Shadow Functions(影の機能) byCJ

認知機能

より複雑で稀にしか扱われないパーソナリティタイプの側面に深く潜りたいのであれば、shadow functions(影の機能)を掘り下げることは楽しい(そして非常に役に立つ)ことがたくさんあります!

Myers-Briggsタイプの指標(またはそれに類するオンラインテスト)を初めて使用したときには、タイプの記述の正確さに驚いたでしょう。(正しくタイプ判別された場合)

あなたは二分法(内向性 vs. 外向性など)について学んだかもしれません。

あなたは認知機能(Fi、Fe、Ti、Te、Si、Se、Ni、Ne)をさらに研究したかもしれません。

ほとんどの人にとって、パーソナリティタイプの研究は、認知機能、特に主要な機能スタックで終了します。

結局他に何を学ぶことができるのでしょう?

真実として、あなたの人生に大きな影響を及ぼし、人との関係を改善することができるタイプについてのことが、もう少し詳しくあります。

主要機能スタックとは?

Myers-Briggsの理論によれば、それぞれのパーソナリティタイプには、発達と意識の順にランク付けされた4つの好まれる機能があります。

あなたがISFJであれば、機能スタックは次のようになります

Dominant(優勢機能):内向的感覚(Si)

Auxiliary(補助機能):外向的感情(Fe)

Tertiary(第三機能):内向的思考(Ti)

Inferior(劣位機能):外向的直観(Ne)

 
私たちの4つの主要機能の研究は非常に有益ですが、私たちの4つのshadow functions、または好まれない機能について学ぶことも同様に役立ちます。

上記のISFJの例を使用すると、ISFJのshadow functionsは次のようになります。

Opposing Role(反対の役割):外向的感覚(Se)

Critical Parent(批判的な親):内向的感情(Fi)

Trickster(悪戯者):外向的思考(Te)

Demon(悪魔):内向的直観(Ni)

 
あなたの頭が今爆発しているように感じたら、心配しないでください。

私はこれをこの記事の残りの部分で一歩一歩説明します。

Shadow functionsはなぜこんな奇妙な名前なの?

「心理的タイプ」において、ユングはアーキタイプ(原型、ユングの用いた心理学用語)を議論するのに多くの時間を費やしました。

アーキタイプは、文学、芸術、または神話の中で繰り返されるシンボルやモチーフです。

ユングは、あらゆる文化に特定のシンボルが現れ、人間はこれらのアーキタイプのそれぞれに似て先天的な傾向があることを発見しました。

これらのアーキタイプには、「The Hero」「The Mother / Father」「The Child」「The Anima / Animus」「The Witch / Senex」「The Trickster」「The Demon」などがあります。

ユングによると、「集団無意識の内容は、原型であり、我々にとって共通の基本パターンを反映し、時の幕開けから普遍的に存在している原始的なイメージ」です。

Shadowとは?

ユングによれば、「shadow」は意識と無意識の精神の端にあります。

それは、自分自身の闇の、生きていない、抑圧された側です。

それには、抑圧された記憶、原始的、否定的、または社会的に軽視された人間の感情と衝動が含まれています。

通常、私たちが無関係と判断するものはshadowの一部になります。
それは私たちの自我とは反対にあります。

私たちの自我は、私たちが自分自身がそうであるべきと想像しているものです。
それは私たちの想像した 「アイデンティティ」です。

類型学者によると、私たちのdominantとauxiliary functionは私たちの自我の中心にあり、徐々に私たちのtertiaryやinferior functionが発達するにつれて、それらもまた自我の一部になります。

私たちの主要機能スタックに含まれていない機能は、「shadow」に残され、自我だけで十分な働きをしていないときに自我を保護する方法として意識して出入りします。

自我は重要ではありますが、必ずしも「真実」ではないことを覚えておくことが重要です。

それらが私たちの理想化された「イメージ」と一致しないと、不快な真実を捨てるかもしれません。

結果として、私たちの自我は厳選された性質の組み合わせである傾向があり、私たち自身について悪いと感じるかもしれない好ましくない性質は、しばしば無意識に捨てられます。

Shadow functionsは良いもの?悪いもの?

