ISTJの性格 byPA

ISTJ

ISTJは人口の10~14%を占めています。

ISTJの他の名前

Responsible Realist(責任感ある現実主義者)(official MBTI site)

Inspector(監査人)(David Keirsey, “Please Understand Me II”)

Trustee(管財人)(David Keirsey, “Please Understand Me”)

Planner Inspector(計画者・監査人)(Linda Berens)

Super Dependable(信頼できる人)(Alan Brownsword)

Investigator(調査者)(Jonathan P. Niednagel)

Life’s Natural Organizer(組織者)(Otto Kroeger, “Type Talk at Work”)

Logistician(物流管理者)、Examiner(審査官)、Pragmatist(実践主義者)、Duty Fulfiller(義務を果たす人)

 
ISTJは4つの気質モデルの胆汁質タイプと同等です。

ISTJの意味

ISTJは内向(I)、感覚(S)、思考(T)、判断(J)を表します。

内向的タイプであるということは、自身の内部に集中し、時間を費やしてエネルギーを得ることを好むことを意味します。

感覚タイプということは、抽象的なアイデアや概念ではなく、具体的な事実を扱うことを好むということを意味します。

思考タイプということは、論理的であり、感情ではなく理性に基づいて意思決定を行う傾向があることを意味します。

判断タイプということは、自発性(即興性)よりも構造と組織を好むことを意味します。

ISTJの概観

ENTJは共感と優しさ、ENTJは達成、INTPは創造性と革新ですが、ISTJは責任感です。

彼女らは、状況がそれを必要とする場合、パーソナリティを欠いて行動することを含む、実行する必要のあることを行います。

 
David Keirseyは、著書「Please Understandstand Me II」で、ISTJについて以下の様に語っています。

「ISTJは、信頼できる、有益な、そして尊敬できるものと見なされるという自己イメージに基づいている。」

 
信頼でき、有益で、尊敬できる – ISTJを本当に理解したいのであれば、この3つの言葉を念頭に置いておく必要があります。

ISTJが行っていることのほとんどは、これらの3つの性質を持っていると思われたいという結果です。

彼女らが他人にそう思われ、そう感じられることを願っています。

 
体系的で勤勉なISTJは、既存の構造を尊重し、階層に従って、コミットメントを尊重します。

彼女らは適切な時に適切な場所に適切なものを得るでしょう。

事実や細部を把握する能力は特に顕著です。

 
ISTJは注目を集める者ではありません。

一般的に、彼女らはスタイルよりも快適性を好みますが、スタイルを選択しなければならない場合、それは古典的なものになります。

ISTJはファッショナブルではありませんが、外観をまとめ、その服は常に適切に調和し、色は調整されています。

 
見た目には細心の注意を払っていますが、ISTJにはその特質があります。

実際に、ISTJとINTJを区別する方法は、ISTJの見た目の美しさとルールに対するより大きな関心です。

ISTJは、衣服やインテリアの中での嗜好的なもの、華麗なものを嫌います。

彼女らの家は、服のように、普通は平凡で整然としたものです。

 
ISTJは贅沢を避け、価格と耐久性が第一の考慮事項です。

彼女らがそれを買う余裕があるときでさえ、近代的なものを買わず、むしろ古風なもの買うでしょう。

他のタイプとは異なり、ISTJはオリジナルであることを望んでいません。

ユニークなものやエキゾチックなものは、彼女らに不快感を与えます。

 
彼女らの内向性にもかかわらず、ISTJはコミュニティサービスプロジェクト、特に伝統的価値を促進するプロジェクトに参加する可能性が高いでしょう。

他のタイプとは異なり、ISTJは、結婚式、記念日、お葬式などの社会行事の重要性を信じ、必ず出席します。

 
ISTJはリスクを取るものではなく、自身や他人のお金でチャンスを取らず、事業主ではないということも意味します。

しかし、ISTJはESTJとENTJに続く、3番目に収益性の高いタイプです。

ISTJは若いときから、自身が始めるものを完了するように訓練します。

キャリア面では、大規模で安定した組織を選ぶ傾向があります。

なぜなら、それは自らの財政の安全と安定を意味するからです。

 
ISTJは安定しており、永続的で信頼性が高いため、多くの場合、責任ある地位につきます。

他のほとんどのタイプよりも、ISTJは一生懸命働くことができます。

財政の安定性と安定性を提供する限り、彼女らは仕事に完全に満足しなくても、その仕事を辞めないでしょう。

 
ほとんどの場合、ISTJは情報収集モードで動作します。

彼女らは、客観的、具体的、実用的なデータを常にスクリーニングしています。

この本質的な習慣のために、ISTJは、他の人たちにも同じ行動を期待しています。

つまり、自宅でも職場でも、ISTJは辛抱強く、他者への要求が厳しいです。

 
ISTJはすべてのルールを持っており、他者が質問なしに従うことを期待しています。

彼女らの家は秩序あるものでなければならず、食事は「適切に」提供されるべきであり、彼女らの子供は良い成績を収め、宿題をして時間通りに寝なければならず、配偶者は特定の方法で家事をすべきで…

