IPタイプ:人間関係・相性

IPタイプは外部の平和を保つことに関して優れています。

彼女らは外側への適応のマスターであり、容易に他の人と調和し合うことができます。

外部の調和を維持するための彼女らの技巧にもかかわらず、多くは無意識のうちに、彼女らの人間関係における親密で効果的なコミュニケーションを発達させることができません。
“IPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

TPタイプ:人間関係・相性

INTP、ENTP、ISTP、およびESTPは、彼女らの人間関係において共通の課題を抱えています。

これらの課題の多くは、感情機能である外向的感情(Fe)が機能スタック内の下位に存在し、したがってより無意識的で、未熟であるという事実に関連しています。

InferiorとしてのFeの1つの効果は、理想的な愛を想像する傾向です。

FeはTPのタイプ発達の目標または終点の一種であるため、理想的な愛を夢見ることで、一過性の至福または完全性への「近道」を提供することができます。
“TPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

NPタイプ:人間関係・相性

すべてのNPタイプは、機能スタックの一部として、外向的直観(Ne)および内向的感覚(Si)を使用します。

その結果、ENTP、ENFP、INTP、およびINFPタイプは、ある程度の類似性と親和性を享受する可能性が高くなります。

このような親和性は、コミュニケーションとライフスタイルの両方の好みに拡大する可能性があります。
“NPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

INTP:人間関係・恋愛②

INTPの人間関係の成長と発達

INFPのように、INTPは、特に恋愛関係において、争いを回避する傾向があります。

Relational health(関係性への適応能力)のために関係の調和を誤る傾向があります。

調和は確かに健全な関係の一部ですが、本当の親密さや効果的なコミュニケーションとはほとんど関係がありません。

真の親密さを育むことは、しばしば非常に苦痛で困難であり、自分自身や相手の恐怖、不安、自我問題との対立を必要とします。
“INTP:人間関係・恋愛②” の続きを読む

INTP:人間関係・恋愛①

INTPは、時によそよそしく、あるいは自己中心的なものとして表されることもありますが、しばしば、外向的直観(Ne)と外向的感情(Fe)によって潜在的な仲間を引き付けます。

これらの機能は、彼女らの機知、品性、誠実さに貢献し、他者が爽やかに感じる子供のような無邪気さを与えます。

INTPは、親切で思いやりのあるものであり、誰もが尊敬の念を持って扱われるようにしたいと考えています(Fe)。

彼女らは他の人に対して否定的に話すことをあまりせず、他のタイプが攻撃的であると思うかもしれないことを許して忘れることができます。

そのような資質は、知性と衝動と相まって、将来の恋人に大きな魅力をもたらすことができます。
“INTP:人間関係・恋愛①” の続きを読む

INTPの内向的思考

こわがらなきゃいけないものはない。

こわがるよりも、理解するの。

今こそ理解する時、そうすれば少しこわくなくなるから。

-マリ・キュリー INTP

 
INTPは、すべての時代の最も革新的で思想的なリーダーの一部です。

INTPの作品は、科学の教科書や哲学の傑作に見られます。

彼女らは世界を変え、私たちがそれを知り、より深く複雑な方法で私たちの起源と世界を理解するのを助けました。

INTPの思考プロセスをユニークなものにしているのは何なの?

彼女らの論理プロセスを他の15のパーソナリティタイプとどのように区別されているの?
“INTPの内向的思考” の続きを読む

INFJ vs. INTP byPW

自分のタイプを発見する前にINFJとして診断されたINTPと、INTPとして診断された多くのINFJがいます。

この2つのタイプは、異なる気質(合理主義者タイプのINTPと理想主義者タイプのINFJ)に属し、世界に対する態度が異なる(JタイプとPタイプ)ため、理論的観点が大きく異なります。

2つのタイプは2つの認知機能しか共有しておらず、これらのタイプの間の曖昧さの理由はほとんどないように思えます。

共通の機能のみに類似性を置くと、2つのタイプはTiとFeだけを共有します。

INFJがISTP(Ti Se Ni Fe)および、INTPをISFJ(Si Fe Ti Ne)として誤判断する可能性は高いようです。

しかし、それは通常そうではありません、INFJとINTPは表面に現れるより似ています。
“INFJ vs. INTP byPW” の続きを読む

INTP vs. INTJ byPH

Myers-Briggsシステムのあらゆるタイプが社会生態学にとって不可欠でしょう。

特定のタイプがあなたを夢中にさせるかどうかは問題ではなく、人間としての私たちのバランスを保つために必要です。

自分のタイプを理解しようとする場合、2つ(またはそれ以上)のタイプが社会で比較的似通った役割を果たすとき、それは難しいことがあります。

INFP vs. INFJの記事で、この2つのタイプがより感情的知性を得るのを助けるために存在していると言及しましたが、彼女らはわずかに異なる(そして必要な)方法でそうしています。

INTPとINTJについても同じことが言えます。

両方のタイプは、認知バイアスを回避しようとしながら、異常な情報量を管理する能力で人の心を打ちます。
“INTP vs. INTJ byPH” の続きを読む

NTタイプ:心の病②

INTP:心の病

アルバート・アインシュタインからマリー・キュリーまで、INTPは進歩と深い知的思想の革新者であり、世界で最も誤解されている天才のひとつです。

彼女らは、そのタイプが非常にまれで誤解されているだけであり、しばしば誤診され、さまざまな精神障害に分類されます。

彼女らは信じられないほど知的で洞察力がありますが、INTPは伝統的な学習環境で精神的な強みが認識されないことがよくあります。

アインシュタイン自身は、しばしば学校で誤解され、「教育は学校で学んだものを忘れてしまった後に残るもの」と言いました。

多くのINTPは、誤解され、認知機能が鈍化し、彼女らの学習の強みやスタイルを称賛しない文化で暮らしているという高いリスクがあります。
“NTタイプ:心の病②” の続きを読む

INTPの適職とキャリア

ENTPの求職者にとってしばしば当てはまるように、INTPにとって満足のいくキャリアへの道は、困難で険しいものになる可能性があります。

INTPは、キャリアに定着する前に、自分自身と世界での彼女らの場所を理解しなければならないと感じています。

これには、自分の強みだけでなく、個人的な興味や価値観の認識も含まれます。

彼女らがしたいことを正確に見極めることは、INTPにとってイライラさせる出来事であり、多大な時間と実証を必要とします。

そのニッチが完全に明瞭に現れるには、何十年も、何十年もかかることがあります。

このため、高等学校から「理想的」な大学を選択することは、おそらく多くのINTPにとって非現実的です。

彼女らの堅固な個人主義のために、INTPは伝統的なキャリアの選択肢に満足を見つけるのに苦労するかもしれません。
“INTPの適職とキャリア” の続きを読む