Fe-Tiペア vs. Fi-Teペア  byCT

未分類

知覚ペアリングは現実にそれが発生しているように現実の視点を構成し、それは過去から得られたcontext(環境)を含みますが、判断ペアリングはその判断基準に従ってそれらの知覚の意味を記録します。

私は、判断プロセスによる結論の点火を指すために「register(レジスタ)」という用語を使用します。
これは環境が結論に統合される瞬間です。

環境内のすべての変数は、判断プロセスが見ることができるパノラマに凝結し、閾(やっと意識される境界刺激)の適用によって、そのパノラマ内に線を引き、物質および状況を区別します。

精神は、これらの結論を引き出すことによって環境変数を減らし、意識的にそれらの結論を管理するだけです。

判断プロセスがないと、あなたの周りの因果関係は現実の感覚の間の終わりない流れとして、漂い続けます。

その方法は以前に観測された感覚をトリガーします。

しかし自身の間で2つのものを比較したり、空間や時間を適切に記録する能力はありません。

 
さらに、これらの識別が実行される速度は、認識が凝結する速度に匹敵し、最も増分的なスケールでの判断は信じられないほど迅速なプロセスです。

このため、個人の意識の中で、単一の判断のregisterが必ずしも思考を明確に反しているとは限りません。

環境への性向が結論に移ったことを少しだけ認識するかもしれません。

私たちが思考を認識し、それが明らかに私たちの心の中でエコーされるとき、それはもはや単一の判断ではなく、巨大な建築の頂点です。
それは幅広い結論に収束した何百もの小さな判断の基礎から作られたピラミッドです。

上には、高い収束を表す図があります。

ピラミッドの底に向かって、各ドットは、基本的な感覚入力のregisterを表します。

ピラミッドの頂点に向かって移動するにつれて、以前に到達した結論を含むより多くの変数を説明する、より複雑な結論にそれらのドットが併合されます。

より複雑なものへの収束は、どんな強い識別化されたレベルもなしに、gradient(勾配)効果として起こります。

ここに記載されている5つのセクションは、そのgradient(勾配)の様々なポイントに含まれる可能性のあるコンテンツの一般的な概念のみを示すものです。

さて、物事を凝結させるプロセスは、各判断プロセスによって異なります。

4つの判断プロセス(Fi/Fe/Ti/Te)のそれぞれは、このデータを結論に統合する異なる方法を有しているため、異なるデータを表すためにデータが取得されます。

数千分の結論が収束するにつれて、最終的な結果は、知覚データを処理する際に利用される方法論の非常に明確なインプリント(痕跡)を含みます。

context(環境)から離れると、さまざまなプロセスからの個々の判断が互いに重なり合う可能性があるので、判断プロセスの定義属性であるのはこれらの方法論です。

同一の結論は異なる方法で達成することができますが、同じ方法論は複数のプロセスで決して採用されることはありません。

Economy(経済)/外向的思考・外向的感情

最初にFeとTeの統一プロセスを対比したいと思います。

これらのプロセスは両方とも、倫理的または 管理的(logistic)な経済の、registerおよび動的な実行として記述されます。

私は、物質的な意味での厳密にではなく、あらゆる種類の利用可能な資源を管理し、エネルギーの配分を調整するシステムを記述するために、経済という用語を使用します。

最小の規模では、この管理は、知覚可能な変数と別の変数との間の継続的な比較によって行われ、その2つの間の関係は、望ましい外的arrangementに有益または有害であるという結論に至ります。

そのように、外向的判断プロセス(Je)の機能の全体は、外部環境内で行われ、他の外部要因と関連しています。

何かが環境にないか、環境に影響を与えていない場合は、その結論には関係しないと考えられます。

Feについては、これらの要因は社会経済の外部管理に関連し、Teのそれらは管理(logistic)経済の管理につながります。

Feがregisterし管理している経済は、人々の感情状態があたかも環境の具体的な要素であるかのようにregisterされ、エネルギー配分で操作される経済です。

エネルギーは正または負のいずれかになります。

Feがある領域で多すぎるエネルギーをregisterすると、別の領域にエネルギーが吸い込まれる可能性があります。

たとえば、誰かが別の人の負担であまりにも多くを得ている場合、Feは、状況を再調整するために、恥や他の戦術を介して負のエネルギーの置き換えを調整するかもしれません。