どちらもです!

Shadow functionsは、非常に破壊的であるか、または成長および自己実現のための触媒となり得ます。

それらの主な目標は、私たちを安定させ、自我の膨張と自我の混乱が、私たちの統合に脅威を与えるのを防ぐことです。

極端なストレスを経験し、通常の「ツール」がストレスを処理するのに不十分なとき、私たちのshadowは私たちに影響を与えます。

これらは、なぜ、私たちが奇妙で不気味な行動をしているのか不思議であったり、または自分自身の行動を理解でいないときです。

私たちが自我を膨らませて弱点を「現実確認」する必要があるときには、shadowは「ステップイン(介入)」することもできます。

「私たちの自我に利用できるツールが、私たちの個人的な誠実さに対する襲撃から私たちを守るには不十分なとき、shadowは通常、道徳的な制約から自由な代替手段で無意識のうちに介入します。
– Mark Hunziker 「Depth Typology」 –

8機能のパーソナリティモデルを考案した類型学者のJohn Beebeは、shadow functionsは「個性を守るために汚く戦う」と述べています。

「影は他人が見る私たちの一部ですが、私たちはそうしません」
– John Beebe –

私たちが意識的にコントロールしているわけではないので、shadow functionsは否定的になり得ます。

そして私たちがそれらに影響されると、私たちは非合理的な、不合理な、または道徳的に曖昧なやり方で行動する傾向があります。

また、それらの負の側面を他の人に投影することもあります。

タイプの8機能モデルの序論

shadow functionsを正確に理解するためには、主要機能も理解する必要があります。

dominant functionから始まり、次にinferior functionから始まる8つの機能すべてを検討します。
(dominantとinferiorはあなたの自我の「背骨」を構成するためです)。

次にauxiliaryおよびtertiary function(自我の「腕」)について議論します。

Function #1 – The Hero (Dominant Function)/主人公(優勢機能)

「あなたや他の誰かが、行動やポジションの正当性を完全に確信して、軍に先んじてドラマチックなバナー(旗幟)を実行しているかのように、突撃モードのリードに移り、したがって他の人があなたなどに従うことを強制されることに気づいたとき、なたはおそらく、ヒーロー/ヒロインの「エネルギーサイン」を見たことがあるでしょう。」

この機能はあなたの自我の核心であり、あなたが開発して制御するのが最も簡単です。

あなたのdominant functionを理解し、分化することは、自己実現の重要な部分です。

Function #4 – The Anima・Animus (Inferior Function)/アニマ・アニムス(劣位機能)

「ほとんどの正常な社会では、人々はinferior functionをペルソナで覆い隠しています。人がペルソナを開発する主な理由の1つは、劣等感、特にinferior functionの劣等感を暴露しないことです。」

– Marie Louise Von Franz –

inferior functionは、本質的にdominant functionにリンクされています。

それは自我に同化する最後の機能の一つであり、私たちの最も弱い機能の一つです。

ほとんどの場合、この機能を有効に使用できないことがわかっているため、この機能を抑制したり、隠すようにしています。

それはしばしば恥の原因であり、意識的に使用するのが快適になるまでにはかなりの時間がかかることがあります。

私たちはこの機能をよく使う人を賞賛する傾向がありますが、一方で個人的にこの機能を「時間の無駄」とすることがよくあります。

dominant functionの健全な発展は、inferior functionの健全な発展に依存しています。

ほとんどの生活においてinferior functionを抑制する人々は、片手落ち、不均衡、不健康になります。

Function #2 – The Mother (Auxiliary Function)/母親(補助機能)

auxiliaryまたは「Mother」機能は、私たちと他の人をサポートし、成長を促進します。

この機能は、私たちのdominant functionのバランスをとるのに役立ち、また、他者を慰めたり育てたりするときに使用する機能です。

「このアーキタイプのエネルギーサインを認識することは、通常、支持的、育成的、建設的可能性のある、率先的な行動に気づくことの簡単な問題です。

Motherが膨張したとき - 私たちがアーキタイプに囚われてしまったとき - 、それは過度に率先したり、あまりにも容認したり、ひいきにしたり、教えたり、その役割を果たすことが適切でないときに “育てる”という問題になります。」

