ENTP:LBP理論

未分類

ENTPは人々を観察し、ダイナミックな人のすべての印象的な個性を解き放つ新しい方法を見つけようとします!

ENTPの認知ステップ

1 2 3 4
知覚 判断
観察(○) 詳細(●) 原則(○) 行動(●)
Ne Ti Fe Si

 
ENTPは、人とその動機にフォーカスする「EPの領域」と、可能な限り物事の有用性を求める「NTの目標」を組み合わせます。

この組み合わせは全ての思考・行動を促し、全ての判断を補助し、全ての世界観を刺激します。

それは人が求める最終目標・最も深い心の中での一番重要なことを要約しています。

 
決断、思考、感情、経験、人などに直面するたびに、心は自然に4つの認知ステップを駆け巡ります。

 
ENTPの最初の認知ステップは、世界、特に人々、その動機、働き、欲求を観察することです。

外部に目を向け、人々と世界一般の働きの広大で詳細なタペストリーに織り込まれているパターンとつながりを見ます。(Ne)

 
次に、内向きになり、観察したすべてのものの有用性について結論を導き出します。(Ti)

 
第三に、この有用なデータをすべて取得し、そこから、世界がどのように機能するかについての包括的な原則を導き出します。

これは、外部を見て、普遍的に適用できる方法によって物事の意味、重要性、本質的な貴重さを確認することで行われます。

 
第四に、これらの普遍的な原則から「行動」を決定し、意見を形成します。

頭の中で経験の特定のシナリオを実行して、最良の選択肢のように見えるものを確認します。(Si)

 
そしてサイクルが最初に戻ります。「行動」が結果を引き起こし、それをNeによって「観察」します。

気づかないうちにこの認知のサイクルを1秒間に何度も経験するかもしれません。

 
ENFPにとって「行動」は4番目のステップで最も弱いものです。

世界と人々を「観察」すると非常に多くの選択肢が表れ、1つだけに決定するのは困難です。

 
全てのタイプには弱点があります。

健全なIPは他タイプが決して尋ねようとは思わない詳細な質問を自然に深く掘り下げることができます。反対に、健全なIJは、これらの質問の中で最も複雑な問題に対しても、複雑で包括的な回答を提供できます。

EPは他タイプには無謀に見えるスピードと確実性を持って人々の核心を正しく認識し、EJはタスクの長いリストを正確に実行しますが、それは他タイプは開始するのにさえ苦労するものです。

 
すべての認知ステップにおいてより信頼性が高く、強くなるための最良の方法は、最初のステップに集中することです。

最初のステップに注意を向けると、他のすべての認知ステップが自動的に、より鋭く、より強くなります。

 
人々とその動機を「観察」するという強みに焦点を当てましょう。

そうすると、正しい「行動」を選択するという弱点は少しずつ良くなります。

また、「行動」が上手くいかない場合は修正できる余地があることを忘れないでください。

人々や世界を見て理解することを楽しみましょう。

そうすれば他者をよりよく鼓舞し、助言し、刺激する方法を学ぶことができます。

専門性

ENTPにとって、自身が望む力強い自分になるために、自身を見て、理解し、適応することほど重要なことはありません。

ENTPは人々、特に自分自身(EP)が持つ潜在的な有用性(NT)にフォーカスします。

これにより、理論上の人々ではなく、自身が知っている特定の実際の人々にどのように適用されるかという観点からすべてを考えるようになります。

ENTPにとって最も重要なことは、人々とその動機を観察し、理解し、人々から最大の利益を引き出し、自身や他者がなりたい自分になるのを助けることです。

 
ENTPは観察から利益を求めることにフォーカスすることで、特徴的な自信を持ちます。

ENTPは応答によってどう反応するかを確認するために、人やオブジェクトから反応を引き出すことを指針とします。

彼女らは、周りの世界が自身が試みる新しいことにどのように反応するかを見た結果として、有用なおもちゃとツールの複雑なシステムを開発します。

そして、ENTPが実際にどれほど自信を持っているかに関係なく、傲慢さ、不遜さ、計算された個性などの小さなショーは、人々から反応を引き出すために必要なツールになる可能性があります。

 
ボートを揺さぶらなければ反応を得るのは難しく、反応がなければENTPは盲目になる可能性があります。

したがって、ENTPは世界がどのように反応するかを常に監視するため、必要なことなら何でも行い、ルールを破り、適応し、探索します。

また小さな皮肉や嫌味をさらに別のツールとして投入し、予測不可能なことをします。

 
ETTPとして、探索において静かで威厳のある人かもしれないし、激しく大声で他者を刺激しているかもしれませんが、何れの場合でもENTPの専門性は自身と他者の限界を理解して超えるために反応を探求することです。

 
これは、計算された他者への刺激方法と自信ある性質を持つことが容易であることを意味するものではありません。

他者と同じように、ENTPもそれに取り組む必要があります。

ENTPと他タイプの違いは、何よりもこれを気にかけているということです。

 
健全なENTPは他者の考えや意見に熱心に気を配ります。それは反応を観察することの副作用です!

それでも、彼女らは完全な自分になることにも十分気を配っているので、それに懸命になることをいとわないでしょう。

パラドキシタイプ

各タイプは、お互いに特別な関係を享受します。

反対の文字を持つタイプは特別でエキサイティングな関係を形成でき、最初と最後の文字が反対のタイプは、独特の友情と親密さを持ちます。

しかし、タイプ間の関係の中で最も重要なのはパラドキシタイプです。

 
パラドキシタイプは人が深く関わっている秘密の人物です。 それはその人の「本当の自分」ではなく、他者が滅多に見ることのない、隠された側面です。

親しい友人との関りの中で特に熱狂的または快適に感じているとき、パラドキシタイプは輝きを放ちます。

親しい友人は他者が決して知らない隠されているものを見ることができます。

反対に大きな苦痛の時には、パラドキシタイプを維持することができず、無秩序にその人から飛び出してしまうかもしれません。

 
しかし、パラドキシタイプに触れて育成するほど、自分のタイプの弱点を避けながら、自分のタイプの長所をより容易に習得することができます。

 
パラドキシタイプはN/Sを除くすべての文字が異なります。

ENTPのパラドキシタイプはINFJです。

 
内なるのINFJを解き放つことを学びましょう!

IJの視点に手を伸ばし、目がくらむほどの無限に触れることに夢中になり、人生を成功させるものとそうでないものの普遍的な原則を探りましょう。

どんどんズームアウトして、最も高位の原則を、通常の日常の要求と関係させましょう。

 
自分自身を視点において宇宙的で見ながらがら、適用において実用的でありましょう。

内なる賢者にふけりましょう。

あなたが英雄になることができると信じてください。

 
内なるINFJをすべての行動で発揮させるほど、前例のない強さ、複雑さ、思いやり、真の幸福によって、ENTPとして自然に成長することができます。

Posted by melancoly