ISTPの性格 byPA

ISTP

冷静で、控え目で、慎重なISTPは、人口の約2〜6%を占めています。

彼女らの内向性(I)により、ISTPは物事に干渉せず、観察して分析する傾向があります。

そして、彼女らが解決することができる問題を見たら、彼女らは関り、解決策を提供します。

ISTPは控え目で、誰もこれを期待していないため、この解決能力は皆に驚きです。

 
彼女らの混在したメッセージを送る傾向は他者を非常に混乱させますが、同時に非常にエキサイティングです。

この特定の特性は、多くの人々にとって非常に魅力的です。

熱意と静かさの絶え間のない切り替えは、人々の警戒と解き、ISTPの方法をより考えるようにします。

 
ISTPを変えさせて、より予測可能で信頼できるものにしようとするタイプがいます。

外向的タイプと判断タイプ(EとJ)は、特にISTPの行動によって深く邪魔され、彼女らを「修正」したいという欲求に抗えません。

しかし、ISTPは変化したくないし、それは社会規範に従わず、ミステリアスさを保つという秘密の喜びを引き出すことになるかもしれません。

 
ISTPは計画を信じていません。

物事を計画するよりも、何かの準備を整える方が好きです。

彼女らは絶え間なく世界をスキャンし、なぜ物事が起こるのかの説明を探求するので、ISTPは通常、人生がどんなものであっても準備が整っています。

ISTPの他の名前

Analyser Operator(分析者・技術者)(Linda Berens)

Artisan / Crafter(職人・芸術家)(David Keirsey)

Tester of Theories(実験者)(Alan Brownsword)

Athletic Artisan(身体的職人)(Jonathan P. Niednagel)

Logical Pragmatist(論理的実用主義者)(official MBTI test site)

 
ISTPは4つの気質モデルの黒胆汁質 – 多血質タイプと同等です

ISTPの意味

ISTPは内向(I)、感覚(S)、思考(T)、知覚(P)、を表します。

内向的タイプということは、焦点が内向きであることを意味します。

感覚タイプということは、世界観が非常に具体的であることを意味します。

思考タイプということは客観的な意思決定を行う傾向があることを意味します。

知覚タイプということは、ISTPは一般に自由に世界に関わる、自発的な人々であることを意味します。

ISTPのコミュニケーション方法

ISTPは他の内向的タイプと同じく、少数の人と親しい関係を持ちます。

彼女らは、共有している特定の関心や楽しむ活動を通じて、他の人とつながる傾向があります。

ISTPの好きなスポーツには、スキー、ボーリング、サッカー、サーフィン、レスリング、レース、スカイダイビング、水上スキーなどがあります。

 
それが何であれ、ISTPに魅力的な活動であるには、リスクと戦略が必要です。

他の多血質タイプと同じく、ISTPは退屈に耐えられず、常に刺激と驚きを必要とします。

 
ISTPは幼い頃から、慣習的なコミュニケーション手段への関心を欠いており、代わりに行動によって関わります。

教師はISTPに学習障害のラベルを付けるかもしれませんが、注意深い観察者はISTPが非常に知的であることを見ています。

特に道具を使う作業には優れています、つまり「Crafter(芸術家)」または「Artisan(職人)」です。

ISTPは、最も複雑な道具のいくつかを非常に迅速に把握し、彼女らがそれについて話すときに、正確かつ賢明に行います。

ISTPの学習スタイル

ISTPは観察から最もよく学びます。

彼女らは他の人と同様のコミュニケーションを拒否し、何かを準備したくないという意思のため、ISTPの学習はしばしば華々しくはありません。

誤解され、失読症、ADDまたは単純な多動性障害と思われるにも関わらず、多くのISTPは人生においてうまくいっています。

配管工からパイロット、大工から宝飾品や外科医まで、世界はISTPの実用的なスキルを切望しています。

 
ISTPは新しいスキルを習得する場合

通常は、最小限の労力で、満足できるレベルでタスクを達成できるようにエネルギーの出力を最適化する

情報を効果的に理解して処理できるように分類する

独立した学習環境を求める

具体的かつ実用的な成果によってプロジェクトを選ぶ

ISTPの恋愛、人間関係

ISTPは扱うのが最も簡単な恋人ではないかもしれませんが、彼女らが魅力的と感じるものは複雑ではありません。

ISTPがやりたいことを見つけて共有しましょう。

 
同様に、ISTPは関係の早い段階で自分の好きな活動をあなたを紹介する可能性があります。

これらのことに興味を持つことは間違いなく、あなたにブラウニーポイント(brownie points)を与えます!

あなたがISTPが好む活動に参加する方法がない場合は、少なくとも彼女らがやりたいことをやる自由をたくさん与えてください。

 
ISTPは、特に自分の気持ちについては声ではなく、パートナーのために多くの小さなことをして、自身の愛情を表現します。

ISTPにとって、言葉は必要ありません。

これはトラブル時にも当てはまります。

ISTPを悩ませることがあった場合、彼女らはパートナーと話し合うことはできません。

彼女らは問題に取り組まず、代わりに関係性の全体的な経験に焦点を当てます。

彼女らとパートナーとの間に共通するものがたくさんある場合、彼女らは前進することを決めます。

彼女らが進むと決めると、復讐や、崩壊に執着したりすることで時間を無駄にせず、完全に前に進みます。

ISTPの意思決定方法

ISTPは、現実的・具体的データに基づいて意思決定を行う傾向があります。

場合によっては、すべての追加可能性を検討する必要があると判断して、決定を延期することがあります。

一般的に、自発的であるにもかかわらず、ISTPはすべての選択肢を合理的かつ論理的に評価した後にのみ決定を下します。

ISTPのリーダーシップ

ISTPは自由を愛し、権力ある立場に置かれると、それに応じて他者を管理します。

通常、ISTPのリーダーは部下を非常にゆるやかに管理し、ISTJやISFJとは異なり、確立された手段や手順にはほとんど従いません。

 
彼女らは他の人に自分の意志を押しつけるわけではありませんが、依然としてすべてのチームメンバーが均等に貢献することを期待しています。

とりわけISTPは、例を挙げて指導し、部下がリーダーシップの下で成長することを可能にする優れた指導者となります。

ISTPの職場環境

厳しいガイドラインと要求のもとでの作業はISTPにストレスを与えます。

職場で幸せになるために、ISTPには以下が必要です。

 
独立した作業環境

不必要なルールや手続きに制約されない

物事を実際に行う機会、すなわち活動する機会

有能な同僚や監督者

内向的な活動と外向的な活動との間の適切なバランス – 外からの活動が多すぎると、ISTPにストレスがかかる可能がある

ISTPの事実

ほとんど何でも試みる

過度に感情的な人々を扱うことをストレスに感じる

意見を控える傾向がある

自身の感情の表現に苦慮する

現在を生きており、長期的なコミットメントと計画には困難する

興奮を求めている

幅広い行動を非常に受け入れており、どのようなタイプにも対応することができる
しかし、通常、関心を共有する人とだけ深く関わる

関係性に対する典型的なアプローチは、「互いに許しあって生きていく」

ルールや規約を無視する傾向があるため、自分や他の人を危険にさらすことがある

いったん関係が終了すると比較的容易に清算する

Posted by melancoly