Function #3 – The Eternal Child (Tertiary Function)/永遠の子供(第三機能)

tertiaryまたは「child」機能は、私たちがしばしば遊び心があり、探索的で創造的な方法で行使する機能です。

tertiary functionは類型学者によって 「気晴らし」機能と呼ばれることが多く、それはリラックスして落ち着かせ、しばしば過度に使用されているdominantまたはauxiliary functionを抑えるためにそれを使うことを楽しむことができるからです。

child functionは、私たちが何度も安心させられることを望んでいる機能です。(必ずしもそうであるとは限りません)

たとえば、tertiary functionが外向的感情(Fe)である場合、共感、肯定、調和の取れた受け入れによって安心したいと思うかもしれません。

tertiary functionが内向的感覚(Si)である場合、一貫した実践的な貢献を得て、あなたが過去に成功した方法や過去の思い出を思い出させることで、安心したいと思うかもしれません。

「eternal childは躁病のサイクルで現れる傾向があります、1分間「世界の王」で、そして次は、控え目で臆病な「傷ついた子供 」です。

childを自我にうまく統合するということは、適切で健全なときに、遊び心があり、愚かで、無責任で、脆弱になることを意味します。

 
これらはdominantとその使い方をカバーしていますので、今度はshadow functionに移りましょう!

覚えておいてください、shadow functionsを使用しているときや、他の人にそれらを投影しているときは、しばしば気づいていないので、これらのアーキタイプを使用するのには時間がかかり、意識的な意識が必要かもしれません。

Shadow Function #1 – The Opposing Role (Function 5 in your stack)/反対の役割(第5機能)

あなたが 「hero(主人公)」としてdominant functionを考えるなら、あなたのheroを奪い取る「意地悪」としてのopposing role(反対の役割)を想像することができます。

Opposing roleは、あなたのdominantを「影」にさせ、疑念、反対、受動的攻撃行動的な発言を呼び起こします。

Opposing roleは、あなたのdominant functionの目標や視点を疑うかもしれません。

それはまた、あなたが自分の自我を脅かすと感じる人や何かにあなたが議論したり怒ったりする時に使うものかもしれません。

Opposing roleは、私たちが他の人に投影することも非常に簡単です。

その機能に関する私たちの経験はほとんど負のものであるため、他の人々が同じ機能を(たとえ肯定的な方法で)使用しても、それらを対立的、受動的攻撃行動、または隠された動機として見る危険があります。

例:あなたがFi-dominantのパーソナリティタイプ(IxFP)なら、Feはあなたのopposing roleになります。

Feユーザーは、時にはあなたとはしばしば反対になるかもしれません。

あなたは彼女らにopposing roleを(そして彼女らがFe-dominantであれば、彼女らはあなたに)投影するかもしれませんし、時には彼女らが動機を覆ったり、または隠していると感じるかもしれません。

彼女らはあなたに同じ否定的な形質を投影するかもしれません。

あるいは、あなたのdominant Fiに反するあなたの頭と反対の声としてFeを経験するかもしれません。

Shadow Function #2 – The Critical Parent or Witch・Senex (Function 6 in your stack)/批判的な親または魔女(第6機能)

Critical parentは酷評的であり、環境を制限しています。

その批判は、屈辱、嘲笑、パーソナリティの幸福への無関心を含む、しばしば過酷で窮屈なものです。

Critical parentはauxiliary function motherを影にします。

育成と保護を行う「mother」である第二の機能とは対照的に、critical parentはけなし、不活性化し、屈辱を与えます。

私たちの欠点や失敗を呼び起こし、私たちのアイデアを拒否します。
この機能は、私たちの自我に向かって内向きに向けることができ、または他人に向けられたり、投影されることがあります。

「Witch/Senexは、それが適切にのみ使われることを確実にするための意識の統治メカニズムが欠けています。
その批判はしばしば枯死しているか大きな損害を与えます。」

時には私たちが誰かを見ているとき、私たちの見解では、「幼稚な」私たちはこの批判的な役割を担っています。

誰かが 「trickster(悪戯者)」(私たちのスタックの7番目の機能)を引き起こしているとき、私たちはそれらを制御しようとする 「critical parent/witch」の役割を引き受けることによって反応するかもしれません。

