外向性・内向性・知覚機能 byCT

下記の区別は、精神内のエネルギーの流れの方向に関係し、精神的な機能へはそれほど関係しません。

このセクションでは、proactive(順向性の)とreactive(反応的な)、2つの用語について説明します。

これらは、ユングの客観的かつ主観的な方向性の態度は、外向性と内向性とも呼ばれます。

正しいことに、ユングは、心臓の収縮および拡張の関係に似た原因のメカニズムとして、この軸を他のものと区別しました。

proactiveプロセスは、対象者を離れるプロセスであり、reactiveプロセスは対象者に戻るプロセスです。

前述したように、人間の精神はフィードバックシステムを介して連続性を維持し、この動きはエネルギーの流れの方向を通して維持されなければなりません。

精神的プロセスは、proactiveまたはreactiveのいずれかの方向に循環します。

この二つのプロセスは、電流から生物学的な性まで、無数の自然なシステムに存在するのと同じ因果関係を模倣するので、私たちの精神に対して決してユニークではありません。

proactive/reactiveの区別がない場合、精神の2つの相反する側面の間に相互作用や対話を開始するものはありません。それらは静的なままです。

フィードバックサイクルの因果的必要性として、一方は他方にフィードしなければならず、他方は応答し、応答は最初のプロセスによって再び吸収され、このサイクルは無限に続きます。

ユングの内向性/外向性の質と、proactive/reactiveという言葉を使うことを好む理由を強めるもの
に対して補足を付け加えたり、またはおそらく明確化することは、この内的な循環の質の存在によります。

認知要素の基本的な特性はoscillation(変動)です。

一方のもう一方への摂取の必要性は、二つの用語をより対照的であり、他方を抑圧する上で自分の性質を保持する能力があると考えるユングによって明確に強調されていませんでした。

しかし、この相反は真実です。
それらは健全な動作だけでなく、これよりも互いに依存しているためです。

どんな種類の処理においても、強い抑圧の場合でも、循環の両面が毎秒連続して連続的に作動していることがよくわかります。

Proactive Perception(外向的知覚機能)とReactive Perception(内向的知覚機能)

これらの動作をより詳細に説明するために、最初に知覚から始めます。

それは、外向性と内向性で循環します。

この章の前半で述べたように、知覚プロセスは、既存の情報を含む受信情報の合成に専心しています。

フィードバックループは情報の摂取から始まり、常に proactive(外向的)知覚プロセスによって行われます。

自身の外-外的世界-に存在する情報の探索は、対象への磁気吸引のためにsubjectを放棄するproactiveプロセスによって必然的に行われなければなりません。

以下では、この proactive知覚プロセスをExplorerプロセスと呼んでいきます。

逆に、reactiveまたは主観的な知覚プロセス(内向的知覚プロセス)の役割は、自己内の情報を探すことです。

その情報のために外に出ることができないので、既存の知覚/世界観を記憶し、参照し掘り下げます。
それは内面を掘り下げなければなりません。

このプロセスをWorldviewプロセスと呼びます。

これは、Explolerプロセスのナビゲーションと判断プロセスの演算のために、知識体系(引き出すためのタペストリー)を提供するためです。

しかし、このプロセスと「記憶」という現象とを区別しなければなりません。

記憶は機能としてではなく、脳の生理機能の物理的存在として存在するため、2つを直接相関させるのは正しいとは言えません。

Worldviewプロセスはこの記憶から思い出すものですが、その全体はいつでもこのプロセスを利用できません。

図書館よりも図書館員に似ています。

それが情報をアーカイブして、それを思い出す方法は2つのWorldviewプロセス(Si/Ni)の各々の間で異なります、しかし、これは両方のWorldviewプロセスの重要な役割です。

Explolerプロセスは外から探さなければなりませんが、私たちの精神によって作られたファンタジー-私たちの現実のploxy(代わり)-と人間の知覚の外側に現れる現実そのものとの間に区別がつきません。

したがって、文字通りの意味では、Pe(外向的知覚機能)の探検さえも、人の精神的な情景に限定され、この精神的な領域内で利用可能な情報を探索します。

 

上の図は、説明に役立つ知覚変動の動作の一般的な表現です。

中心点にはexplolerプロセスがあり、左半球には客観的な現実があります。

右半球には、worldviewプロセスの内的世界があります。

言い換えれば、explolerプロセスが見ることができる「世界」の広大な領域は、外界とworldview(内的世界)の両方で構成されています。

私たちの心の情景に 「現実感」をもたらすものは、網膜の現在の情報では決してありません。

Explolerプロセスは、現実を一目瞭然に見るだけでなく、記憶も一種の既存の現象として扱われます。

左の点線は、客観的な現実を追求するexplolerプロセスを表しています。

Explolerプロセスの各投影で、worldviewプロセスは、既存の情報に関連付けられたデータに基づいて、エコーを返信するようになります。

既存の情報内でどのようなデータが関連付けられているかについてが、ここでは破線で示されています。

worldviewプロセスからのエコーが、場合によっては、そのエコーに注意を向けるためにExplolerプロセスを誘因します。

これは、エコーがexplorerプロセスに到達する瞬間、それは比喩的な意味で、その環境の目に見える部分になるからです。

それはまるであなたの視界の中に突然新しい物体が現れたかのようです。

衝動的にあなたの凝視はそれに引き込まれ、より明快にそれを見ようとします、このオブジェクトは色や形から作られていないが、言葉や無形の印象から作られてるかもしれません。

Explorerプロセスは、現在と過去の情報の集合体としての現実の完全なイメージを念頭に置くために、worldviewのタペストリーの一部を探求しようとします。

このプロセスが進行するにつれて、知覚プロセスと判断プロセスが協力して生み出された全体的な精神的経験に基づいて、新しい記憶が創造され、worldviewのタペストリーが拡大しています。

これらの出来事が記憶として記憶される方法、またはむしろそれらが相互に関連化する方法は、2つの知覚プロセスがそれらを意識に持ち込む方法を反映します。

したがって、私たちの記憶自体は認知タイプとは別の現象であるにもかかわらず、認知機能の非常に明確な印象は、それらが整列するようコード化されるので、私たちの記憶に残されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です