ESFPの外向的感覚

実際あなたには過去がありますが、今はありません!

そして、あなたは未来がありますが、今はありません!

あなたは「あの時は」と「おそらく」の思考で今を消費することができますが、それはあなたが体験できる内なる平和を妨げます。

-ウエイン・W・ダイアー ESFP

 
実際、彼女らがすべてのパーソナリティタイプの中で最も過小評価されていると敢えて言わせてもらいます。

ある人はESFPの母親から、人生を理解し、味わい、生きることを教えられ、食料品店でショッピングカートに乗る方法、雨の中ローラースケートで遊ぶことを教わりました。

彼女は知的で、献身的で、jack of all trades(何でも屋)です。

しかしネットでの評判はあまりよくありません。
“ESFPの外向的感覚” の続きを読む

SPタイプ:心の病②

ISFP:心の病

ISFPはMBTI世界の「作曲家」とみなされています。

彼女らは色、音、美しさを非常に認識しており、自分の感情や気持ちに深く触れています。

他のSPタイプと同様に、ISFPは「今この瞬間」を生きており、常に新たな冒険や創造的な機会を求めています。

ISFPと精神疾患については、ISFPと精神障害や人格障害との関連はほとんどありません。

SPタイプは、通常は本質的に適応性があり、楽観的です(例外はありますが)、そしてその状況を最大限に活用しようとします。

しかし、このような傾向があっても、ISFPは最も高いストレスを受けるタイプです。
“SPタイプ:心の病②” の続きを読む

ISFP/ESFPの適職とキャリア

他のタイプと同様に、ESFPとISFPは、自分のキャリア、職業、および専攻に関する決定に困難する可能性があります。

幸いにも、彼女らのパーソナリティタイプの性質と強みを理解することは、これらのタイプの両方にとって有益であることがわかります。

パーソナリティタイプを理解するための鍵の1つは、その4つの機能を知り、理解することです。

ISFPとESFPはわずかに異なる順序で同じ4つの機能(Se、Fi、Te、Ni)を使用します。

これは、これらのタイプによって享受され、追求される仕事の種類の十分な重複に寄与します。

キャリア関連の決定を行う際には、特定のキャリア、職業、または大学の専攻が、タイプの上位2つの機能(すなわち、dominantおよびauxiliary function)と互換性があるかどうかを検討することが賢明です。
“ISFP/ESFPの適職とキャリア” の続きを読む

ESFP型の性格 byPJ

ESFPは16のパーソナリティータイプの1つです。

それは、一般的に出会うパーソナリティータイプで、特に女性の中で、一般人口の10%以上を占めるタイプです。

ISFPと同様に、ESFPはしばしば身体的に魅力的であると考えられています。

もちろん、これは部分的には、彼女らの外見上のパーソナリティー、および彼女らの外見を維持するための彼女らの関心に起因するかもしれません。

彼女らは流行や人気に順応し、それに応じて外観を変更しようとしています。

華やかさ、魅力、香水、ジュエリーはすべてESFPのレパートリーの一部です。

ESFPは必然的に自身の外見について上流気取りやナルシシズムであるということではありません。

むしろ、彼女らのdominant function 外向的感覚(Se)のために、彼女らは美しさ、スタイル、および美学に対して生来的な目を持っているようです。

彼女らの家は、しばしば美しくて上品な装飾が施されています。

何はともあれ、ESFPは感覚的、物質的、経験的な新奇性(Se)を追求する傾向があります。
これは、彼女らが現在の傾向(トレンド)や流行に追いつくのを楽しむ理由の一部です。

彼女らのSeは新しい刺激、新しい光景、音、味、そして経験に飢えています。
“ESFP型の性格 byPJ” の続きを読む