Ne-Siペア vs. Ni-Seペア

内向的感覚, 内向的直観, 外向的感覚, 外向的直観

Elaine Schallockの先駆けである、より最近のタイプ理論の展開の1つは、「機能のペア」を考えることの重要性を含んでいます。

これは、対の枠組みに従って、すべてを理解するためのElaineの才覚に由来します。(ユングはこの点で同様の傾向を示しました)

彼女は機能は常に、機能スタックの中の補助的又は「反対の」機能と対になることを正しく観察しました。
その対は(Ti-Fe, Te-Fi, Ne-Si, Ni-Se,又はあなたのpreferenceに応じてFe-Ti, Fi-Te, Si-Ne, Se-Ni,となる)4つの機能のペアとなります。

 
機能のペアを理解することは、少なくとも3つの理由から重要です。

第一に、それらは、補足物のコントラストの光の中で、個々の機能の性質をより良く理解することを可能にします。

機能ペアを調べることは、さまざまなタイプの動機、興味、類似点、相違点をより理解するのにも役立ちます。

最後に、機能ペアを探求することは、私たちが見るように、タイプを理解するうえで重要なdominant functionとinferior functionのダイナミクス(力学)を理解するのに役立ちます。

そしてそれは我々が以下で分かるように、タイプだけでなくpreference(優先)機能と個人の成長への彼女らのそれぞれの経路を理解することにとってきわめて重要です。

 
Myers-Briggsの理論によれば、外向的直観(Ne)は機能スタックと機能的に反対の内向的感覚(Si)と常にペアになり、外向的感覚(Se)は常に内向的直観(Ni)と結合します。

NPとSJはNe‐Siペアリングを、SPとNJはSe‐Niペアリングを使用します。

外向的直観(Ne)& 内向的直観(Ni)

NPは、Neを自身のdominant function として使用し(ENP)、またはauxiliary functionとして使用します。(INP)

彼女らは一般的に、その働きに対して良く意識的なコントロールを示します。

Neがtertiary function(ESJ)またはinferior function(ISJ)のいずれかであるSJにおいては、より無意識に機能する傾向があります。

機能スタックの下半分に入るので、SJはNeに対して複雑な感情を持つ傾向があります。

 
Neは、外部(E)を調査してアイデア(N)を収集する傾向があります。

外向的機能として、幅と広がりを優先し、ある程度の深さを犠牲にしていると見ることができます。

これは、想像された選択肢、関連性、可能性の数を拡大するのに役立ちます。

 
その多様性があり開放的な性質のため、NPは一般的にオープンな考え方であると認識されています。

なぜなら、彼女らは他の人の視点を楽しまずにはいられないからです。

NPはまた、面白い仮説を楽しんで、一つの理論やアイデアから別の理論やアイデアに跳びはねます。

 
NJは、Niを自身のdominant function として使用し(INJ)、またはauxiliary functionとして使用します。(ENJ)

彼女らは一般的に、その働きに対して良く意識的なコントロールを示します。

Niがtertiary function(ISP)またはinferior function(ESP)のSPの場合、より無意識に機能する傾向があります。

機能スタックの下半分に入るので、SPはNiに対して複雑な持つ傾向があります。

NiはNeよりも収束的であり、徐々に単一の包括的なビジョンまたはソリューション(解答)に向かっています。

Niは、FeまたはTeのいずれかを介して外側に発現されます。

 
外向きに散開しているNeとは異なり、Niの外観ははるかに線形で合理的です。

NJは、あるトピックから次のトピックへと表面的にバウンドするのではなく、単一の問題に深く浸透することを好みます。

NJは長い話や独白(モノローグ)に影響されます。

Niはチャンスが与えられたときに話題に浸透していきます。

 
これらのNe‐Niの違いに照らして、NPとNJはお互いに関わっている場合、不満を感じることがあります。

Neは、NJから、そしてある程度SPから、不満を抱かれます。

NJにとって、Neは散在していて、ランダムで恣意的に見えます。

 
NJは機能スタックにNeを持たないため、アイデアの外部知覚ではなく、本質的に内部(Ni)に向かう傾向があるため、NPに苛立つか、耐えられない可能性があります。

Neが通常の継ぎ目のない(スムーズな)Niの動作を妨害する傾向があるため、散在的なNeと関わったとき、NJは混乱したように感じることがあります。

 
INJはまた、NPの焦点を合わせることができないことに対して苦労するでしょう、(NJは通常この問題を持ちません)そしてNPが本当に聞いているか疑問に思うでしょう。

