Tertiary function(第三機能)①

パーソナリティコミュニティでは、機能について最も話されないものの1つがtertiary function(第三機能)です。

これに関しては多くの理論があります。

一つは、tertiary functionの方向性(内向性/外向性)について多くの不一致がりました。

多くの類型学者は、tertiary functionが補助機能と同じ方向性を持っていると主張していました。
(あなたが内向的タイプであればtertiary functionは外向性で、外向的タイプであれば内向性です)

他の議論では、この特定の機能について非常に詳細な情報が得られていないと述べています。

そのような情報がオンラインで入手できないので、私はすべての類型学の本を読んで、私が見つけることができるtertiary functionに関するデータを収集することに決めました。

この記事では、tertiary functionを特定する簡単な方法を説明し、それをどのように使用するのか(また他の方法についても)理解できるようにします。

Tertiary function(第三機能)とは?

Tertiary functionは、機能スタックの3番目の機能です。

以下に例を示します。

ENFJタイプ

Dominant function:外向的感情(Fe)

Auxiliary function:内向的直観(Ni)

Tertiary function:外向的感覚(Se)

Inferior function:内向的思考(Ti)

 
Tertiary functionの名前またはタイトルはいくつかあります。

あるサイトでは、それの成熟度がその程度と信じているので、「10歳」と呼んでいます。

心理学者のジョン・ビーベは、カール・ユングの典型的なアーキタイプの一つの後に、tertiary functionを「永遠の子供」と呼びました。

他の多くの類型学者は、それを「気晴らし(relief)機能」または「気晴らし(relief)の役割」と呼びます。

Tertiary functionは何をするの?

Tertiary functionは、人と自分の成熟度と健全さに応じて、十代から中年期のどこでも発達する場合があります。

若い頃でさえ、tertiary functionが意識の中に「現れる」という瞬間がありますが、頻繁ではありません。

私たちは一般的に遊び心を持ち、創造的で、探索し、再充電するためにtertiary functionを使います。

それは私たちのauxiliary functionをバックアップし、サポートし、それは特に20代や30代に近づくにつれて、auxiliary functionと並行して働くことが多いでしょう。

成人期には、この機能を利用する活動に引き付けられることがよくあります。

それを良い感じ、自然な感じになるため、またはリラックスしたり、リフレッシュするためにそれを使用します。

Tertiary functionはまた、私たちが慎重でなければ幼稚な方法で使用する場合もあります。

それはauxiliary functionやdominant functionと同じレベルの成熟度を持たないため、効果的に使用することと未熟な方法で使用することとの間で揺らいでいる可能性があります。

この機能をプレッシャーの下で使用しようとすると、取り乱したり困惑したりすることがあります。

私たちが望む強さでこれを活用することができないため、脆弱で愚かであると感じられるかもしれません。

私たちはまた、この機能に自信過剰になり、実際にあるよりもはるかに能力があると信じることもあります。

これは、私たちが成熟していないことを後天的に認識したときに、後で私たちを襲うために戻ってきます。

8機能型モデルを作成した心理学者John Beebeによると、tertiary functionは私たちがどのように慰められ、ケアされたいのかを示しています。

各タイプがこの機能をどのように使用するかを記述する際には、これを考慮に入れます。

MBTIの各タイプがtertiary functionを使用する方法

INTJ and ISTJ – Tertiary 内向的感情 (Fi)

IXTJは通常、何かが良いか悪いか、正しいか間違っているか、という非常に強い「直感」を持っています。

この道徳観と倫理観は、人生を通じて成長し、発展しています。

The Younger Years(幼年期)

彼女らの幼年期では、IXTJは非合理的な方法でFiを経験するかもしれません。

例えば、彼女らは他の人の意図を誤読し、恨みを抱き、他のタイプより長く傷つけるかもしれません。(これは必ずしもそうではありません)

彼女らは、価値観に基づいた決定に疑いを持ち、その意思決定の様式を使う人々に対してイライラする可能性があります。

彼女らは依然として、自分自身とその目標と理想に正直で真実である方法として、Fiを使用します。

彼女らは不正な行為、操作、または偽りや見栄を張るものを嫌います。

20代、30代、それ以上

IXTJが年を重ねるにつれて、彼女らは自分たちの価値観に合った活動に関心が高まってきます。

ボランティア、不幸な人のための主張、あるいは詩の読み書きなどです。

彼女らは自分自身が自分の考えにふさわしいものを見つけ出し、自分のビジョンや個人的な成長に合ったものを見つけることができます。

この機能が開発されるにつれて、ITJは重要で誠実で価値のあるものについて確実さと決心を発達させます。

注意すべき事項

IXTJはIFPやEFPと同様に高度なFiを使用していないため、時々それを不安や混乱を招くものとみるかもしれません。

彼女らは、自分の視点を考慮する時間を取らずに、他人の価値観を攻撃したり、見下すことがあります。

あるいは、ストレスや激情の瞬間に独善的で批評的になるかもしれません。

彼女らはまた、自分の主観的な価値観やライフパスに専心し、他の人々のニーズや価値観を見失うリスクを負う可能性があります。

これにより、彼女らは他のタイプから利己的に見えるようになり、多大な争いを引き起こす可能性があります。

すべてのIXTJがこれらの問題に陥るわけではありませんが、それは注意すべきものです。

内向的感情の快適性の発見

Tertiary functionは、しばしば私たちが慰められることを好む方法です。

私たちはこの機能を使って自分自身を快適にしたり、この機能を成熟した健全的な方法で使用する他の人々の真価を認めるかもしれません。

このため、多くのIXTJはFPタイプに惹かれます。

FPはdominant functionまたはauxiliary functionでFiを使用するため、Fiが正常に使用される傾向があります。(健全な場合)

