ISFJの外向的感情

私たちはしばしば貧困は飢えている人、着る服のない人、ホームレスの人だと考えます。
求められていない、愛されていない、恵まれないという貧困は、最も大きな貧困です。
私たちは、このような貧困を改善するために自宅で始めなければなりません。

-マザー・テレサ ISFJ

 
ISFJの心と精神は暖かく知覚的な場所です。

これらの親切で、堅実な人々は、周囲の細部を鋭敏に意識しています。

彼女らはこの感覚能力と外向的感情(Fe)を組み合わせて、他人の感情、真意、気分を即座に認識します。

彼女らは、実践的で友好的な態度と、愛する人への強い忠誠心と無私の献身を組み合わせています。
“ISFJの外向的感情” の続きを読む

SJタイプ:心の病②

ISFJ:心の病気

ISFJはMBTI世界の「保護者」です。

彼女らは、あなたが今まで会った中で最も心のこもった思いやりのある人々の一人です。

彼女らは生活の中で伝統、安定、そして調和を求めています。

精神病のこととなると、ISFJはうつ病、依存性パーソナリティ障害(DPD)、心身症を発症しやすくなる可能性があります。
“SJタイプ:心の病②” の続きを読む

ISFJ/ESFJの適職とキャリア

ESFJは、すべてのタイプの中で最も人間本位です。

これは、彼女らの外向的方向性と、彼女らのdominant function 外向的感情(Fe)の観点から理解することができます。

内向的タイプであるISFJは、あまり社交的でも陽気でもない傾向があります。

INFJの求職者のように、彼女らは自分の内向的な電池を充電するための時間を楽しんでいます。

しかし、ISFJもFeを使用しているので、彼女らは人生と仕事において対人関係指向を持ちます。

ESFJとISFJは、他のパーソナリティタイプにも当てはまるように、所与の職業、仕事、または大卒がその上位2つのパーソナリティ機能(すなわちdominant、auxiliary function)と互換性があるかどうかを検討することが賢明です。
“ISFJ/ESFJの適職とキャリア” の続きを読む

ISFJ型の性格 byPJ

INFJとは対照的に、ISFJはより一般的に遭遇するパーソナリティタイプであり、一般人口の8%以上を占めると考えられています。

ISFJを理解するためには、過去のやり方を保って守ることを強いる、彼女らのdominant functionであるIntroverted Sensing(Si)をまず考慮する必要があります。

他のSJタイプと同様に、彼女らは慣例を大事にし、親しみがあり、期待されます。

これがDavid Keirseyが彼女らを「保護者」と呼んだ理由です。

特定の方法(例えば、昼食のために特定の種類の食事をする)で何かをする頻度が高いほど、そのパターンから脱出するのが難しくなります。

彼女らの信念と世界観についても同じことが言えます。

大人として、ISFJはしばしば子供の頃の信念と世界観にとどまっています。
要するに、過去の先例に、行動的にも観念的にも大きく依存していることが分かります。

ISFJは、時には頑固な、あるいは神経質と見なされることもありますが、実際の評判よりも、実際にはもっと寛大です。

彼女らのdominant function(Si)は知覚機能であるため、制御的役割ではなく受容的役割を果たしているのは当然です。

残念なことに、これはしばしば、Siは内向きであるため、見知らぬ傍観者によって気づかれなくなります。

特に自由な時間には、ISFJはゆっくりと過ごす方法(ESFJにとっては辛い時間)を知っています。

同一の心理的機能の共有において、ISFJはESFJに似ています。

1つの違いは、ESFJはより暖かく魅力的な傾向がありますが、ISFJはもう少し控えめで、ウォーミングアップに時間がかかります。

これらの2つのタイプは、inferior functionの問題に関しても異なります。

ISFJのNeとESFJのTiが相対しています。
“ISFJ型の性格 byPJ” の続きを読む