ENTPの適職とキャリア

ENTP, 適職

ENTPのパーソナリティタイプは幅広い興味を持ち、多才で聡明です。

幾つものキャリアや専攻分野における優れた能力を備えていますが、しばしば正しい職業に照準を合わせるのに困難することがあります。

ENFPのように、彼女らは個人的な達成をもたらし、より大きな良い事に貢献する方法で創造的な才能と能力を使用しようとします。

残念なことに、多くの雇用者は一貫して彼女らにインスピレーションを与えず、不穏や不満を感じさせます。

大学の学位を持つ者でさえも、永続的なキャリアの満足を見つけるのに苦労する可能性があります。

INTPの求職者と同様に、ENTPはキャリアの関心を狭めるために多くの時間と試行を必要とすることがあります。

それにもかかわらず、ENTPが満足のいくキャリアニッチを見つけることは可能です。

そのニッチがより明快に現れるには、数年かかるかもしれず、または20年代後半や30年代かかるかもしれません。

したがって、多くのENTPにとって、高校を卒業して「正しい」大学の専攻を選ぶことは困難なものである可能性があります。

ENFPの求職者と同様に、ENTPのキャリア関連の困難の多くは、彼女らのdominant functionである外向的直観(Ne)に起因する可能性があります。

Neタイプの興味は幅広く、広範であり、新規の探究に対する飽くなき欲求は尽きることのない傾向があります。

内向的直観(Ni)は、与えられた対象に深く浸透したいという欲求に関連している可能性がありますが、Neはより広範で浅い傾向があります。

他のNPタイプと同様に、ENTPは、永続的な決定を下す前に、すべての選択肢を探求しなければならないと感じています。

彼女らは自分自身を見つけ出すために試行や経験をする必要があります。

ENTPは他者との交流の機会を享受していますが、ルールやプロトコル(規約)のある高度に構造化された組織での作業は嫌います。

ENTPは、意味のない、または不必要なレッドテープや官僚主義と見なされるものに敏感です。

他のNPタイプと同様に、彼女らは仕事で十分な創造的自由と自立を追求します。

ENTPのキャリア興味の概観

特定のキャリアの選択や大学の専攻についての議論から始めるのではなく、特定のタイプを特徴付けるパーソナリティ機能を見ることから始める方が良い場合があります。

ENTPの場合、これにはNe、Ti、およびそれよりも少ない程度でFeを考慮する必要があります。

第一に、ENTPは他の人たち(Ne / Fe)と幅広いアイデアや可能性(Ne)を探求することを楽しみます。

彼女らは、コンセンサス(Fe)へ向かうことを目指しながら、ブレインストーミングと議論をすることが大好きです。

ENTPは本質的にあらゆる種類のアイデア(Ne)にオープンである一方、彼女らは人々が共通の価値観(Fe)によって一体となるのを見たいと思っています。

彼女らは、アイデアの議論を愛する人々のコミュニティに関わり、空想的なアイデアを持っているかもしれませんが、それでも共通点を見つけるために一緒に働くことができます。

したがって、ENTPは、しばしば宗教/聖職者、政治、ジャーナリズム、教育に引き寄せられます。

ENTPは知的アイデアを愛するだけでなく、ユーモア、ウィット(機知)、創造性を大切にしています。

これはしばしば、芸術と文化への興味へ導きます。

このように、ENTPは、偉大なコメディアン、俳優、風刺漫画家、脚本家、トークショー主催者(例えば、Jon Stewart)になることができます。

Tiを開発するENTPは、優れた哲学者、アナリスト、作家、ジャーナリストを作ることができます。

多くのENTPは、執筆よりも話すことを好む一方で、十分な練習と鍛錬で、強力な作家になることができます。

ENTPは科学的関心を示すことが多いですが、科学者としてよりも科学の普及者として機能する傾向があります。

正式な科学的研究は、あまりにも組織的でENTPにとっては退屈な傾向があります。

さらに、INTPのように、彼女らは人類に関係する幅広いアイデアを探求することに関心があり、事実を発見したり、そのために働いたりすることにあまり興味がありません。

ENTPの求職者にとって最も重要なことは、創造的な洞察を定期的に使用できるようにすることです。

残念なことに、彼女らの創造性はTeよりもFeに関係しているので、彼女らのアイデアは、現実世界では財政的報酬の減少につながる「現実的」または技術的ではないもののように思えるかもしれません。

ある意味では、ENTPは科学者よりもアーティストに似ています。

そして、科学者がより実用的で具体的なものとして評価されているので、アーティストとしての生活はまるで科学者にとってのものほど簡単ではありません。

したがって、ENTPは、現代の仕事世界の困難な現実と、彼女らのパーソナリティタイプに応じて真に機能することの欲求とのバランスをとるために苦労して、INタイプと同様のキャリアの失敗に遭遇する可能性があります。