ITJは、Fiユーザーの誠実さ、思いやり、完全性、真正性を快適に感じるでしょう。

彼女らは自身のリスニングスキル、個人的な解決策を見つけることができ、道徳性を彼女らの人生の中で堅実な力に集中させます。

 

INFJ and ISFJ – Tertiary 内向的思考 (Ti)

IXFJは論理的な矛盾と欠陥を見つける先天的な能力を発達させます。

論理的な原則に従ってデータを分析、分類、評価することに喜びを感じる場合があります。

The Younger Years(幼年期)

IFJは若年期にTiを効果的に使用するのに苦労する可能性があります。
Tiはより未熟で無意識になる傾向があるためです。

彼女らが10代、または30代に達するまででさえ、この機能が非常によく発達するというわけではありません。

その結果、若いIFJは、客観的な結論を形成し、非人間的分析を使用することに苦慮する場合があります。

論理的なデータを使用して主張をバックアップすることなく、理想、情熱、ビジョン(INFJ)や経験(ISFJ)を介して物事を説明する場合があります。

彼女らはなお、Tiを可能な限り正確に分析し、理論化し、記述するための方法としてTiを使用します。

彼女らは、ポイントを伝えるために自身が使う言葉について神経質になっていることを認識するかもしれません。

20代、30代、それ以上

Tertiary functionが発達するにつれて、IFJは、問題を解決し、基礎となるフレームワークを分類、分析、理解するための活動にますます惹かれます。

彼女らは、複雑な戦略ゲームや難問に興味を持っているかもしれませんし、人生のさまざまな複雑さを分析して分類したり、論理的なフレームワークやパターンを見つけたりするかもしれません。

彼女らは通常、dominant functionやauxiliary functionとともにTiを使用します。

INFJはTiを使用して、抽象的な直観や洞察を名付けたりまとめたりします。

ISFJは過去の経験を分析し、そこから学ぶためにSiと共ににTiを使用します。

一般に、IFJは、上手な方法で(Feと共に)Tiを使用する方法を見つけようとします。

彼女らが論理的な不一致を発見した場合、彼女らは共に如才ない方法を見つけることを試み、人々がそれらの矛盾を見るのを助けようとします。

注意すべき事項

IFJは、TPと同じ成熟度と開発力でTiを使用しないため、不健全または不均衡な方法で使用するリスクがあります。

彼女らは、Tiを他の機能と一緒にバランス良く使用しない方法に専心するかもしれません。(Tiのみへの専心がとても快適に感じるので)

彼女らは、隠遁生活をしたいとの衝動を感じ、彼女らの真理と原則を拒否する人を無視します。

彼女らはまた、他の人々に対して頑なで批判的になり、彼女らの特徴である共感や人との関りにおける能力を失うことがあります。

彼女らがNi-TiまたはSi-Tiループから抜け出せなくなると、彼女らは後退し、他者の視点を見ずに他の人々の誤りおよび矛盾を指摘する傾向があります。

内向的思考における快適性の発見

Tertiary functionはしばしば私たちが慰められるのを好む方法です。

ストレス時、IFJはストレッサーから 「立ち去って」バランスを見つけるためにTiを使用するかもしれません。

彼女らはまた、dominant functionまたはauxiliary functionでTiを持つ人々(TPタイプ)に惹かれる場合があります。

Tiユーザは、これらのタイプの穏やかな解決策に惹かれ、IFJに快適さを感じる場合があります。

感情や価値観に矛盾することなく客観的に考え、問題を解決する能力を頼りにするかもしれません。

IFJは、しばしばTiの安定した性質を見いだし、Tiユーザが問題を大いに分析するのを楽しむことができます。

 

ESTJ and ESFJ – Tertiary 外向的直観 (Ne)

ESXJは、文脈間の状況や関係を解釈し、より抽象的な意味や相互関係を見つけることに興味を持ちます。

この興味は、通常、20代または30代に発生します。

The Younger Years(幼年期)