このように柔軟性がなく、要求の厳しいことで、配偶者には悪夢のように聞こえるかもしれませんが、ISTJは信頼できるパートナーです。

ISTJの恋愛と人間関係

ISTJは、私たちの多くが望む一生のパートナーです。

彼女らが他の約束を守るのと同じように、結婚を尊重します。

あなたが忠実で献身的なパートナー、つまり力の源となるパートナーを求めているなら、ISTJを探してください。

ISTJは伝統を愛し、恋愛関係について言えば、関係のあらゆる段階で期待されるものに応じて行動します。

彼女らが求愛するとき、プレゼントを贈ります。

 
ISTJの女性は、物事を「適切に」行う安定した信頼できる妻です。

あなたがISTJと結婚すると、請求書が払われ、家はよく管理され、日用品は整います。

彼女らと結婚することの欠点は、彼女らが、あなたが同じくらい多くの努力をすることを期待するということです。

あなたは、実行するための労力を費やし、行うべきことを明確に定義された期限までに完了しなければなりません。

 
関係が悪くなった場合、彼女らはたとえ一人暮らしの方が良いと思っても、コミットし続けるでしょう。

彼女らは、義務感と、落ち着く場所から抜け出すことを好まないことから、そうします。

ISTJの強みと弱み

正直さと信頼性は、ISTJの強みです。

自身の感情を表現できないこと、リスクや新しいものへの嫌悪感がISTJの弱みです。

ISTJの学習スタイル

ISTJは好むかに関わらず、何をする必要があるとき、彼女らは勤勉な学生になります。

彼女らは理論を嫌い、実践的な応用で対象分野を楽しみます。

材料と説明書は、明確かつ正確で誤りがなくてはなりません。

研究環境は、目標と期限が明確に定義されたタスク指向でなければなりません。

ISTJの仕事

ISTJは、抽象的な思考と自発性を必要とする職業を避けます。

彼女らは確立された規則に従いたいと思っており、会計士、外科医、歯科医、技術者、軍人などの実用的で測定可能な結果を達成することが必要な職業に魅了される傾向があります。

ISTJは、確立された手順に沿って時間通りに仕事を遂行し、逸脱したり、自身のアプローチを試したりすることはありません。

 
彼女らには安定性、組織、構造、規則、明確に定義されたタスクが必要です。

これらの条件がすべて満たされると、INTJは仕事を辞めません。

実際、彼女らはそこで最も強く忠実な従業員の一部です。

ISTJのリーダー

典型的なISTJは、通常、リーダーのポジションを求めませんが、多くの場合、その忠誠心、コミットメントと信頼性のおかげで、これらのポジションに昇進していることがよくあります。

リーダーとして、ISTJは階層的かつ伝統的なアプローチに傾いている可能性が高いです。

彼女らは規則に従って一貫して信頼できる人に報酬を与えます。

 
彼女らは皆に公平で、他者からの期待を理解し、一貫性と予測可能性を持ちます。

言い換えれば、ISTJのリーダーを喜ばせるためには、彼女らのようにする必要があります。

革新を忘れ、実験を忘れ、巧妙で独創的なものを考えるないようにすることにストレスを感じないでください。

あなたがする必要があるのは、ルールを守って時間通りに仕事を終わらせることだけです。

ISTJの事実

独自のユーモアのセンスを持っているが、非常に冷笑的な方法で表されるため、すべての人が冗談を拾うことはできない

ISTJは無愛想に見えるかもしれませんが、実際は誠実だと思われたい

彼女らは、誰かの感情のために嘘をつくことは、良い結果にならないと思っており、偽善ではなく、誠実で真正でいたいと思っている

あまり感情を表さないが、問題を解決し、愛する人の実用的なニーズを満たすことによって、自身の愛を表現する

変化を嫌う。 原則に従って生きている

自身が行う必要があると信じているので物事を行う。称賛を必要としない

計画に忠実で、物事を完了させる

気にしている人からの拒絶反応に対して過敏

自身の感情を表現することを不快に思う

Posted by melancoly