ENTPは既存のキャリアポストにすぐにフィットすることがないため、高等学校を卒業したときからでも、彼女らの金銭的意思決定とライフスタイルについて注意深く考えることが賢明です。

彼女らは、例えば、自身がまだ自分自身と彼女らのキャリアニッチを見つけようと努力しているときに、他人が彼女らに財政的に依存したいかどうかを考えるかもしれません。

もちろん、関係性における長期コミットメント(約束・決心)は、tertiary Feに関連する問題のためENTPにとっては非常に困難です。(INTPと同様の関係性の問題を抱えている可能性があります)

ENTPのホランドコード/興味

ENTPのキャリアについてさらに議論するために、John HollandとStrong Interest Inventoryによって考案された6つの領域を説明しようと思います。

ホランドのテーマには、現実的(R)、研究的(I)、芸術的(A)、社会的(S)、企業的(E)、慣習的(C)領域があり、これらの文字コードは、複数文字のホランドコード(例えば、IAS、RAI)を形成し、パーソナリティタイプと同じ方法で組み合わせることができます。

これは個人が彼女らの最高のキャリアマッチを識別することの助けとなります。

現実的(R)キャリア

現実的興味を持つ人は、身体的、実践的な仕事を好みます。

彼女らはコンピュータやエレクトロニクス、建設などに優れます。

研究は、Myers-Briggs S(感覚)、T(思考)、およびP(知覚)タイプがN(直観)、F(感情)、およびJ(判断)タイプよりも現実的な仕事に引き寄せられることを示唆しています。

知覚タイプとして、ENTPはENTJより現実的な作業にいくらか傾いています。

多くのENTPは、身体的に活動的で、屋外での生活を楽しんでいます。

それにもかかわらず、現実的な関心事はENTPの主要なものではなく、ENTPの現実的なキャリアのリストはかなり短いものです。

 
建築

考古学

コンピュータサイエンス、システムアナリスト

エンジニアリング

環境科学

ソフトウェア設計

研究的(I)キャリア

研究的領域には、分析的、科学的、学術的な興味が組み込まれています。

研究的タイプは、アイデア、理論、事実、またはデータを扱うことに優れます。

現実的領域と同様に、MBTIのT(思考)タイプは、研究的興味に関してF(感情)タイプの数を上回ります。

先に触れたように、多くのENTPでは、人々の世界からの相対的な切断はもちろんのこと、自然科学(物理学、化学)が精度、忍耐、細部への注意を余りにも要求しています。

私が以前に触れたように、多くのENTPは、人々の世界からの相対的な切断はもちろんのこと、厳密さ、忍耐力、細部への配慮を求めている厳しい自然科学(物理学、化学)を見出しています。

したがって、ENTPは、社会科学(歴史、経済、心理学、社会学、地理学、人類学、政治学など)に関心を持つ可能性がより高です。

研究的‐芸術的興味(IA)を伴うENTPは、哲学、宗教、調査ジャーナリズム、または環境や平和研究などの学際的分野を研究することもあります。

ENTPは優れた法廷弁護士を実現する可能性があるが、法律を満足する事業にする官僚主義の詳細と許容性に対する十分な関心が不足しています。(一般的に法律はTJ型に適しています)

決して包括的なキャリアリストではありませんが、ENTPは探検に値する次の研究的キャリア、就職、または専攻を見つけるかもしれません

 
理論物理学者、数学者

環境科学

社会科学(社会学、人類学、政治学、地理学)

歴史

心理学:進化論、パーソナリティ、社会

調査ジャーナリスト、記者、編集者

哲学、神学

宗教研究、比較宗教

平和研究

株式取引/投資


医師になることがENTPにとって良いキャリア選択であるかどうか尋ねられることがあります。

患者からの主観的な情報の収集以外に、特にNeと合致するように私を打つ医学はほとんどありません。

私は現代医学をそのアプローチにおいて特徴的なTe(Tiではなく)と見ています。

これはENTPの懸念のもう一つの原因です。

そうはいうものの、ENTPはINTPよりも医療に適していると思います。

1つは、外向型であることが、ほとんどの医療環境の忙しい性質を生き残り、ナビゲート(航行)することに役立つことができると思います。

さらに、ENTPの機能スタックは自然にNeからTi、それからFeに(すなわちTiからNeに移行するINTPとは対照的に)移動するので、ENTPにとってINTPの場合よりも外向的判断(すなわち、診断)を行うことが簡単な場合があります。

