感覚・直観・感情・思考 byCT

Judgment(判断)とPerception(知覚)

私たちの意識は、反対のプロセス間のこの決して解決しない緊張のために、静的ではなく、継続的です。

この緊張が解消すると、意識のアルゴリズムは中止されますが、解決されないままになると、精神はデータのabsorption(吸収)と processing(処理)の間の継続的な課題になります。

精神は、各コンポーネント(構成部分)を分類することによってすべての受信情報を解決することを目指していますが、精神に入るデータが無限に流入するため、これを達成できません。

しかし、同じようにこれは動作するためにデータの導入に依存しています。

それは識別するための情報なしには目的を持たないからです。

精神は、もはやそれがプロセスを中止できるとして、知覚を止めることはできません。
たとえ動作が意識的な意識の外で行われているとしてもです。

 
データのabsorption(吸収)とprocessing(処理)との間のこの変動する輪(吸収と処理の繰り返し)をユングは「知覚」と「判断」と名づけました。

ここでの定義には、ユングの定義で言及されていないいくつかの特質が含まれています。

精神における知覚の役割は、情報の合成です。

データ合成は、データの意識的な精査の欠如した精神への、情報のautomatic population(自動植民)および相関関係化です。

知覚データには2つのタイプがあります。

受信データと既存データです。

合成は受信データを既存データに関連付けるプロセスです。このプロセスの詳細については、後にさらに説明します。

ユングによって正しく定義されているように、知覚は非合理的なプロセスですが、必ずしもそれが作るものが不適切にリンクされているためではなく、リンクが合理的な結論ではなく偶然に形成されるからです。

知覚プロセスによって作られた関連付けは、共有された性質に基づいて行われます。

データは、法律や公理のパラメータ(要因)内での関連の合理的な正当化とは無関係に、他のデータに関連する限り接続されます。

このように、ロジックや倫理の変則/矛盾は知覚の中に存在し、データが判断プロセスで批評されない限り、チェックされなくなります。

知覚プロセスは関連を引き出しますが、判断プロセスは、判断プロセスの基準に従って、矛盾を引き起こす関連を破ります。

discrimination(識別)プロセスは、Judgment(判断)とも呼ばれ、受信データを意図的に整理し調和させるものです。

それは論理的にも倫理的にも「認識」と「矛盾の排除」です。

Abstract Perception(直観)とConcrete Perception(感覚)

知覚器官によって得られたデータの精神的認識は、複数のオペレーションの協調を必要とします。

世界の知覚は、「Literal(文字通り)」と「Implied(暗に示された意味)」の両方で行われます。

Literal(文字通り)知覚は、現実的で触知できる形で現実を取り込み、感覚の前に現れるものです。
(ユングの言う「感覚(S)」)

Implied(暗に示された意味)知覚は、proxy(代理)を介して現実を取り込み、それが何であるかというより、それが何を暗に示すかを環境から抽出します。
(ユングの言う「直観(N)」)

現実の理解のためには、これら両方のデータ摂取が必要です。

抽象的な知覚(Implied)がないと、我々はすぐに観察可能なものを超えたものを見ることができないでしょう。

来るべき出来事を予言することも、状況に代わるものを想像することもできません。

私たちは具体的な知覚(Literal)がないと、現実の触覚的かつ正確な概念を決して形成せず、想像力が文字どおりの現実として受け取られ、抽象的な妄想は完全に失われるでしょう。

 
Implied

Impliedデータは、環境から直接得られたデータではなく、心のparalleling(並列)アクティビティによって生成されたデータです。

2つの隣接するデータ点がスペース、時間、形、またはコンセプトの中にそのように配置されているとき、それらの間にparallel(並列)なものが存在する場合、それらは必要かつ中間的な「接続点」を作ります。

Impliedデータは、決して直接観察され、感知され、見られ、または聞かれません。

しかし、その存在は心の中でかなり強く感じられ、しばしば literalデータと同じくらい確かに感じられます。

このアクティビティのいくつかの初歩的な例を示すために、ある人が混乱した方法で話すのを聞いて、文脈を通して彼女らの話を理解することができるかもしれません。

彼女らは文字通り 「psn .. m .. saut」と言っているかもしれませんが、私はそれを 「私に塩を渡して」と解釈します。

これらの新しいimpliedデータポイントは、literalデータポイントと同じ方法で判断プロセスによって処理されます。
これは、情報を区別することになります。

Logical judgment(理論)とEthical Judgment(感情)