これらの戦術は感情的なエネルギーの置き換えに関連するものであり、必ずしも管理的(logistical)なものではないことを強調することが重要です。

実際の環境は、関与する個人の中でエネルギーの動きが起こっても変化しないかもしれません。

管理的(logistical)なarrangementがエネルギーの必要な置き換えを容易にするならば、Feはそのエネルギー交換を可能にするために状況を整理するかもしれません。

それでも、Feはlogisticなarrangementを調整する上で最も熟練したプロセスではなく、最初に、関係当事者にその推論を伴い説得し、そのlogiscalな目的に向けて協力する努力をして状況を整理しようとします。

したがって、Feは、部分的には、人々の動機を動かすことによって、 logisticalな因果関係を効果的に変えることができないことを補います。

問題を解決するために、より多くの関係を説得して問題に関与するようにします。

逆に、Teは、Feのように感情状態の操作を介して管理するのではなく、環境の再構成によって、システムの機能を永続させるために物質を配置する必要がある場所に応じて変数を並べ替えます。

FeとTeが到着する結論は、口頭で表現された場合同じように見えることがありますが、基本的にはその意味合いが異なります。

実際の意味において結論が意味することは、状況を修正したり管理したりするために使用されるさまざまな方法のために、各機能によって大きく異なることになります。

Teは感情的なregisterとの関連の分離のために、効果があまりにも露骨で、直ちにlogisticalの問題にならない限り、自らの積極的な活動が関係に及ぼす影響を盲目的に見せているプロセスです。

実際に、状況を客観的に評価するためには、Teは感情的なregisterとの関連付けを解除する必要があります。

一方Feは、倫理的プロセスとして、状況を擬人化する傾向がありますが、Teは、人間を機械的なアイテムと異ならなものとして見る傾向があります。

Teが人々の次元に向かって感性を回復するのはFiのみであり、Fi‐Te(変動)ペアリングが調和している場合には、そのような感度が強くなる可能性があります。

それでも、これはproactive(外向性)の実行の方法論を変更しません。

代わりに、Teユーザーは、状況の倫理的現実に深く影響を受けていると感じ、その情熱を、環境の不均衡を認識するための客観的でlogisticな解決策を見つけることに焦点を当てる動機付け役として使用します。

Principle(原則)/内向的思考・内向的感情

それらの最も増分的なスケールでは、2つの内向的判断(Ji)プロセスと、それらが認識を区別するために採用する方法論の両方の動作は、外部変数を別の変数と比較するのではなく、すべてをそれ自体と比較します。

どちらも現在起こっている特定の力学から離れる、時間を超越した、哲学的な意味での状況や出来事を判断する、すべての焦点の中心に位置しています。

この方法論では、判断の個々の事例は、手元の問題に共感するか、自身の原則と衝突するかどうかを測定します。

したがって、変数との不一致は、状況全体が特定の処理を必要とするのではなく、その変数が内向きの判断の性質(disposition)にどのように関係するかによって起こります。

TiとFiの両方は、内的世界の考えが外部世界でどのように現れるかではなく、内的世界を優先します。

何かが原則に真正であるべきであるならば、その原則は、原則を非実用的にする環境に対抗してさえも維持されます。(非実用的でない原則さえも環境に対して維持される、ということ)

これはTiとFiにとって判断の適応が不可能ではないと言うわけではありませんが、この2つのプロセスで原則の変更は、原則に対する根本的な理論の一般的な再考を通じて起こります。

その原則の変更が起これば、それは現在の状況に影響を与えるだけでなく、コンパスプロセスが収束のために努力するので、個人の精神的な性質(disposition)にも完全に影響します。