タイプと医学に関する1つの研究は、ENTPがINTPやINFPよりも、意外なことに、臨床現場で熱心でないことを発見しました。

彼女らは、独立と個人主義に対するNPの傾向は主に責任を負っているかもしれないと仮定しました。

すべての実践分野のうち、精神医学、神経学、行動療法、またはリウマチはENTPにとって最も魅力的です。

しかし、もう一度、このタイプにとって医学が本当に最良の選択肢かどうかは疑問が残ります。

芸術的(A)キャリア

芸術的領域は、俳優、画家、ダンサー、詩人、彫刻家、作家、デザイナーなどを含む、非慣習的かつ創造的な興味を持つ人々を捉えています。

この領域は直観(N)と強く相関し、程度は下がりますが感情(F)/知覚(P)とも相関します。

研究的興味を示す人々と共に、芸術亭タイプはしばしば知的または文化的指向を持っています。

IAタイプの人々のように、AIタイプの人々はまた、哲学、社会科学、または学際的な研究に魅了されるかもしれません。

ENTPは様々な芸術的職業に優れます。

 
俳優

コメディー作家/コメディアン

グラフィック/ウェブサイトデザイン

クリエイティブメディアの専門家

写真、写真家

人文科学/リベラルアーツ

クリエイティブライター、ブロガー

劇作家、スクリーンライター

自己/インディーズ出版

社会的(S)キャリア

社会的興味領域の個人は、人々と働くことを楽しみます。

社会的興味は、教師、医療従事者、聖職者、トレーナー、ケアワーカーの間で共通しています。

社会的領域は、外向(E)と感情(F)の選好に関するものです。

ENTPは外向タイプですが感情タイプではないので、社会的キャリアについては注意深く足を踏み入れなければなりません。

彼らは機能スタックに外向的感情(Fe)を持つ外向タイプであるので、教授、聖職者、医療、カウンセリング、または心理学のような様々な社会的キャリアの展望によって誘惑されるかもしれません。

しかし、彼女らは、彼女らを活気づけるのでなく、疲れさせるような自身のFeをあまりにも多く要求する仕事を選ばないように注意する必要があります。

社会的タイプのENTPは、しばしば、聖職者や教育に惹かれます。

直観タイプとして、彼女らは一般的に、抽象的学習の能力がより高い、または抽象的学習に興味のある成人またはより高レベルの学生と協力することを好みます。

ENTPのSiは医療業界の財政的安全性の保障に頼っているかもしれませんが、一般的に医師や多くの医療キャリアには適していないかもしれません。

少なくともアメリカとイギリスの医学は、人間の健康と病気を別々のカテゴリに分けているため、一般にTe/TJタイプのテイストに合わせて作られています。

さらに、医療の多くは手続き指向であり、ENTPが自身の好むものよりも頻繁にinferior function Siを使用する必要があります。

ENTPが満足するかもしれないいくつかのソーシャルキャリアがあります

 
教師/大学教授

司祭、牧師、大臣

ライフコーチ

翻訳者/言語

仲介者、外交官、対話/平和活動

企業的(E)キャリア

企業的領域には、製品、アイデア、またはサービスの宣伝が含まれます。

そのような個人は説得力があり、主張的であり、競争的環境を楽しむ傾向があります。

典型的な企業的キャリアには、セールス&マーケティング、ビジネスとマネージメント、法律、政治、ジャーナリズム、保険、演説が含まれます。

企業的タイプはしばしば外向(E)を選好します。

一般的に、販売とビジネスはENTPより感覚(S)タイプに適しています。

ENTPはマーケティングでうまくいくかもしれませんが、最終的にはまさにvein enterpriseとみなすかもしれません。

ENFPと並んで、ENTPはおそらく他のどのタイプよりもジャーナリズムに適しています。

ENTPは、旅行、人との関わり、アイデアの探求、そして自分の経験について書くことが大好きです。

彼女らはまた、演説やインタビューに優れている傾向があります。

多くのENTPでは、起業が魅力的なキャリアの選択肢であることを発見します。

起業は自らに自主性と自由を与え、組織的生活の制限は及びません。

起業家であるENTPは、グラフィックやウェブデザイン、フリーランスの執筆やジャーナリズム、写真、ブログ、自己出版など、さまざまな芸術形式やビジネスアイデアで自分の手を試すことができます。

彼女らのNe-Tiの組み合わせは、仕事の戦略的なマーケティングにも役立ちます。

企業的ENTPのためのいくつかの選択肢があります

 
演説家

起業家

広報

ジャーナリズム

政治家

慣習的(C)キャリア

慣習的興味を持つ個人は行政業務を楽しむことができます。(管理タスクを楽しむ人もいます)

彼女らは整理され、細部指向であり、データの管理と操作に熟練しています。

この領域の人は、感覚(S)、思考(T)、および判断(J)をしばしば選好します。

一般に、ENTPは慣習的キャリアには適しておらず、避けがちです。

ENTPのキャリアの中でのinferior functionの役割

キャリアの意思決定には、一般的に自分のパーソナリティタイプに適していないキャリアを選び、かなりの非合理的な場合があるようです。

その理由は、そのような決定は潜在意識の力、特にinferior functionによって引き起こされているということです。

これは、たとえば、直観タイプが感覚タイプに適した職業に惹かれたり、その逆もあり得ます。

したがって、ENTPはキャリア意思決定に際して、彼女らがSiやFeよりもNeやTiの機能を使用することを保証することがふさわしいでしょう。

Posted by melancoly