NJはまた、最終的に彼女らのNi思考の一連の流れを脱線させる可能性がある、不断のNeの不意の加入により混乱する可能性があります。

 
SPは観念的な知覚よりも、感覚により関心があるので、彼女らもNeの話題に疲れを増台させる可能性があります。

 
NPは同様に、NJがあまりにも長く、過度に主張しすぎるように感じるかもしれません。

彼女らはまた、NPがNJと同じように自身の結論に同じ程度の自信を持っているわけではないので、NJを傲慢または過度に主張的として誤読するかもしれません。

彼女らは、NJが他の視点にもっと外向きに開いていなければならないと感じるかもしれませんが、それは当然、NP自身の本質的なpreferenceの投影です。

 
NPとNJは、NPがトピックを絶えずジャンプする傾向を差し控え、それによってNJが自分のアイデアをより完全に肉付けすることができるようになると、ベストな関係になる傾向があります。

これは当初NPにはやや不自然に思えるかもしれませんが、彼女らはしばしば、NJがそれを自ら達成するのが難しい、新しいレベルの理想的な深さに持ち込むことができることを発見します。

新しいレベルの深さが達成されると、NPはそれらのことを、広範な関係や関連を築くために外に向かって拡大させることができます。

外向的感覚(Se)& 内向的感覚(Si)

Seは環境から具体的かつ感覚的な情報を収集します。

Seがdominant function(ESP)またはauxiliary function(ISP)であるSPタイプの場合、これはNJより意識的に起こります。

SPは周囲の詳細に意識的に 「注意深く」注意を向けます。

 
NJタイプの場合、このSeの情報収集は遥かに意識が低く、彼女らは、無意識のうちに素早く、環境からの感覚情報を得ることができます。

 
Seは、五感(すなわち、視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚)による情報の認識を含みます。

感覚的で本能的で欲望的です。

 
Seタイプは、新しい感覚、物理的なスリル、物質的な快適さを愛しています。

彼女らは「感覚探索者」であり、斬新な経験とスリルあるアクションを楽しんでいます。

その結果、SPは現実的世界へのアプローチにおいてかなりリベラル(自由)な傾向があります。

彼女らはあなたの典型的な「消費者」であり、感覚的または物質的な新規性を得るために必要なことをしています。

 
SP、NJの双方はSeを使用するため、物質的の環境、その物理的外観、および味覚に関して、しばしばより高い基準とより洗練されたテイストを有します。

多くの人は料理、ワインテイスト、新しい料理やレストランの料理を楽しんでいます。

 
対照的に、Siははるかに保守的な機能です。

それは過去の慣例を保存し保護するだけでなく、現実的世界に関しても控えめです。

常に新しいものを模索しているSeタイプとは異なり、Siタイプは、物理的な習慣や物質的世界に関して、(特に豊かさで育っていない場合)より日常的で、倹約的で、最小限の傾向があります。

SJやNPもまた、メイクアップしたり、最新のファッショントレンドに関心を持つ傾向が少なく、より自然に美しい外観を選択します。

 
Si‐Seの違いは、様々なタイプの生活嗜好の大きな相違に寄与するでしょう。

SJおよびNPは、消費者の習慣において快楽主義的で過度なものとしてSPおよびNJを見る傾向があります。

 
SPとNJは、SJとNPを過度に保守的、穏やかな、または控えめな生活様式を選ぶものとして見るかもしれません。

したがって、関係性において一緒に対にされるとき、これらのタイプは出費と財源に関しては中間を見つけるために一生懸命に努力しなければならないかもしれません。

Posted by melancoly