収束とは、矛盾のないすべての判断においての焦点の統一のことです。

対照的に、Jeプロセスは、内部の一貫性を考慮することなく、望ましい結果を達成するための適切な状況判断を実行することにおいて、完全に正当化されると感じるでしょう。

「目的の達成は手段を正当化する」という言葉は、おそらく、Jeプロセスがコンパスプロセスと調和していないときに利用する経済的な考え方の適切な記述です。

この機能の違いを図で例示することができます。

明るい灰色の円は個人を表します。

小さい黒い丸は環境変数を表します。

左には、コンパス操作の例があり、中央のコンパスプロセス(小さな濃い灰色の円)がその中央にあります。

上の変数をどのように分離して分析するかをここで確認してください。

1つずつ、コンパスプロセスは、各変数をそれ自身と比較してから次の変数に進んでいきます。

右のJeプロセスは、常に物事を他のものと比較し、内部の濃い灰色の円がないことで、中央の比較点はありません。

FiとTiは、主に、感情的なregisterとの関連または分離によってお互いに異なります。

Tiについては、感情的なregisterとの分離は、自分の身体感覚の考慮の欠如に関係(refer)します。

Tiプロセスは、外部のオブジェクトから分離されるだけでなく、内部からある程度分離されているため、動作においてユニークです。

それは生または死の話題にも、世界で起こっていることにもつながっていません。

この2つの分離のために、Tiの経験は、個人が第三者の視点からそうであるかのように自分自身を経験するものであるかもしれませんが、これは確かに錯覚です - 精神的プロセスが精神的起源から脱出することは不可能です - この自己からの分離は、適切な経験となり得えます。

外部の出来事から離れることで、そのデータ識別の動作は、純粋に概念的なものに変わります。

その刺激は、概念の収束と完全な、内的に一貫した論理の形成へ自然にそれを動かします。

それが自身を物質や個人から隔てるにつれて、Tiを持つ個人は、このプロセスのための自然な動作モードであるため、世代を重ねるたびに禅の哲学を再発見することは驚くべきことではありません。

Fiプロセスは、代わりに感情的なregisterに接続され、感情の絶え間ない状態にあり、状況がどのように彼女らの心を打つのかをregisterします。

個人が個人的に人生を定義するためのどのような方法であっても、それらが単独で人生にどのように恩恵を与え、妨げるかによって、状況を量ります。

しかし、Fiユーザーが自分の人生の定義を完全に意識して気づく必要はありません。

彼女らの感情は、感情的なregisterとの交わりを通じて内的に形成されます。

しかし状況が発露を促すときには、その定義の効果が顕著に表れます。

それにもかかわらず、そのような発露は、間接的であり、Fi自体が客体の問題から離れることはないので、別のプロセスを通じて明らかになるでしょう。

Fiプロセスは状況の感情的な真実を完全にregisterすることができますが、人々の心を動かす方法については盲目レベルが存在します。

この無知は、Fiがそれ自身を外界や、それの力学的動作から分離しているために存在します。

それは、その倫理的原則の中で不調和を内的に解消することのみを求めています。

しかし、感情的なregisterとの関連は、「emotional radiation(感情的な放射)」と呼ばれる逆説的な状況を作り出します。

意図的に感情の力学を動作させないにもかかわらず、Fiユーザーは自分自身の透過性と感情に対する感受性によって、ある程度はそうしてしまいます。

現実がFiユーザーのために非常に個人的にregisterしているので、他人はこれがどのように彼女らに影響を及ぼし、内部の信念によって間接的に動かされるのかを見ることができます。

それにもかかわらず、そのような放射に対する個人と受動性の要素があるでしょう。

Fiの放射が意図せず、力学的な調整がないため、Feの影響とは異なります。

それ自体では、手元にある状況に対して、与えるべきインパクトのタイプや適切なものを選択することはできません。

それは、Fiユーザーが現在、真に感じているもの以外のものを伝えることはできません。

Posted by melancoly