ISTPのプロファイル byCJ

ISTP

ISTPは稀なタイプのひとつです。

人口の約5.5%に過ぎないこれらのタイプは分析的で冒険的です。

彼女らはその熱心さ、集中、細部への注意で知られています。

思考と感覚の組み合わせを使用し、問題を解決し、困難な状況をナビゲートするための巧みな方法を見つけることを楽しみます。

 
ISTPには、「名匠」、「作家」、「職人」など多くのタイトルがあります。

これらのタイトルはすべて、ISTPが何でもこなし、創造的で、環境内のツールやオブジェクトを使いこなす傾向に注目しています。

しかし、ISTPには創造性よりも多くのものがあり、すべてのISTPがツールのマスターであるとは限りません…

ISTPとはどういう意味でしょう?

確認してみましょう!

まず、彼女らの機能スタックを見ることから始めます。

ISTPの機能スタック

Dominant Function: 内向的思考(Ti)

Auxiliary Function: 外向的感覚(Se)

Tertiary Function: 内向的直観(Ni)

Inferior Function: 外向的感情 (Fe)

ISTPの内向的思考(Ti)

ISTPのdominant functionは内向的思考です。

TiはISTPに非常に独立した、知的な考え方を与えます。

彼女らは実用的で冷静な態度と、世界を深く分析する方法を組み合わせています。

彼女らは、すべてのものがどのように機能し、一緒になっているかの基本原理を理解することに魅了されます。

 
子供として(大人でさえも)ISTPは物事を分けて見つけだし、分析し、再構築し、最適化することができます。

彼女らは物事を修正し、問題を解決し、難問と論理的真理を理解することが大好きです。

内向的思考タイプとして、ISTPは絶えず自身の「mind bank」を整理し、すべてをより精密な内部単位に分類しています。

真実は規則、慣習、手順ではなく、重要なものです。

 
ISTPはできるだけ多くのデータを世界の理解に統合したいと考えています。

彼女らは何かを承認する前にできるだけ多くの情報を収集したいと思っており、決断とコミットメントを行い、「普遍的な真実」に賛同するのに時間がかかります。

 
内向的思考を理解する最善の方法の1つは、それを外向的思考(Te)と比較することです。

外向的思考は効率、行動、外界の組織化に焦点を当てています。

TJタイプは何かを完成させたり決定を下すために「必要最低限の」情報を集めます。

それはむしろ短気ですが、それは行動と意思決定に関することです。

 
対照的に、ISTPは内向的思考を使用します。

内向的思考は、正確さ、精度、内面の組織化に焦点を当てています。

ISTPはますます多くの情報を収集し、より正確で精密な真実とより良い用語法を常に探します。

彼女らは前進する前に何かの完全な描写に集中するので、先延ばしにしているように見えるかもしれません。

 
彼女らは内向的思考を使用するので、分析の大部分は内部的に行われ、他人はそれを見逃す可能性があります。

ISTPは、実際に複雑な問題を深く分析しているときや解決策を見つけようとしているときに、散漫であったり、飽きっぽいと、誤って判断されることがよくあります。

内向的思考は物事をその構成要素に分解し、すべてがどこから来るのかを理解しようとします。

外向的思考は、すべての要素を理解することにあまり関心がなく、すべての使用と機能により関心があります。

 
あなたはISTPの言語の中にTiの働きを見ることができます。

ISTPは頻繁に休止し、最も正確で精密な単語を見つけ出し、言いたいことをまとめます。

彼女らは「一般化」を使用する可能性が低く、それを行う人に不満を感じる傾向があります。

ISTPの外向的感覚(Se)

