(Ti)

Tertiary function:外向的感情(Fe)

Inferior function:内向的感覚(Si)

 
彼女らの多くの共通点は、E-Iの違いが典型的に目立つ状況でも、これらのタイプの差別化を困難にする可能性があります。

たとえば、あまりにも社交的ではないENTPと、尊敬できる社会的スキルを持つINTPに遭遇した場合、それぞれのタイプ判断は困難な可能性があります。

 
NTPが同じ外向機能、外向的直観(Ne)と外向的感情(Fe)を使用するという事実は、特に彼女らを区別するのを難しくします。

どちらのタイプも好奇心が強く、賢明で、知的で、機知に富む傾向があるためです。

 
NTPの機能の順序を理解することは、かなり重要であり、私たちは彼女らの表現における主要な相違点を予測することができます。

 
すなわち、ENTPのdominant functionはTiではなくNeであるため、下記の傾向があります。

 
おしゃべりで、社会的に主張的で、協力的

書面によるコミュニケーションや独立した考え方ではなく、他者とのアイデアを探求することを好む

内向きの集中が少なく、散漫性が高い

タスク/トピックに留まるのに苦慮する

多様性と幅広い関心を示す

彼女らの無尽蔵の好奇心を満たすに人生は短すぎる

 
INTPのdominant functionは内向的思考(Ti)であるため、下記の傾向があります。

 
比較的おしゃべりでない

ゆっくり、慎重で、流暢でないコミュニケーション

彼女らの言葉遣いは、とても簡潔さを示す

アイデアのより慎重な評価/表現を可能にするための書面によるコミュニケーションや独立したアイデアを優先する

より大きな自主性と自己指向性を示す

他の人の助けを求めるのが遅い

独立した判断と決定を好む

邪魔されない思考のために日常的に孤独を求めたり、周りの世界に無関心になる

より限定された関心を示す

INTPとENTPのinferior functionの違い

タイプ区別における、より興味深い、見落とされた要因の1つは、inferior functionです。

タイプの4つの機能の中で最も無意識のinferior functionは、抑圧された、失われた機能として記述されることがあります。

しかし、その無意識の性質が、他の3つの機能よりもそれほど重要ではなく、影響力のあるものではないと考えるべきではありません。

Inferior functionは、私たちの動機、興味、アイデンティティ、および関係性を形成する上で驚くほど強力な役割を果たすことがあります。

 
NTPの機能スタックの下半分には、FeとSiがあり、INTPの最も無意識な機能はFeで、ENTPの最も無意識な機能はSiです。

Inferior functionに関する問題や欠点を補うために、それぞれはinferior functionに関することを過度に強調し、また理想化する傾向があります。

 
内向的感覚(Si)は、その過去 – 慣習、信念、伝統など – を参照して現在に知らせます。

具体的には、Siは個人に深く親しみや慰めを与え、感傷的な感覚を生み出すものを好み、おそらくENTPは過去を内省する際の畏敬の念や神秘性のようなものを好むでしょう。

ENTPはしばしば、現在のものよりも好ましいと見られる特定の時代のアイデアや実践に対して、ある種のロマン主義を示しています。

 
さらなる議論が、理想化された過去に結びついていることが判明している特定の問題について、通常は受容的な思考のENTPが突然、熱狂的、独断的になることがあります。

たとえば、あるENTPは、愛と結婚へのアプローチは20年前、さらには50年前の方が良いとの考えを告白しました。

彼女がこの結論に至ったのは、少なくともこのときは、dominant function Neを犠牲にしていたからです。

Neを犠牲にしなければ、デートに利用可能な選択肢のバイキングに興奮するでしょう。

 
また、多くのENTPはその宗教的遺産に関して特定の歴史的期間を称賛しています。

そのような個人にとって現代の病に対する解決法は、前向きではなく、後ろ向きす。

感傷的で理想化されたinferior Siのレンズを通して見れば、過去は私たち(より正確にはENTP)が繋がったままでなければならない牧歌的な場所です。

心理学的には、これはinferior Siに繋がって統合するというENTPの願望の投影または象徴と見ることができます。

 
多くのINTPは歴史を勉強していますが、古代の伝統の復活による救いに対して、一般的に懐疑的です。

INTPは、この点で、統合された権力構造を弱体化し、個々の自由を増大することに目を向け、何らかの無神論主義哲学を採用しているかもしれません。

INTPの精神的探求は主にTiとFeの調和に集中しています。

この探求には少なくとも2つの根本的な懸念事項があります

1つは人/関係、もう1つは意味/目的です。(Fe)

 
思想タイプにもかかわらず、INTPは一般的に人々を学ぶこと、および/または関わりに強い関心を示しています。

たとえば、あるINTPは、一般的に宗教はもちろんのこと、キリスト教の生涯にわたる学徒です。

現代の宗教界の有力な神学者や影響力のあるすべての人に従っています。

彼女にとって、興味深いのは神学だけではなく、思想指導者自身の生活です。

これらの個人と直接関わることはめったにありませんが、彼女はこの幅広い神学共同体とその継続的な対話に参加することを心に描いています。

 
INTPは意味を求める人でもあり、より否定的に言えば、一般的には人生に意義や意味がないことを心配しています。

彼女らの感情機能の潜在意識の性質のために(Feがinferiorであるために)、人生の容易な快楽の価値を体験することに苦慮するかもしれません。

彼女らの典型的な対応は、しばしば哲学的、宗教的、または心理的な構造のレンズを通じて、抽象的な意味を求めることです。

彼女らは、正しい哲学や世界観を見つけることが、虚無主義や無意味の恐怖から逃れるのに役立つだろうと感じています。

 
私は人生の無意味さに深く悩まされたENTPには会ったことがありません。

確かに、すべてのINTPが明白に苦労しているわけではなく、これらの問題を抱えて苦労するであろう生活のポイントに達しているわけではありませんが、INTPの知識人にとっては特に意味/無意味に対する懸念が一般的です。

最後に

タイプ判断に関して最も重要なことは、inferior functionの問題が想定している特定の形態ではなく、それに注がれた注意、理想化、そして熱意の量です。

通常予測されるものとは対照的に、すべてのタイプは、tertiary function、時にはauxiliary functionよりもinferior functionに理想化し、大きな関心を寄せているように見えます。

これは、「欠けている(重要なものが私の人生に欠けている。)」として経験されたinferior functionに由来し、したがって、inferior functionは発見、開発、統合が最も切望されています。

 
あなたが慎重に観察するならば、あなたは、INTPが人との関りに(F)を気にし、ENTPが伝統/過去(S)を気にすることに驚くかもしれません。

これは、NTPがinferior functionのマスターであることを示唆するものではありませんが、両者とも自身の要求を満たすことを確かとするために、inferior functionを使用するでしょう。

それはすべてのタイプに共通するプロセス、すなわち、精神的完全性の探求への参加です。

関連記事

Posted by melancoly