エニアグラムタイプ9:IFタイプ

エニアグラム

Don RisoとRuss Hudsonは彼らの著書「Personality Types」の中で、エニアグラムタイプ9を「平和主義者(ピースメーカー)」と表現しています。

残念なことに、いくつかのタイプ9にとって、このニックネームは、私たちがもし「平和主義者」を活動的で対人関係へ努力する者と考えれば、少し外れているように見えるかもしれません。

事実、多くのタイプ9は、紛争状況に踏む込み、解決するように求められれば、意見を述べる資格がない、あるいは少なくとも不快に感じるでしょう。

RisoとHudsonによれば、タイプ9が外部の平和のために苦慮する理由は、内なる平和の保持である、と述べています。

したがって、外部平和の達成は二次的に重要であり、あるいはこのタイプにとって「目的を達成するための手段」である可能性が高いでしょう。

よって「平和主義者」ではなく、「平和愛好家」としてタイプ9を表現する方が正確かもしれません。

RisoとHudsonはタイプ9の一体感の体験と、それへの欲求を強調しています。

タイプ9の内部景観は、美しい日に自転車に乗っている人に似ていて、経験の フロー についてのすべてを楽しんでいます。

全体像、状況全体は、特定の部分ではなく、快よく、認識されたものです。

タイプ9の内面世界は、この一体感の経験です。

 
タイプ9の内なる平和と一致についての懸念は、タイプ4の絶え間ない 「自己探求」とある程度の相違があります。

神秘主義者が長く認識しているように、自己とその認識が意識の中心段階に生き残っていれば、一体感は達成できません。

タイプ9と4のこの区別は興味深いものです。

特に、INFPがこれらのパーソナリティタイプのいずれかと同等と診断される可能性があることを示唆するデータを考慮する場合は特にそうです。

INFJもどちらのタイプとしても診断される可能性がありますが、私たちが見るように、INFJがタイプ9として条件に適合するためには、RisoとHudsonの肖像画にいくつかの創造的調整が必要な場合があります。

INFPとISFP(RisoとHudsonのタイプ9プロファイルで最もよく捉えられたタイプ)とは異なり、INFJとISFJの主な関心事は、私的な調和(私たちはIFPの内向的感情(Fi)機能と関連付けることができる)ではなく、外向的感情(Fe)の使用に由来する個人間の調和です。

 
この区別を以下のように要約することができます。

INFP/ISFP:主として内なる平和(Fi)を増加する手段として、外的平和を評価する。

INFJ/ISFJ:外的(すなわち対人関係)平和/一致(Fe)を主要な価値観として保持する。

 
これをもう少し修飾することができます。

IFPは他人の福祉に関心がないのではありません。

最低でも、私たちは、IFPが自分自身を助けることができない人(例えば、子供、動物、身体障害者、不十分な人々など)の福祉を獲得し、守ることを確信していることを知っています。

しかし、IFPの他者を助ける主な理由は、外部の調和をもたらすことではなく、すべての個人に価値があり、自身の個人的な可能性に到達するには公平さが必要だという深い信念に基づいて行動するからです

 
INFJやISFJは単に外部の平和を仲介するだけではないことを明確にする価値観を持ちます。

事実、INFJは、関与している当事者間の感情や理解の真正な一致に基づいている場合にのみ、特に対人調和を望んでいます。

特に仲間との関係において、偽に基づいた表面的な平和は望みません。

IFJは対人関係の不和をはっきり享受しませんが、彼女らはそれが 「空気を良く」し、関係を改善すると信じる場合、それを通って働くこと、またはそれを先導することさえ喜びます。

また、RisoとHudsonがタイプ9のテンプレートとして使用するのは、多くの点で受動的で紛争を回避するパーソナリティ(例:IFP)です。

エニアグラム 9w8 サブタイプ

すべてのエニアグラムタイプに当てはまるように、タイプ9は2つの「サブタイプ」に細分することができ、それぞれはタイプ9の隣りのタイプ(ウィング)の1つ、すなわちタイプ8またはタイプ9のいずれかの趣を持ちます。

検索データによると、9w1タイプの検索は、9w8タイプの検索よりも一般的です。

この矛盾は、特徴的に軽やかで柔らかい言葉であるタイプ9が、多くの点で、より軽率で傲慢なタイプ8の正反対であるという事実に由来するかもしれません。

RisoとHudsonはタイプ8を「リーダー」と呼んでいます。

Myers-Briggsの言い伝えでは、タイプ8はENFJやENTJタイプなどのように、外向的判断機能(CEOを考えてく下さい)の強みを特徴としています。

したがって、IFPよりもIFJの方がより9w8と診断される可能性が高いと考えられます。

そうはいうものの、IFPが管理職となるのは珍しいことではありません。

多くの点でEJタイプの成功は、IFPタイプ開発の頂点(すなわち、彼女らのinferior function Te機能の習得)を表すからです。

したがって、タイプ8の強みを象徴的に具現化しているinferior functionの誘惑は、一部のIFPに9w8と認識させるよう促すかもしれません。

エニアグラム 9w1 サブタイプ

David Keirseyは彼の著書「Please Understand Me」でNFタイプを「理想主義者」と表現しています。

それは強固な理想や使命感を持った人物です。

タイプ1は、ある種の使命感を持つことに加えて、教義、道徳、または柔軟性に欠ける場合があります。

その結果、多くの人がタイプ1をMyers-Briggs 判断タイプ(J)の選好に関連付けるようになり、それはより正確に判断と感覚(S)のための組み合わされた選好にリンクされるかもしれません。

IFタイプの中で、ISFJは、道義的な信念と基準の明確なセットを抱く可能性が最も高いため、タイプ1や9w1として自己識別するように多くのインスピレーションを得ます。

Keirseyが示唆しているように、INFPはしばしば理想主義者ですが、少なくとも外向的ではなく、通常は独断的でも柔軟性がないわけでもありません。

 
しかし、これは、INFPが決してタイプ1ではないことを意味するものではありません。

例えば、有名なINFPの作家C.S.ルイスは、主にキリスト教の弁証者の作品で知られています。

RisoとHudsonは彼を1w9と判断しています。

私たちは多くの場合、INFPの小説家や詩人(そのうちのルイスは両方)に遭遇しましたが、一般的には、INFPは弁証者の役割を果たしていません。

しかし、私たちが管理職としてのINFPの魅力を見て、収斂的な理解と外向的職業に到達したことを見たことは、IFPの全体像を探求する聖杯として機能する、外向的思考(Te)の熟成を示唆しています。

INFP、INFJ、ISFP、ISFPタイプはどこに合っているの?

上記に照らして、ISFPは、Myers-Briggsタイプの中で、タイプ9として自己認識する可能性が最も高いと思われます。

INFPもそうなりやすいですが、タイプ4としての特徴を表示することも多く、エニアグラムに関して一種の両面性が生じることがあります。

全体として、INFJはタイプ9よりタイプ4またはタイプ1としての条件を満たす可能性が高いようです。

多くの場合、INFJとして認識するタイプ9は、実際にはINFP(一般的なミスタイプ)である可能性があります。

最後に、ISFJは、時には特定のタイプ9の特徴を示しますが、多くの場合、タイプ2、タイプ6、またはタイプ1としてよく診断されます。

Posted by melancoly