ISTPが周りの世界を知覚するとき、外向的感覚を使用します。

Seは彼女らに具体的な詳細を強く意識させます。

彼女らは多くのデータと刺激を受け、高い注意力を維持することができます。

他のタイプには過度な刺激も、ISTPは驚くべき精度で吸収することができます。

 
ISTPは周囲の世界をリアルタイムで見て、明確かつ詳細に細部に気づき、突然の変化に迅速に対応することができます。

彼女らは深く分析することができますが、周りに何が起こっていているかを認識し、環境に反応することもできます。

多くのISTPの子供はスポーツ、音楽、ビデオゲーム、工作などの実践的な活動を習得するために、思考と感覚の組み合わせを使用するのが好きです。

彼女らはそれらを理解するために触覚的な方法で物事を体験したいと思っています。

学校では、運動感覚の学習者として分類される傾向があります。

SeはISTPに強い観察力と実用的な知恵を与えます。

これは、外科医、兵士、技術者、メカニック、スタントマンなどの分野でのスキルに貢献します。

 
Seはまた、ISTPに冒険と経験に対する強い欲求を与えます。

ISTPはしばしば衝動的であり、スリルを求め、絶えず自身に挑戦しようとしています。

彼女らは通常ルーチンを嫌い、ライフスタイルを新しくて斬新な経験、特にレクリエーションの多様性とミックスすることを好みます。

彼女らは、スカイダイビング、サーフィン、ロッククライミング、または乗馬を好むかもしれません。

高品質な芸術や家具の作品を作るために注意を払うかもしれません。

彼女らが本当に心に決めたとき、できないことはほとんどないでしょう。

 
Seユーザーとして、ISTPは現在の瞬間にほとんどの時間を調整する傾向があります。

以前に何が起こったのか、将来理論的に起こるのかはあまり気にせず、各瞬間を最適化することにより関心があります。

この能力は、多くの他のタイプが夢見る意識と注意力をISTPに与えます。

ISTPの内向的直観(Ni)

内向的直観は、ISTPの第3機能です。

この機能は、今説明した機能とは非常に異なっています。

Seは現在の現実と具体的な詳細や経験に浸る機能ですが、Niは未来と理論的、抽象的なつながりと洞察に焦点を当てています。

初期の人生では、ISTPはこの機能を抑制する傾向があります。

この抑圧は、将来についての不安や長期計画の作成に無関心であることを示す可能性があります。

 
ISTPが成長するにつれて、彼女らはNiを開発し、その使用を好むようになる傾向があります。

これは抽象的または理論的な主題への関心を育てるか、あるいは将来のことについての洞察と直観を信頼することを示します。

彼女らは哲学的な作品を読んだり、仮説的な質問をしたりしているかもしれません。

彼女らは長期計画に熟練し、将来の影響を見ることができます。

象徴は彼女らにより目立つかもしれません、そして、彼女らはより全体像に集中します。

 
内向的直観はISTPの思考や感覚ほど強くないでしょうが、成長すると彼女らは通常それをより信じて楽しみます。

いくつかのISTPはこの機能を他のものよりも発展させるでしょう。それはすべて彼女らが個人的に評価するものに依存します。

ISTPの外向的感情(Fe)

外向的感情(Fe)はISTPのinferior functionです。

これは彼女らの弱点である傾向があり、日常生活の中で彼女らを失敗させるかもしれません。

彼女らはしばしば、特に若いときにこの機能を使用することで不快感を感じます。

彼女らが年を重ねるにつれ、この機能はより信頼され、より成熟する傾向があります。

 
Feは他の人の感情や情動とつながり、モラルを高めることに関します。

それは周りの人々の「感情的な温度」を感知することです。

社会的手掛かり、習慣、期待、ニーズ、そして他者の欲求。

 
Feタイプは非常に暖かく、受容力があり、感情的な人である傾向があります。

FeがinferiorであるISTPは、他の人の感情やニーズを知り、理解することに苦慮するかもしれまえん。

雑談や社交辞令への依存が予想される社会的場面では、彼女らは不快感を感じる傾向があります。

感情的に満たされた環境にいるとき、たとえその感情が良いものであっても、彼女らは不安を感じるかもしれませんし、人々にどのように反応すべきか分からないかもしれません。

