エニアグラムタイプ2:援助者 byEI

エニアグラム

エニアグラムタイプ2の概要

タイプ2は共感的で、誠実で、温かい心を持っています。

彼女らは友好的で、寛大で、自己犠牲的ですが、また感傷的で、へつらい、人々を喜ばせる人でもあります。

彼女らは善意を持ち、他の人と親密になるように動かされますが、必要とされるために他人のために物事を行うということに陥りもします。

彼女らは典型的には「所有や支配に対する過度の願望」と「自分の必要性への認識」の問題を抱えています。

 
彼女らが良い場合、利己的でなく利他的で、他者に対する無条件の愛があります。

 
基本的な恐怖:望まれない、愛される価値がないこと

基本的な欲望:愛されていると感じること

タイプ2ウィング1:Servant(奉仕者)

タイプ2ウィング3:Hostess(もてなす人)

 
主な動機:愛さたい、自身の気持ちを他者に表現したい、必要とされかつ高く評価されたい、他者からの反応を得たい、自らの主張を肯定すること。

崩壊の方向(ストレス)に動くとき、飢えているタイプ2は突然攻撃的になり、タイプ8のように威圧的になります。

しかし、統合の方向性(成長)で動くとき、傲慢で自己欺瞞的なタイプ2は、健全なタイプ4のように、より自己養成され、感情的に認識するようになります。

タイプ2の概要

タイプ2は他の人にとって最も真に助けとなる人であり、または彼女らが健全でないときに自分自身が助けになるかに最も集中をしているので、The Helper(援助者)と名付けられました。

寛大になり、他人のために自身の道を離れると、タイプ2は自分のものが人生で最も豊かで最も意味のある方法であると感じます。

彼女らが感じる愛と関心、そして彼女らが行う真に良いことは、自身の心を温め、価値あると感じさせます。

 
タイプ2は、人生における「本当に、本当に良い」ものであると感じるものに最も関心があります。
それは愛、親密さ、共有、家族、そして友情です。

タイプ2が健全でバランスが取れているとき、彼女らは本当に愛情があり、人を助け、寛大で、思いやりがあります。

人々は蜜蜂に引き寄せられるように、彼女らに引き寄せられます。

健全なタイプ2は心の輝きの中で他人を暖めます。

 
彼女らは、感謝と注意を払うことで他人を活気づけ、人々が以前は認識していなかった肯定的な資質を自身で見ることができるようにします。

要するに、健全なタイプ2は、誰もが望む「良い親」の形です。

それは相手をありのまま見て、大いなる思いやりで理解し、無限の忍耐を助け、励まし、 常に喜んで手を貸し、いつ、どのように相手から離れるかを知っています。

健全なタイプ2はすでに心を開いており、私たちにより深く豊かな人間になる方法を示しているので、彼女らは私たちの心を開きます。

 
しかし、タイプ2の内部発達は、その「影の側」、自己欺瞞、他者の人生に過度に関わる傾向、および自分の感情的ニーズを満たすために他の人を操作する傾向によって制限される可能性があります。

変革的な(内面の)作業は自分自身の暗部に行くことを伴い、これは自身を積極的で明るい言葉によってしか見ないタイプ2のパーソナリティ構造の多少の部分に逆らっています。

おそらく、タイプ2、タイプ3、およびタイプ4が内面的な作業に直面する最大の障害は、無価値であるという恐怖心に直面しなければならないことでしょう。

表面の下では、3つのタイプすべてが、自身に価値がないことを恐れるので、他人からの愛と受容を得るためには、何か特別なことがなければならないのです。

 
平均的な不健全なレベルに至ると、タイプ2は、(実際には莫大な期待と無視されている要求を持つにも関わらず)完全に寛大で非利己的であり、何らの報酬も望んでいないという虚偽のイメージを提示します。

不健全なタイプ2は一般的に、他人のために自分自身を犠牲にする超自我の要求に従うことによって、彼女らの価値の承認を求めます。

彼女らは愛を得るためには、いつも他人を第一に考える必要があり、愛し、非心になると信じています。

問題は、「他人を第一に考える」ことは、タイプ2を密に怒らせ、憤慨させ、彼女らがそれを抑圧したり否定したりする気持ちを強く働かせます。

それにもかかわらず、彼女らは最終的に様々な形で爆発し、タイプ2の人間関係を乱し、不健全なタイプ2の、自身や彼女らの「愛」の深さに関する不健全な主張の多くを明らかにします。タイプ2の成長

タイプ2の成長

まず第一に、あなたが自身のニーズに取り組んでいない場合、問題、根底の怒り、継続的な不満なく誰かのニーズを満たすことはほとんど不可能であることを覚えておいてください。

さらに、適切な休息を得ておらず、自分自身を適切にケアしていなければ、バランスの取れた方法で人々に反応することが少なくなります。

あなたが他人のニーズに従う前に自身が大丈夫であることを確認することは、利己的ではありません。それは単に常識です。

誰かを助けることを決めたとき、自分の動機をより意識してみてください。

 
人々のために良いことをすることは確かに素晴らしい特性ですが、他の人があなたに感謝したり、あなたのために何か良いことを期待して他の人のために行動するとき、あなたは自身を失望するものにしてしまいます。

あなたのタイプは、愛する人との無意識の共依存パターンに落ちる危険があり、それはあなたが本当に望むものをあなたにもたらすことはほとんどありません。

 
あなたが人々のためにやりたいことが多いかもしれませんが、最初に本当に必要なものを尋ねる方が良いでしょう。

あなたは、他の人の気持ちやニーズを正確に直観的に熟知していますが、必ずしも人々はあなたが念頭に置いた方法であなたからの救済を望んでいることを意味するわけではありません。

あなたの意思を伝え、「いえ、結構です」を受け入れる意思が必要です。

あなたの特別な申し出を望んでいないという判断は、彼女らがあなたを嫌ったり、あなたを拒否したことを意味しません。

 
あなた自身とあなたの良い働きのアピールの誘惑に抵抗してください。

あなたが他の人のために何かをした後、それについて彼女らに思い出させないでください。

彼女らはあなたの優しさを覚えていて、自分のやり方であなたに感謝するか、そうでないかのどちらかになります。

あなたが彼女らのためにしたことへのアピールは、相手を困らせ、不安にさせます。

それは誰も満足させたり、あなたの関係を改善したりすることはありません。

 
あなたが慣れ親しんだことでなくても、他者の愛情や願いを認識することを学びましょう。

他の人はあなたが望む方法で自分の気持ちを表現することはできませんが、彼女らは他の方法であなたのことを気にしていることをあなたに知らせるかもしれません。

あなたが、他人があなたに与えていることを認識できれば、あなたは本当に愛されているという理解の中でより容易に安らげるでしょう。

愛は常に有用ですが、私たちが提供し、したがってそれを受け入れる程度にのみです。

Posted by melancoly