ISFJの性格 byPA

ISFJ

ISFJは一般の人口の約14%を占めますが、私たちは確かに彼女らがよりいたらと願います。

ISFJタイプは、人生の危険から人々を守ることによって、サービスを提供します。

彼女らは、誠実で信頼できる人であり、他人に配慮し、される必要があることを行います。

ISFJは他人をケアすることから喜びを得て、高い義務感を持っているので、David Keirseyはこのタイプを「The Protector(保護者)」と呼びました。

そしてISFJは4つの気質モデルの粘液質 – 黒胆汁質タイプと同等です。

ISFJのその他の名前

Protector-Supporter(保護者・支援者)(Linda Berens)

Conservator or Protector(保護者)(David Keirsey)

Amiable Helper(優しい援助者)(Niednagel)

Practical Helper(保護的援助者)(MBTIonline.com)

 
ISFJは、他の人々の意見に関心を持つ傾向があります。

彼女らは本当に他の人をケアしますが、他の人が彼女らを、信頼できる、慈悲深く、尊敬できる人と思う事が彼女らにとって重要です。

ISFJは、他のいくつかのタイプと同じく、オープンでなく、おしゃべりでないので、理解されるのが難しい場合があります。

彼女らのシャイさは、頑なさと誤解されるかもしれません。

他者を援助する彼女らの意欲は、対立への恐れと誤解されるかもしれません。

 
一般的に、彼女らは控えめで静かなように見え、自身の利益よりも他人の利益を優先します。

ISFJは規則を信じており、確立された手続の有効性について疑問を呈することはほとんどありません。

彼女らの優れた責任感のために、ISFJは多くの残業をし、しばしば過労に終わり、評価されません。

当然と受け取られる感情はISFJを悩ませるかもしれませんが、彼女らはまだ不平を言わずに、必要とされることを行うでしょう。

ISFJの意味

ISFJは内向(I)、感覚(S)、感情(F)、判断(J)を表します。

内向:ISFJは自らの内側にエネルギー源を見つけます。

感覚:ISFJは、見ること、聞くこと、感じること、触れること、に焦点を当てています。また、アイデアやコンセプトよりも実践的な体験を好むということも意味します。

感情:ISFJのエネルギーは、他人に奉仕するために外部に向けられています。彼女らの意思決定は、他者の感情への影響を考慮して行われます。

判断:ISFJは構造や組織を好みます。

ISFJとジェンダーの問題

Otto Kroegerは彼の著書「Type Talk」で述べているように、典型的なISFJプロファイルは女性のステレオタイプです。

静かで、従順で、きちんとしていて、誠実で、思いやりのある優しさは、通常女性の性質と関連しているため、ISFJの男性は本質的な傾向を抑え、他の男性のように行動するべきという圧力を感じています。