 
ISTPがFeを積極的に使用できる時があります。

彼女らは控え目で、しかし友好的であるように見える傾向があり、ストイックで退屈なものから暖かいものへ、ケアする人へと切り替わって人々を驚かせることができます。

 
ISTPが極度の慢性ストレスを経験しているとき、彼女らは外向的感情の「grip」に陥るかもしれません。

これは、彼女らに常ならない感情と、制御不能を感じさせます。

彼女らは異常に過敏になったり、他人が自身をどう思っているかを気にします。

彼女らは他の人の雑談を自分の噂話と信じて誤解します。

ISTPの人間関係

ISTPのパートナーが直面する最大の闘いは、彼女らの本質的に控え目な態度への対処です。

ISTPの心を読むのは難しく、彼女らは感情を秘める傾向があります。

彼女らの思考プロセスはとても内面化されており、プライベートであるため、自身の意見を容易に共有しません。

 
他の多くのタイプは反応を公然と表現していますが、ISTPはすべての処理を心で行い、物事に対する反応を共有したいと強く感じることはありません。

彼女らはこれを容易に行い、テーブルの上にすべてを置く必要性を感じることはしばしばありません。

これは、より透明性の高い、または直ちに理解しやすいパートナーを欲しいと思っている相手を挫折させる可能性があります。

 
ISTPは一日ごとの関係を享受し、長期的なコミットメントに慎重です。

彼女らは有機的な関係になるか見てから、生涯のパートナーに落ち着くのを好みます。

彼女らは非常に独立しており、一人の時間を楽しみます。

彼女らが親密さの深いレベルに達するまで、結婚するか、物事を「公式」にすることは通常、優先事項ではありません。

 
ISTPがパートナーに求める重要なものは次のとおりです。

誠実さ

ユーモアのセンス

楽しいこと好きの性質

忠実さ

友好性

相互支援

ISTPの強み

問題解決者

ISTPは複雑な問題や状況を解決するのに優れます。

彼女らは非常に手際よく危機から抜け出し、効率的な行動計画を立て、他のタイプを困惑させるものに対して最も実行可能な解決策を見つけるために、創造的で実践的な方法を見つけることができます。

独立的

ISTPは非常に自律的で知的です。

彼女らは慣習に従う必要や、うぬぼれを感じるために社会に合わせる必要を感じません。

分析的

ISTPは問題を切り離して根本から分析することが大好きです。

彼女らは創造的な解決策を見て、ブロックされた状況から道を見つけることに熟練しています。

彼女らは深い思考タイプであり、問​​題の核心に辿り着くのに時間を使うのを気にしません。

実践的

ISTPは現実的な考え方で知られています。

彼女らは自身が望むものについて空想に迷ってしまうのではなく、自分が持っているものと、その効果的に働く方法を理解しています。

誠実さ

ISTPは可能な限り誠実であることを個人的な目標にしています。

彼女らは「シュガーコーティング」を嫌い、それが人々に誠実であるという敬意を表していると信じています。

しかし、それがあまりに多くの混乱や争いの原因となると思われる場合には、自身の気持ちを内に秘めます。

エネルギッシュ

ISTPは世界中の人々と積極的に関わっています。

彼女らはプロジェクトに関わることが好きで、長期間ゆっくりしたいとは思いません。

自発性と柔軟性

ISTPは反射が速く、新しい状況や変化する状況に迅速に対応することができます。

彼女らは新しい刺激や予期しない変化に対処するために他の多くのタイプと比べて準備時間を必要としません。

危機に強い

ISTPは実用的な性質と迅速な反応のために、通常、危機的な状況で冷静さを維持することができます。

他のタイプは時間を浪費するかもしれませんが、ISTPは解決策と資源を素早く見つけることができます。

ISTPの弱み

過度にプライベート

ISTPは本質的に控え目ですが、彼女らのいくらかはこの傾向があまりにも大きく、誰も近づけさせません。

胸の奥で自身の気持ちを守り、深い人間関係を形成することはできません。

不器用

ISTPはほとんどの場合、感情よりも論理に焦点を当てています。

これは必ずしも悪いことではありませんが、時にはそれによって、他人の気持ちを無意識に傷つけたり、鈍感に見せたりすることがあります。

彼女らが共感を見せようとするとき、不快さとぎこちなさを感じるかもしれません。

簡単に退屈する

ISTPは世界中の人々と積極的に関わったり、興味深い問題やアイデアを分析したりするのが好きです。

彼女らは直接的で具体的な目的を持っていないような雑談や、理論的な会話に飽きてしまいます。

過度に衝動的

ISTPはスリルを求めており、リスクを恐れません。

ときには、ただどこへ行くのかを見るために、興奮を作るために状況を拡大することもあります。

彼女らは長期的な影響を考えずに物理的なリスクを冒すことがあります。

あるいは、瞬間の勢いで争いを拡大さることがあります。

コミットメントを嫌う

長期的な関係を持つ多くのISTPが存在しますが、多くは可能な限り長い間コミットメントを延期しています。

彼女らは一日ごとに物事に取り組むことを好み、長期的にコミットするように圧力をかけられている関係では、圧迫されると感じるかもしれません。

Posted by melancoly