意思決定装置は、それが担当するテーマに応じて2つのコンポーネントに等しく分割されます。

それはHeart and Mind(心と脳)の葛藤のようにしばしば差別化されたテーマです。

そのようなテーマは、私たちの目的に使用するには広すぎるものですが、それらのテーマに存在する一般概念は、この二分法の根底にある現象とは無関係ではありません。

もっと正確な定義は「Heart」と言うことができます。

言い換えれば、人類と生き物を扱う決定を管理するものであり、それは倫理の原則です。

Mindは、言い換えれば無生物に関する決定を管理するものであり、それは論理の原則です。

両方のプロセスは理由の原則に基づいて動作しますが、異なるトピックスと異なる基準で動作します。

論理的意思決定の基準は、それ自身が全く非人間的で、しかし最も論理的に見える誤った選択を生成する可能性があるため、この分離も不可欠です。

同様に、倫理的意思決定のための基準は、生活のすべてを擬人化し、必要に応じて客観的に状況を理解し管理することができないなど、すべての領域に倫理原則を適用し、現実の誤ったロマン化を引き起こします。

C.G. Jung Instituteの初期の学生であるJames Hillmanによって明らかにされたように、倫理のプロセス、すなわち「Feelimg(感情)」はemotion(感情)と同じではありませんが、emotion(感情)はしばしばそれと同時に現れます。

しかし、論理プロセスの操作とは対照的に、倫理プロセスが個人の感情登録とどのような関係にあるかについて、より明確にする必要があるかもしれません。

論理的なプロセスは感情登録から分離されたものです。

それはデータ間を認識するプロセスですが、deduction(結論)の原則の外にあるものを認識することなくそうします。

それは直線的推論です。if this → then this.

感情中心に関連するプロセスは、同様にデータ間を認識するプロセスですが、異なるフレームワーク内でそれを行います。(異なるパラメータ)

「if→then」のsequence(流れ)は身体経験の文脈の中で処理されます。

目的は論理的な一貫性ではなく、生存/生 vs. 死の原則と、身体/感情登録の一貫性です。

論理的一貫性の目的は、データソース以外のものとしての身体を考慮しないことです。

論理は、自分の体にバイアスがありません。

したがって、「倫理」は、適切な調整や、生が中心的なバイアスと目標であるところで、生と死の文脈における決定の管理と定義することができます。

一貫性 vs. 非一貫性は、生 vs. 死が倫理であるという論理です。

論理的プロセスは、それ自体を個人的自己と区別するため、登録された情報内のさらに別の変数よりも自分自身の重要性を認識しません。

これは唯一バイアス(偏向)の欠如を保有することができ、この自己投資の欠如によって、公平なプロセスとなります。

純粋に論理的で、倫理的次元が全くない生き物が存在するならば、自分の生を尊重しないことは自分自身の存在を終わらせるのに時間がかからないでしょう。

幸運なことに、人間の精神は、私たちを論理によってのみ動かしたり、論理だけを厳密に生き残るための原動力にするほど、一次元ではありません。

倫理的プロセスと論理的プロセス、双方とも各個人に存在し、これらの2つのダイナミクス間の相互作用は、実際には非常に複雑になり得ます。

倫理的なプロセスを知らせるために公平な分析が使われるため、すぐに倫理的な追求を支持する論理的な理由が見つかります。(逆も同様)

この収束を通して、倫理的および論理的プロセスはそれぞれの決定をより良く実行することができます。

この協調的なダイナミックのことを、以下、harmonizing(調和)と呼ぶことにします。

私たちはまた、自己保全に向けて人類を動機付ける事柄は、本能的な「脳幹」の中にあることを理解しています。

倫理的な認識プロセスは、それ自体がそれらの衝動ではなく、辺縁系内にあることを示唆するものではありませんが、判断を策定するための既存のパラメータを引き出します。

論理プロセスは、当初は類似性と非類似性との間の認識のみを使用して、環境への露出によってそのパラメータを自然に生成します。

それが孤立して存在していれば、どんな法律とともにでも、どんな世界でもこのプロセスを試み、目覚めて、知覚プロセスによって提示されたデータから組織された並列のカタログを作成します。

これは倫理的プロセスには当てはまりません。

代替法を用いて、世界で目覚めたならば、既存の「人間」の原型を用いてこの世界を想起し、その人間の判断によって利用可能な物質と知覚的印象を測定します。

それは、死を引き起こすか、防止する彼女らの能力に従い、多かれ少なかれ物質の価値を定めます。
しかし、それは価値を理解するようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です