ISFJの男性の中には、自身を証明しようと、過度に競争力が強く、積極的で強く主張し、極端になってしまう人もいます。

ISFJの恋愛・人間関係

ISFJは静かで内気な傾向があるので、彼女らの関係はゆっくり、しかし確実に発展します。

しかし、彼女らが恋に落ちると、彼女らは典型的には激しく恋に落ちます。

コミットメントが行われると、ISFJは非常に誠実なパートナーになります。

ISFJは結婚や家族を非常に高く評価しているため、独身のときには不十分だと感じます。

 
結婚はISFJに、彼女らの愛にとっての「outlet」と他人をケアするという希望を提供します。

彼女らはあまりにも多くを与えることを喜んでいるので、他者にも同じ期待をしますが、しばしば失望に終わります。

いくつかのケースでは、彼女らが気にかけている非常に多くの人々は、彼女らを必要以上に働かせることで、自らの利益を得ています。

 
ISFJは個人のニーズや欲望以上に安定性を重視しているため、彼女らは従う可能性が高く、パートナーはそれをよく知っています。

失望したISFJは自分の気持ちを内に留める傾向があり、苦しみをより深刻にします。

 
ISFJは優秀な主婦をしています。

彼女らの家はきれいで整理されており、食事は魅力的で時間通りに準備され、家計を握っています。

彼女らは家族の出来事を非常に重視し、料理、掃除、装飾、または愛とケアの表現として必要なことをすることによって、それが起こるように喜んで支援します。

ISFJの学習スタイル

ISFJは、実践的な応用を通して最良に学ぶ良い学生である傾向があります。

効果的に勉強するために、ISFJにはいくつかのことが必要です。

自身に必要なものを明確に理解したい

彼女らには明確な手続きが必要

研究のペースはあまり速くすべきではない

彼女らには静かな学習環境が必要

 
一般的に、ISFJの学生は時間通りに作業を完了しますが、受け取った情報の量に圧倒されたときや、自身の高い基準を満たせないときは、遅らせることがあります。

彼女らは簡単な読みやすいスタイルで書く傾向がありますが、書き込み能力にあまり自信がないときに他人に自分の書き込みを読ませたくないかもしれません。

ISFJの意思決定スタイル

ISFJが決定を下さなければならないときは、通常、事実を収集し、手元にある状況を調べることから始まります。

可能な行動コースがいくつかあると、その価値と他の人への潜在的な影響に基づいて各オプションを評価します。

しかし、いったん決定が下されると、彼女らは決して決定を変えません。

ISFJのリーダー

一般的に、ISFJは積極的にリーダーシップのポジションを求めていませんが、良いパフォーマンス、義務感、規則に対する尊重に基づくリーダーシップのために、リーダーに選ばれることがよくあります。

 
ISFJのリーダーの特徴

各個人のニーズに敏感であり、組織の方針と手順に従う

作業が間に合って行われるようにする

自身にしないことを、他人にしない

ISFJの職場環境

ISFJは、静かで組織的な環境で働くことを好みます。

ISFJは混乱の中で働くことはできません。

プロジェクトが始まる前に、すべてがその場所になければなりません。

論文は適切にラベルを貼って提出しなければならず、机を整理しなければならず、目標を明確にする必要があります。

 
他のタイプよりも、ISFJは中断を処理することができません。

彼女らは中断された後で思考を回復することがとても難しいので、最も生産的になるためには単独の時間を計画する必要があります。

 
ISFJは人と仕事の両方を大切にしているため、従業員のニーズを満たす組織で働いているときに満足しがちですが、仕事をやり遂げるための適切な設定を行います。

ISFJは本質的に人を志向しているので、彼女らの理想的な仕事は、他の人に具体的な利益をもたらすものでなければなりません。

一般的に、ISFJはルーチンと確立された手続きを享受します。

プロセスがすでに効率的であれば、変更を実行することを躊躇します。

 
ISFJは現在に焦点を当てています。

彼女らは一般的に将来の可能性に興味がありません。

ISFJは大きなビジョンを持つ人物ではありませんが、明確な計画に固執して目標を達成することについて、彼女らは最高です。

ISFJの事実

ユーモアのセンスが不足しているように見えるかもしれませんが、現実にはまったく真実ではありません。

彼女らはジョークが好きなだけでなく、他のタイプの人には不適切だと思われるジョークを楽しむことがよくあります。

これは穏やかで思いやりのある個性を考えると驚きです。

ISFJは軽口をたたくのも好きです。しかし、誰かを怒らせる恐怖の中で、彼女らは親しい人に対して独自のブランドであるウィットを控えています。

 
自分の考えや気持ちを自分自身にとどめる傾向がある

しばしば先延ばしにするが、彼女らは常に仕事を時間通りに行う
パーキンソン病の法則(「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」)は、ISFJについては特に真実である

ISFJはあなたが今までに会った最も気を配る人の一部

他の人のニーズを最初に考えるので、彼女らは利用されることに対して非常に脆弱

特定の人々の周りで異なった行動をとることがある

自身がどれほど快適に感じるかによって、さまざまな人々との行動を調整する

非常に静かで控えめなので、彼女らの仕事に対して信頼を与えられないことがある

「いいえ」と言いにくい

ISFJと共にいる人は、彼女らの快適ゾーンから脱出することが特に難しいと感じる

ISFJは、最も利他的なタイプの1つ

あなたが値しないときでさえも、ISFJはあなたのためにそこにいる

争いを非常に不快に思う

Posted by melancoly