例:ExTPでTiがauxiliaryにある場合、Teは「critical parent」の役割を果たすでしょう。

誰かが幼稚で未熟なように感じると、彼女らは客観的な論理、組織、計画能力を批判するかもしれません。

彼女らを組織したり指示しようとするかもしれませんし、あなたの普通の自然な自己にとって典型的なものよりも、より「命令的」かつ批判的になるかもしれません。

あるいは、ストレスが感じられたり、あなたの自我が脅かされていると感じたら、あなたはあなたの計画、あなたの「物事を終わらせる」能力、そしてあなたの生活の働きを批判する逆の内なる声としてTeを体験するかもしれません。

Shadow Function #3 – The Trickster (7th function)/悪戯者(第7機能)

Tricksterは、tertiary「eternal child(永遠の子供)」の機能を影にします。

純真で、脆弱で、遊び心のある「child」とは対照的に、tricksterは狡猾で、悪意があり、変化的で、欺瞞的です。

それは善と悪の両方です。

それは「eternal child」を他人からの攻撃から守ることを決心していますが、関係性や自己に矛盾が生じるほど、混乱を招くこともあります。

Trickster機能を使用すると、不快で、混乱し、不安を感じます。

この機能を使うときには、板挟みに人を「陥れる」傾向があります。

私たちは、ルールや境界を尊重していないことや、私たちが「正しい」とか友好的ではないと感じるような方法で操作していることに気付くかもしれません。

Tricksterは非常に否定的な意見を持っていますが、実際には成長と分化にとって重要な触媒です。

「tricksterは、とりわけ分化の触媒です。 この中で、tricksterは破壊者と創造主の両方です。
それは、新たな秩序につながる新しい選択肢を開くために、自己制限構造を破壊し、無秩序を作り出します。」

例:あなたがIxTJでFeがあなたのtricksterの位置にある場合、Feの「幼稚な」または「操作的」の表明を見ることがあります。

あるいは、誰かがあなたと過度に批判的で自我崩壊を起こしているときは、あなたは、彼女らを板挟み又はお互いに不利な状況に陥れるために操作的な、内密の方法でFeを使って彼女らに襲いかかるかもしれません。

Shadow Function #4 – The Demon (8th function)/悪魔(第8機能)

Demonは基本的に私たちのinferiorのinferior functionです。

それはすべての機能の中で最も「他の」ものだと感じており、この分野の失敗は最も害するものである傾向があります。

私たちは、この機能をdominantの位置で使用している人々に関わって苦労するかもしれません。

なぜなら、私たちのそれに関する経験は非常に負であり、非常にまれで不安定な場合を除いて意識的につながっていないからです。

この機能を明白な方法で使用している他の人々に「demon」を投影することがあります。

機能を正常/健全な方法で使用するために他人を誤解したり、他人に悪意を持ったりしないように、この機能をいつ投影するかを認識することが重要です。

「demonは、誠実さが存在し、必要とされる私たちの性格における欠陥を恥じる必要があるものです。」

例:ExFJでinferior functionにTiがある場合、Teは機能スタック内の 「demon」の役割を担うでしょう。
結果として、最初にTeの表明にいらだつかもしれません。

あなたは、Teの動機を誤解し、道徳的に「邪悪な」または「残酷な」ものとして見ているかもしれません。

あるいは、Teを使用する必要があるとき、あなたは完全に自分の要素を超えていると感じるかもしれませんし、自己の感覚とつながることができないかもしれません。

あなたは、重度のストレスや自我崩壊の瞬間に、あなた自身に対してTeを使うかもしれません。

客観的な論理の貧弱な/不完全な形を使って自分自身や目標や価値を損なうかもしれません。

これらすべてを考慮に入れると、Teはまだあなたのために良い影響を与えます。

それが何であるかを知り、それをあなたの人生の一部として受け入れ始めるなら、あなたは個人的に成長し、その悪影響を回避することができます。

あなたは、Teを強く使用している人を尊敬し、称賛することを学ぶことができます。

Posted by melancoly