エニアグラムタイプ2 byNE

エニアグラム

タイプ2は、愛されるために他人に与えなければならないと信じています。

その結果タイプ2は、ケアする人、助ける人、関係を志向する人です。

彼女らはまた、プライドが高く、でしゃばりで、要求が強い可能性があります。

タイプ2(援助者)の特徴

焦点

他者の要求、感情

人生の教訓

自身が必要とされることなく愛されるという謙虚さを発達させ、自身の要求を持つこと

会話スタイル

タイプ2は友好的で、オープンで、表現力豊かで、他の人に集中し、速やかに助言を提供します。

他の人は、タイプ2を過度に援助的、口やかましい、操作的、憤慨しやすいと感じるかもしれません。

タイプ2の自身の説明

私は他の人の要求に集中しています。

私は与え、助けることに誇りを持っています。

私はしばしば、他の人が私を利用すると感じます。

私は自身の要求を表現するのに苦労します。

私は操作的になることがあり、自身をどう表現するかを変えることができます。

タイプ2に関すること

繋がるために援助を提供する:可能であれば承認、感謝を提供する。

彼女らの要求に常に注意を払い、安定した状態を維持してください。

彼女らの暖かさ、個人的な接触、パートナーシップを評価しましょう。

批判的になること、あるいは真剣に受け取ることを避けましょう。

彼女らの不満や憤慨に対処することで、それらを避けましょう。

心理(Psychology)

タイプ2は関係を築き、他人の要求や感情に共感することに優れています。

関係に焦点を当て、彼女らは他の人を支援するのに優れていますが、自身と自身の要求に注意を向けるのに困難します。

 
感情的に敏感で、彼女らは他人に受け入れられ、好かれたいと思い、この承認を得るために適応、変更します。

個人的な境界線を設定することに苦慮し、しばしば感情的な爆発によってプレッシャーを緩和します。

基本命題

他の人に与えることで、愛と承認を得て、個人的な要求を満たす。

強み

思いやり、親切、関係指向、寛大、他人の気持ちに敏感、支援的、元気に満ちている

課題

プライドが高い、他者の承認に依存する、侵入的、要求が強い、優遇されている

防衛機制

抑圧 – 「容認できない」感情を抑圧し、より受け入れやすい感情的エネルギーの形態に変換する

 
タイプ2は、求める人になることを避け、支援的という自己イメージを維持するために、自身の要求と感情の抑圧を使用します。

彼女らの本当の関係性における要求は「あなたが私を必要とする」という形を取っています。

 
承認を求めて、タイプ2は過度に素晴らしく、表面的に友好的で、お世辞を言うことによって、「態度を変える」傾向があるため、本当の人間関係の構築に失敗するかもしれません。

多くの場合、必要だと感じ、他者に与えるという態度を取るかもしれません。

意識啓発の実践

あなたの心の習慣や注意の焦点をできるだけ慎重に観察しましょう。

自分の感情に気づき、あなたの体がどのように反応するのか知るために、次の質問をしてください。

 
私の注意とエネルギーは他の人のニーズにどのように向かったの?

私の要求は何なの?
どのように私は自身をケアするの?

他の人が私を支援できるようにするにはどうすればよいの?

私が必要不可欠な場合など、私はどのように感じ、行動するの?

私はどんな方法で他人が望むように自身を変えるの?

私はどのように謙虚さを表現するの?

精神(Spirituality)

タイプ2の人生は、他人のニーズを満たす場合にのみ、彼女らを愛し、称賛する世界の暴君から自由を取り戻すことです。

彼女らは自身の要求に注意を払い、他の人から受け取り、適切なものだけを与えることを学ぶとき、自由で愛情深く、自身に与えるという純粋な喜びを体験することができます。

完全性への道

お世辞 → 自由

プライド → 謙遜

 
Inner Observerと呼ばれる意識の側面は、私たちが外部行動を起こす内部パターンを見ることを可能とさせます。

実践は、内面に集中し、私たちの中で起こる思考、感覚、および他の注目の対象を認識することからなります。

私たちがより現在に集中するようになるにつれて、私たちのタイプパターンは緩み始め、受容性が増します。

 
タイプ2は、以下の原則を内省するためにしばらく時間をとりましょう。

 
愛は、贈り物の授受から来るものではなく、自分自身で見つけられる

他人に、自身に与えることを許すことは、他人にとって贈り物である

最初は、分離は喪失や痛みのように感じることがある

私たちはすべて自身の責任を負っている

喜びは、私たちが他人のためにしていることとは別に、他人の幸福と幸せに見いだすことができる

身体(Somatics)

感情タイプとして、タイプ2はエネルギーが豊富で、上半身に表現していますが、落ち着いたり、下半身に感じたりするのは難しいです。

彼女らは話し合いを通じて不安や感情的エネルギーを表現する傾向があります。

他人に共感、同調し、彼女らは他人の反応を待つ間に自分の呼吸を制限するかもしれません。

もしあなたがタイプ2なら

あなたのタスクは、自身の要求、感情および感覚の内観に注意することです。

これは利己的に思えるかもしれませんが、それはあなたが境界を設定し、あなたの要求と感情を他人のものから分離するのに役立ちます。

 
あなたの息の身体的感覚に従ってください。

あなたの脚にエネルギーを送り、腹部でゆっくりと呼吸しましょう。

 
あなたが圧倒されたと感じたら、あなたの注意を引き出し、あなたの身体環境に気づくか、起き上がり、ちょっと体を動かして下さい。

Posted by melancoly