人生の初期では、ESXJはNeに対して依然としてほとんど意識がなく、未成熟であるため、それへのアクセスはほとんどありません。

彼女らは、実証されていない、理論的な、あるいは「神秘的な」感覚の知覚に懐疑的な傾向があります。

彼女らは抽象的な直感や未知のものよりも、実証済みの方法や実績を信頼します。

彼女らは現時点のニーズにより焦点を当てているので、ブレーンストーミングと遠い未来についての話は、彼女らをとても疲れさせることがあります。

彼女らはより意識を高めようとすると、Neの活動の短い瞬間を持ちます。

これは、通常、新しいアイデアや世界の無限の可能性に魅力を感じる結果となります。

20代、30代、それ以上

個人の成熟度に応じて、tertiary functionは10代後半から30年代半ばに発展する傾向があります。

この開発段階のESXJは、「~であるかも(could be)」をより深く理解しています。

彼女らは、素早く隠された意味や新しいアイデアを手に入れようとし、ブレーンストーミングを大いに楽しむことができます。

彼女らはまた、すべての経験の詳細を結び、未知で理論的なことを学ぶことで、活力を得ることができます。

彼女らは遊び心のある方法でNeを使い、物事間の巧妙なつながりを見つけて、独特の独創的なプロジェクトを作ることができます。

彼女らは新しい可能性と機会を見つけるためにビジネス界でNeを使うかもしれません。

注意すべき事項

Neは成熟しておらず、ESXJにとってNPほど開発されていないので、それを不健全な方法で使用する場合があります。

彼女らは何百万もの可能性に圧倒され、どちらが最善のものかを決めるにあたって追い詰められていると感じる場合があります。

EJタイプは迅速に決定するように駆動されるため、理想よりも劣る決定になり、それらに失望する可能性があります。

彼女らはまた、シグナルや隠された意味を誤読し、不正確な結論に飛びつくことがあります。

彼女らは、たとえこれらの脅威が良いものであったとしても、自身の信念体系へ安心感や脅威を混乱させないようにNeを閉鎖しようとするかもしれません。

外向的直観の快適性の発見

Tertiary functionはしばしば私たちが慰められるのを好む方法です。

この理由から、ESXJは、ストレスから抜け出す可能性や方法をブレーンストーミングすることによって、軽度のストレスの時に自分自身を落ち着かせるかもしれません。

彼女らは、自身を快適にするか、または自身を刺激する新しいアイデアを見つけることを試みるかもしれません。

彼女らはまた、NPタイプの周りにいることに刺激しされ快適に感じるかもしれません。

彼女ら(NPタイプ)の熱意、想像力、可能性に対する視点は非常に刺激的なものになり得ます。

 

ENTJ and ENFJ – Tertiary 外向的感覚 (Se)

ENXJは現在の瞬間に外部環境に反応する鋭い能力を発揮します。

彼女らは、外部の詳細を経験し、注意して、「今現在」起こっていることを最大限に活用する方法を学びます。

The Younger Years(幼年期)

初期の人生では、ENXJは物理的な世界と大きく調和していません。

これらの活動が大きなイメージや目標に適合しない限り、彼女らは具体的な楽しみや活動についてほとんど気にしません。

彼女らは時々身体的なぎこちなさを感じているかもしれませんし、他のタイプ(特にSPタイプ)が気づく細部を見落としているかもしれません。

徐々に意識が高まるにつれて、ENXJは身体活動や経験においてますます喜びを感じるようになります。

彼女らはスポーツに関心を持ち、外界の手がかりを素早く読めるようになるかもしれません。

彼女らはまた、自身の身体的衝動や本能をより完全に信頼するかもしれません。

20代、30代、それ以降

Tertiary functionが発達してより意識的になるにつれ、ENXJは物理的世界とつながる欲求が増していることを見出します。

彼女らは楽器の演奏、新しい食べ物、運動、ダンスなどを楽しむことができます。

彼女らは自身の周りの世界の細部に気づき、他の人が見ていない機会と活動を見ているかもしれません。

彼女らは、自身の外見をより重視し、健康を維持するようになり始めるかもしれません。

彼女らは、関連する事実と詳細に気付いて、自身の利点にそれらを使用して、自身の環境に素早く向かうことができます。

注意すべき事項

Seは成熟しておらず、ENXJにとってはSPタイプほど発達していないため、健康でない、または不均衡な方法で使用するリスクがあります。

彼女らは環境内の無関係な細部と活動によって注意散漫になり、コースから逸脱していまう場合があります。

彼女らはまた、しばしば過度に耽溺したり、過度に衝動的になりすぎたり、本能に従うことを望んだり、健康で生産的ではない方法でそうする場合もあります。

彼女らは自身の外見や、周囲の人々に印象を与えることに過度に敏感になるかもしれません。

外向的感覚における快適性の発見

多くの人々がtertiary functionによって快適さを感じています。

このため、ENXJはストレスの最中に身体活動や経験を求めることがあります。

彼女らは運動をしたり、音楽によって刺激されたり、心を和らげるためにレクリエーションをするかもしれません。

彼女らはまた、SPタイプの存在下で快適性を見つけるかもしれません。

彼女らは、瞬間、機知、冒険感を魅力的に感じる場合があります。

彼女らは、SPタイプと外的な世界で物理的に魅力的で、新しい経験や実践的な活動を試みることがあります。